タグクラウド

2010年08月20日

コーヒー飲みすぎ

こんにちは、遠藤です。


今日は朝から、4件のミーティングでした。


1件目は朝の9時半〜。


2件目は移動して渋谷のセルリアン11時〜。


3件目はランチをしながら12時半〜。


4件目はスタバで18時〜。



いやはや、今日はコーヒー飲みすぎですね(^_^;)。


それにしても、今週もよく働きました。


では、また来週へ。













posted by TEC at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

インドの庶民的情報

今週は松浦建二が担当しています。



先日、インド在住の友人が一時帰国し、一緒に飲む機会がありました。

そこでインド情報を少々お伝えします。


・ワールドカップ開催中ですが、インドでもサッカー熱はスゴイらしい。
インドは歴史的にイギリスとの繋がりが深いからか、クリケットやサッカーが盛んなようです。
ワールドカップに出場していなくてもスゴイ騒ぎなのだから、もし将来出場したらどうなってしまうのでしょうかね。

・インド人はみんな額にビンディ(?)を付けているのかと思っていたら、そうでもないらしい。
シールのようなものが売っていて、イベントの時は必ず着けるよう。
インドでは鼻ピアスをしている女性が多いとのこと。

・インドは暑い国のイメージしかないが、国内に避暑地もあるとのこと。
北にヒマラヤがあるのだから、雪が降る地域もあるかもしれませんね。

・以前、インドではどの家庭にもあるMASALAというスパイスをもらったのですが、これがかなり美味しい。
ひと言でいえば何でも本場のカレー風味になります。個人的には、焼きそばやカレー、チャーハンなどで、ちょっと味が足りない時に頻繁に使用しています。
今回はお願いし損ねたのですが、偶然にも1個持ってたので、しっかり頂いておきました。マサラ.jpg
ネットで見たら、数は少なくパッケージも違いますが、日本にいても手に入るようです。
みなさんもお試しあれ。


いろいろ情報を聞いたけれども、書けることになると、もう無くなってしまいました。


ちなみに、友人(日本人)はインド在住中、連日下痢状態らしいが、成田に着いてトイレに行ったら懐かしい感触だったよう。食べ物の影響なのだろうか?精神的なものなのだろうか?


久々に海外へ行きたいですね〜。

posted by TEC at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ワールドカップの楽しみ方は十人十色

今週は松浦建二が担当します。



サッカーのワールドカップ南アフリカ大会も準決勝と3位決定戦と決勝の残り4試合となりました。

日本は残念ながら敗退しましたが、個人的な予想に反して頑張りを見せ、残り10チームになるまで南アフリカにいることができましたね。

世界中に日本の存在をアピールしてもらい、日本人の一人として感謝の気持ちで一杯です。


画像 045.jpgさて、どこが優勝するのでしょうか?

大会前は圧倒的にブラジルとスペインを予想していた人が多かったはず。

今日現在ではドイツを最有力と予想する人が多いのではないでしょうか?

平和とバランスを好む松浦としては、スペインかオランダに期待しています。


何故なら、過去の優勝は南米9回(ブラジル5回、アルゼンチン2回、ウルグアイ2回)で、ヨーロッパも9回(イタリア4回、ドイツ3回、イングランド1回、フランス1回)です。

今回残っているのが南米とヨーロッパなので、どちらかが10回になります。次回開催がブラジルでその時はおそらく南米勢が優勝するでしょうから、今回はヨーロッパ勢に優勝してもらった方が、バランス良くなり些細なもめ事もなくて済みそうだからです。

スポーツと政治は別ものですが、一国の大統領や首相が観戦するほどワールドカップには影響力がありますから。

そして特定の国ばかり優勝していてはつまらなくなるので、優勝経験のないスペインかオランダに優勝してもらいたいのです。


アフリカやアジア、北中米、オセアニアは、強くなってきた気はしますが、優勝するまでにまだ半世紀ほどかかりそうですね。

そして、経済と同様にいつかは中国やインドが台頭してくるのでしょう。


あと4試合、全部観るぞ!

posted by TEC at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

気になるブログA

またまた1週間。。。しょうもないブログにお付き合い頂きましてありがとうございますm(__)m

本日は寺岡最終日。。。最終日も和んで頂ければと思いまして私がやはり毎日読んでるブログをご紹介♪

我が家はチワワを飼っている為か結構チワワつながりにブログを見つけては読んでおります!

