タグクラウド

2010年07月14日

小規模事業者のための資金調達セミナーB

こんにちは、今週担当の加藤です。

今週は先日加藤が行なった「小規模事業者のための資金調達セミナー」のトピックスをお伝えしています。
(金融用語で取っ付きにくいものがありますがご容赦ください)

さて本日は第2回目

昨日中小企業(小規模事業者)の特性を書きました。
流されやすい体質でしたね。

その中小企業にとって一番大切なものは何でしょう・・・?

人間のカラダで言うと血液、そうお金(現金)ですね。
これが回らなければ、どんな優秀なカラダでも生かすことは出来ません。
それと一緒です・・・



そのお金を回りやすくしましょうという法律が昨年出来ました。

「円滑化法」(中小企業金融円滑化法)です。

この法律によって、弱ったカラダ(企業)血液(現金)が巡りやすくなるように金融機関に対し努力しなさい、と定められました。

今までは酸素が少ない血液(効率の悪い現金)ばかりを運んでいたカラダ(企業)酸素の多い血液(有効な現金)を運べるようにさせようというものです。

当然カラダ(企業)は助かりますので、病院(金融機関)に駆け込んで治療(条件変更など)をしてもらいます。

昨年来、多くの企業がこの措置をとりました。


しかしです・・・・・

これでは根本の原因治療ではないので、またしばらくすると血液(現金)は酸素(効果)が減ってしまいます


これでは困った

昨日の話しに逆戻りしてしまいますよね。

実は・・・病気と一緒で企業も体質の改善(経営改善)が必要なのです。


ここからは明日。
posted by TEC at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

小規模事業者のための資金調達セミナーA

こんにちは、今週担当の加藤です。

今週は先日加藤が行った「小規模事業者のための資金調達セミナー」のトピックスをお伝えしています。
(金融用語で取っ付きにくいものがありますがご容赦ください)

さて本日は第1回目


中小企業(小規模事業者)は日本全体に存在する企業の95%以上を占めています。
したがってそのほとんどが中小企業ですね。

もちろんそれ以外は大企業といいます。

では中小企業の特徴(特性)っていったいなんでしょう・・・?

その答えを公表しているところがあります。
それは・・・・金融庁ですね。


その1 赤字になりやすい
景気の影響を受けやすく、一時的な収益の悪化により赤字になりやすい面がある

その2 債務超過になりやすい
自己資本が小さいため、一時的な要因により債務超過に陥りやすい面がある

その3 財務状況の回復に時間が必要
リストラの余地が小さく、黒字化や債務超過解消までに時間がかかることが多い

その4 貸出期間が短い
長期の返済が適当な設備投資の資金等についても契約上は短期の貸出とされ、返済期間が来ると再度貸出を行うケースが多い



これが答え・・・判りにくいでしょうか?
判りにくいですよね。
というか馴染みにくい


しかし言っていることは案外簡単なことです。

中小企業は・・・

「一時的な要因でパニックになりやすくて、そのパニックを収めにくい体質。なのに、大事なお金の使い方を間違っている場合が多い」
簡単に言えばこういうことです。


大企業は・・・

「一時的な要因等があったとしても比較的そのことに左右されにくく、左右されたとしてもそれ相応の自力回復力があって、肝心のお金の使い方に間違いが少ない」

というわけです。


これなら簡単ですよね。




さぁ、では中小企業(小規模事業者)はどうすればよいのでしょうか?
ここからは明日です。











posted by TEC at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

小規模事業者のための資金調達セミナー@

皆さんこんにちは、今週担当の加藤です。
お元気でしたか・・?
そして昨日は参議院選挙・・・投票に行きましたか・・?

まだまだこれからの日本・・・安心とはいえませんね。
どうなるんでしょうか・・・



ところで加藤は平素、主に事業経営者向けの相談業務を行っております。
言ってみれば社外相談役のようなものです。
いろいろな問題に遭遇しては経営者とともに解決策を考えたりします。

もちろん最後は事業経営者にお任せしないといけません。
加藤に与えられるのは「相談業務」であって「経営」ではないからです。


こんなこともあり、先日とある商工会議所主催の「小規模事業者のための資金調達セミナー」の講師をおおせつかりました。


暑い中・忙しい中、受講されていた方たちは真剣そのものでした。
こうなると俄然加藤もヤル気になってしまい、少し時間が足りなくなってしまいました。

それでも終了後の主催者さんの感想はまずまずでした。
次の機会もあるやも知れません。


今週はその中からいくつかのトピックスをご紹介しようかと思っております。
posted by TEC at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

2010年7月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。


今日は2010年7月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。

このランキングは2006年の3月から2〜3ヵ月おきにおこなっています。

過去の金利を知りたい方は、ブログの過去記事から探してみて下さい。

ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2010年7月9日時点)


1位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年1.93%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇


2位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年1.85%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇


3位…ろうきんずっと優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年2.10%(1.25%優遇)/11年目以降1.25%優遇