その中でも最高なのがこちら「ニュージーランドちわわん生活
このブログの著者はなんとニュージーランドのオークランドに済んでいらしゃる日本人女性なんです(^^ゞ

そしてそこに登場するのが「ぷくちゃん」いや〜この子、スムースチワワなのですがとにかく可愛い♪
て言うかこの女性の文章の書き方が可愛い♪

で、このお宅にはもう1匹ロングコートのチワワがいて、この子は施設から引き取った子なんです(^^ゞ

そんな2匹が毎日楽しそうにオークランドで暮らす様子が描かれています!!


なんだろう、このブログを読むと朝からなんだか癒された感じになるんですよねぇ〜

是非こちらもブックマークしてみてください!


そんな訳で来週からまたちゃんとしたブログになると思いますので宜しくお願い致します!
来週は小池がお送りいたします。
posted by TEC at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

気になるブログ

す。。。すみません。。。
昨日(18日)はバタバタでブログの更新を完全に忘れておりました。。。(滝汗)
なので本日2日分を。。。


さて、最近Twitterがかなり流行っていてブログが下火になって来てる様ですが、お題にもあります様に今日は最近私が気になっているブログの紹介です!

ロードサイドのハイエナのブログ

このブログを読むきっかけはたまたま私の通勤ルートにとあるファミレスがありました、それが昨年末に閉店。。。「次は何になるのかなぁ〜」と思っていた所1月の中位から工事が始まりあっという間に看板がすげ変わり「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」と言う店に変わりました!
最近流行りのハンバーグのお店!!
ここ、面白いのが店舗の改装をほとんどしてないんです。。。
ただ看板を替えただけって感じで(^^ゞ
お店にはまだは行ってないので内装は判りませんが。。。
でも2月の1日オープン以来結構繁盛している様で!!

で、いつもの癖で「このお店、どんな所が経営してるのかなぁ〜」と検索してみると「エムグランドフードサービス」と言う会社でした(^^ゞ

社長は何と1978年生まれ!!若い!!!!!

なんな事でこの会社に興味を持つと、2月の中頃の日経新聞に「ふらんす亭を買収」の記事が!!

何とも精力的に活動されている会社の様です♪

毎日社長にブログを読んでいるのですが、確かにまだ30代前半の為
ブログの書き方や内容がかなり辛口な所があります(笑)
でも言ってる事がものすごく的を得ていて私自身も凄く勉強させて頂いてます。

そして思う事は40過ぎの私も頑張らねば!!と言う事(笑)

とても為になるし、笑えるし、元気をもらえるブログなので是非一度のぞいてみてください!!
posted by TEC at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

東京中央郵便局の建替え3

今週担当の松浦建二です。


今年3月にこのブログで取り上げた東京中央郵便局の建替えについて、再び現地へ行ってきました。


建て壊す予定だった建物が、大臣の一声で変更になった、あの郵便局です。



2009年3月の段階では、こんな感じでした。
20090311東京中央郵便局.jpg


写真が小さくてわかりづらいかと思いますが、郵便局を北西の方向から撮っています。


まだ全体が残っていました。


そして、半年後の8月の姿がコチラです。

今度は特大サイズで用意しました。


郵便局

こちらは郵便局を東南の方向から撮っています。


保存部分だけ器用に残されています。


解体費用はかなり余計にかかったはずです。


この後、どんな建物が後ろに建ち、どのようにして保存部分と調和させるのか楽しみです。



でも、郵政民営化の流れが変わったら、この建物はどうなるのでしょうか?


ではまた明日!

posted by TEC at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

あなたの知らないあなたの財産

こんにちは、遠藤です。



冗談で「●●●万円出せ!」と言われた時に、


「そんなカネはない(笑)」


と返される方は少なくないと思われます。


「振り込め詐欺」をはじめとする犯罪の被害者の大半は、事前に
そのような事件が起きていることやその手口を知っていたとも報道
されます。


被害額が高額である場合には「信じられない」と感じられるかも
しれませんが、ご自身にも意外と財産をお持ちかもしれません。


現金や預貯金残高をご存知の方でも、「不動産」「株式」「外貨」
「投資信託」などをすぐに売却すれば、多額の現金を用意できる
かもしれません。


不時の出費のために、意識的に積み重ねてこられた資産のほかにも、
「株取引に興味をもった」「海外旅行に備えて日本円だけでなく米国
ドルやユーロも保有しておこう」といった動機で資産を形成されてい
る方も少なくないと思われます。


 親切な(?)犯罪者たちは、これらの金融商品の即時売却を提案
することで、あなたから巨額の金額を引き出そうとするかもしれませんよ(^_^;)。



 
posted by TEC at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ETC1000円割引を使って快適なたびを!