4位…新生銀行当初固定金利タイプ
当初10年2.10%(1.0%優遇)/11年目以降0.7%優遇
5位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年1.65%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
6位…イオン銀行最初に優遇タイプ
当初10年1.98%(2.02%優遇)/11年目以降1.0%優遇

7位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.60%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
8位…ろうきん最初に優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年1.80%(1.55%優遇)/11年目以降0.4%優遇
9位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.20%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
9位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.70%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇

11位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.25%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
11位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.75%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
13位…三井住友銀行最初に優遇タイプ (自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年2.30%(1.85%優遇)/11年目以降1.2%優遇
14位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.80%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
15位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.15%(1.95%優遇)/11年目以降1.0%優遇
16位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年2.95%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
17位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.50%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
17位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.10%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
19位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。



1位は変わらずソニー銀行でした。

全体的な金利水準は前回と比べて若干下がっています。最近は順位に大きな変動があまりありません。

上位と下位の差が大きく、同じ最初に優遇タイプでも当初10年の金利が1%近く違っています。


住宅ローンを借りる際は、言われるがままにせず、自分でも調べて、自分にとって優位な銀行から借りるようにしましょう!


※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせて他の住宅ローン商品も検討してみることをお勧めします。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。



今日で松浦は終わりです。

間もなくワールドカップの決勝です。楽しみですね!
posted by TEC at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

保険金年金受取りの二重課税認定

今週は松浦建二が担当しています。



6日や7日の新聞に「年金型生保に二重課税認定」との記事が載っていました。

一般の人にとっては何のことかわからないかもしれませんが、税理士や保険業界の人等には驚きがあったのではないでしょうか。


生命保険には、被保険者が亡くなって遺族が受け取る保険金を、一度に全額受け取るのではなく、何年かに渡って分割して年金のように受け取るようなタイプの死亡保険もあります。

新聞を読むと、このタイプの保険で、1年目の分割受け取り分について、相続税と所得税の両方で課税されることが、二重課税にあたると最高裁で判決が出たとのことです。


今後、取り過ぎた税金の返還や、課税対象の変更などが考えられます。

国や保険会社にとっては、しばらく落ち着かない時間が続きそうです。



今回、訴訟を起こしたのは長崎の主婦で、所得税が25,600円還付されるようです。

決して大きな額ではないのに、国に対して異議を唱えたことは非常に大きなことだと思います。


今後の動きを注視していきましょう。

posted by TEC at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

インドの庶民的情報

今週は松浦建二が担当しています。



先日、インド在住の友人が一時帰国し、一緒に飲む機会がありました。

そこでインド情報を少々お伝えします。


・ワールドカップ開催中ですが、インドでもサッカー熱はスゴイらしい。
インドは歴史的にイギリスとの繋がりが深いからか、クリケットやサッカーが盛んなようです。
ワールドカップに出場していなくてもスゴイ騒ぎなのだから、もし将来出場したらどうなってしまうのでしょうかね。

・インド人はみんな額にビンディ(?)を付けているのかと思っていたら、そうでもないらしい。
シールのようなものが売っていて、イベントの時は必ず着けるよう。
インドでは鼻ピアスをしている女性が多いとのこと。

・インドは暑い国のイメージしかないが、国内に避暑地もあるとのこと。
北にヒマラヤがあるのだから、雪が降る地域もあるかもしれませんね。

・以前、インドではどの家庭にもあるMASALAというスパイスをもらったのですが、これがかなり美味しい。
ひと言でいえば何でも本場のカレー風味になります。個人的には、焼きそばやカレー、チャーハンなどで、ちょっと味が足りない時に頻繁に使用しています。
今回はお願いし損ねたのですが、偶然にも1個持ってたので、しっかり頂いておきました。マサラ.jpg
ネットで見たら、数は少なくパッケージも違いますが、日本にいても手に入るようです。
みなさんもお試しあれ。


いろいろ情報を聞いたけれども、書けることになると、もう無くなってしまいました。


ちなみに、友人(日本人)はインド在住中、連日下痢状態らしいが、成田に着いてトイレに行ったら懐かしい感触だったよう。食べ物の影響なのだろうか?精神的なものなのだろうか?


久々に海外へ行きたいですね〜。

posted by TEC at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

国債は預金よりも安全!!

今週は松浦建二が担当しています。



先日、国債について財務省の方の話を聞く機会がありました。

個人向け国債3年物が新規に発売になったこともあり、その話題が中心でしたが、他に国債の信用などについても聞くことができました。

今までFPとして国債の存在は当然知っていたものの、興味があまりありませんでした。ところが、話を聞いて印象が少し変わりました。


まず、我々一般の人(個人)が購入できる主な国債の特徴を少し紹介

・種類としては個人向け国債(3年満期・5年満期・10年満期)と新型窓口販売方式の国債(2年満期・5年満期・10年満期)があり、個人向け国債10年のみ変動金利で、他は固定金利

・個人向けの5年と10年は年に4回発行、他は毎月発行

・購入単位は個人向け国債が1万円以上1万円単位、新型窓口販売方式の国債は5万円以上5万円単位

・取り扱いは多くの金融機関がしているので、気軽に購入可能


と、まあこんな感じですが、購入する側にとっては、利率と安全性がとても気になるところではないでしょうか。

利率は一般的な普通預金や定期預金よりも若干良いかと思います。それ以外の多くの金融商品とは比べない方が良いでしょう。詳細は財務省や取扱金融機関のHPで確認できます。

安全性は、様々な金融商品の中で間違いなくトップレベルです。国債のパンフレットには「満期日の元金のお返しも、半年ごとの利子の支払いも、日本国政府が責任を持って行います。日本国政府が債券の発行体となりますので、安全性がきわめて高く、大切な資産の運用に最適。」と書かれています。

つまり、取扱金融機関が破綻しても何ら影響なく、日本国が破綻しない限り安全と言うことです。

日本国が破綻したら問題ありですが、「マーケットをみる限り、日本が破綻すると考えている投資家は現状いない。だから金利などが安定している。」とのこと。

また、普通預金や定期預金には預金保護制度があるので、イメージ的には預金の方が国債よりも安全と思いがちですが、「預金保護は国の制度で国が保証しているが、日本国が破綻するような事態になれば、預金だけ保護されるような事にはならないはず。」とのこと。

どちらもそう言われてみればそうですね。


発行サイドの話だけ鵜呑みにせず、FPなりに研究が必要ですが、今回いろいろと話を聞けて、以前の印象よりは利用価値があると感じました。



国債の宣伝のようになってしまいましたが、みなさん購入は自己責任ですよ。


posted by TEC at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ワールドカップの楽しみ方は十人十色

今週は松浦建二が担当します。



サッカーのワールドカップ南アフリカ大会も準決勝と3位決定戦と決勝の残り4試合となりました。

日本は残念ながら敗退しましたが、個人的な予想に反して頑張りを見せ、残り10チームになるまで南アフリカにいることができましたね。

世界中に日本の存在をアピールしてもらい、日本人の一人として感謝の気持ちで一杯です。


画像 045.jpgさて、どこが優勝するのでしょうか?

大会前は圧倒的にブラジルとスペインを予想していた人が多かったはず。

今日現在ではドイツを最有力と予想する人が多いのではないでしょうか?

平和とバランスを好む松浦としては、スペインかオランダに期待しています。


何故なら、過去の優勝は南米9回(ブラジル5回、アルゼンチン2回、ウルグアイ2回)で、ヨーロッパも9回(イタリア4回、ドイツ3回、イングランド1回、フランス1回)です。

今回残っているのが南米とヨーロッパなので、どちらかが10回になります。次回開催がブラジルでその時はおそらく南米勢が優勝するでしょうから、今回はヨーロッパ勢に優勝してもらった方が、バランス良くなり些細なもめ事もなくて済みそうだからです。

スポーツと政治は別ものですが、一国の大統領や首相が観戦するほどワールドカップには影響力がありますから。

そして特定の国ばかり優勝していてはつまらなくなるので、優勝経験のないスペインかオランダに優勝してもらいたいのです。


アフリカやアジア、北中米、オセアニアは、強くなってきた気はしますが、優勝するまでにまだ半世紀ほどかかりそうですね。

そして、経済と同様にいつかは中国やインドが台頭してくるのでしょう。


あと4試合、全部観るぞ!

posted by TEC at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

後半景気

今週1週間担当している増岡です。

今日は一転、経済のお話。

これから年の後半ですが、最近出てくる経済統計は良い数字が多いです。
1〜3月のGDPは年換算5%と政府や日銀の予想を上回ったり
デフレの数値もプラスに転じたりと
先行きは明るい?と思いがちですが…

日経平均は9200円台、為替は1ドル88円と円高株安と先行きどうなの?と不安なところ

ギリシャに端を発したソブリンリスクが南欧に広がり
次は中国?とヘッジファンドの活発な動きからは目が離せませんが
日本に目を向けるとどうでしょう。

足元数値は良好ですが、EUの経済停滞、中国の成長鈍化など考えると
今後、日本も景気後退、円安へと向かう可能性が高くなると思われます。

この80円台は良い買時かもしれません。もちろん投資は自己責任ですが。

一週間、有り難うございました。

来週は松浦が担当します。
posted by TEC at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

後半

今週担当している増岡です。

ワールドカップの決勝トーナメントはまだまだ続きますが、日本のワールドカップは終わりました。

そして通常の生活へと戻りました。

今日は7月1日1年の後半の始まりです。

社内では半年間の反省、今後の方向も含め、ミーティング。
そして夜は、会長も含めミーティングとなりました。
100701_1915~02.jpg

そう、ここは尾山台でも数少ない、犬OKの串揚げやさん。

100円のたまねぎがこのでかさ!!
100701_1915~01.jpg

絶品、げそ塩炒め。
100701_1925~01.jpg

男性4人でこれでもかと言うくらい食べて1万円行きませんでした。

さぁ、今年も後半、頑張りましょう!!
posted by TEC at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。