今週は寺岡が高速道路の走り方について書いて参りました!

少しは参考になりましたか??

ETCの1000円割引が始まり夏休みの帰省とかも車でって方が多いと思います♪
確かに家族で帰省するにはこのサービスがあるとクルマが安いですものね!!

運転するお父様は大変ですが(汗)


でも、気をつけてドライブしてくださいね!

事故を起こしてはせっかくの楽しいドライブが台無しになりますし、はたまた違反で切符を切られてはせっかく高速代が安くなったのに意味がなくなりますからね!!

とにかく、長旅は時間に余裕を持ち、疲れたら早めの休憩!
通常は2時間を目安に休みましょうね!
いまやSAに温泉まであるところもありますから、そこでひとっ風呂なんてのも楽しいですよ!

あとは速度を一定に保つことを心がけ道路標識はしっかり確認して安全で快適な旅を心がけてくださいね♪

あと。ペットのワンちゃんなどを連れられてる方、ワンコも休憩が必要ですよ!SAにはドックランが併設されている所もありますのでそこで楽しんでもいかがですか!!


皆様が楽しい夏休みを過ごされることをお祈りしております!

今週もお付き合い有難うございました(^^ゞ
posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

高速道路のマナーC

さて本日は渋滞時の走り方について!

今回の1000円が始まり週末の高速道路の渋滞は酷いものとなっております。。。

東名高速にいたっては登りの御殿場〜横浜町田間は夕方4時ごろから渋滞が始まりピーク時は40キロ近くの渋滞になります。。。(汗)

この渋滞。。。イライラしますよね。。。

そしてイライラするものだから流れている車線を見つけては車線変更を繰り返しながら走る方がいます。。。
これって本当に早いの??

先日、私自身が夕方5時ごろにこの区間の渋滞に巻き込まれました。。。原因はその区間での事故が2箇所。。。後は完全に自然渋滞なんです。。。厚木を過ぎた段階でスムーズに流れ始めましたから(^_^;)
今回私はほぼ車線変更をせず走行車線を走行してました。

結果なのですが走行車線が流れるんです(^_^;)

皆さん早く進みたいがゆえについつい追い越し車線に車線変更をします、となるとそこで前後の車がブレーキを踏むわけです、となると。。。そうです流れが途切れる訳です。。。

ところが走行車線に戻ってくる方って意外と少なくその流れの途切れが少なくなります、なので結果的に走行車線が一番流れたりする現象が起こるんです。

よく見ていると空港などに行くリムジンバスや高速を走りなれてる高速バス&トラックの多くは走行車線に居ますから!!

そして今回一番これを感じたのは浜松西から同じタイミングで東名に入った1台のクルマ、このクルマとにかく流れてる車線へ車線変更を繰り返していて端から見ても危ないなぁ〜と思うくらい。。。
そして御殿場を過ぎた辺りで追突事故を起こしておりました。。。

これでは幾ら急いでいっても結果的には遅くなってしまいますよね。。。

渋滞は焦って車線変更を繰り返しても目的地の到着時間は大幅には変わりません。。。だとしたら安全運転でゆったりドライブをされた方が疲れも少ないですよね♪

高速の渋滞が始まったら走行車線へ!

これやってみてください(^^ゞ
posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

高速道路のマナーB

今日は車間距離に付いてです!

車間距離ってどのくらいとってますか??

これは開け過ぎても渋滞の原因、詰め過ぎると追突事故の危険性があります。。。

最近の自動車メーカーはこの車間距離を自動的に制御するシステムの開発を進めております、これは的確な車間距離が保てれば渋滞や事故が未然に防げるからなんです!

車間距離の考え方はいろいろありセンターラインの切れ目を目安にする物など様々あるのですが詳しくはこちらを見てください!
ここをクリック

どうですか?車間距離がいかに重要かご理解頂けたと思います(^^ゞ

また今年の4月より道路交通法の改正で俗に言う「あおり」行為は
車間距離保持義務違反で、減点2点、反則金9000円となっています。車間距離を詰め過ぎる事も違反にとなり取締りの対象となりますので充分的確な車間距離を保ちましょう!

そしてこの考え方が身に付いていれば急な車線変更もなくなりより安全で快適な高速道路になりますよね!
posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

高速道路のマナーA

さて、昨日に続き高速道路のマナーについてのお話!

よく渋滞が始まり「あ〜渋滞だぁ〜事故かなぁ〜」と思ってしばらく渋滞にはまっていると急に流れ出すことって経験がありませんか!

これが良く言う自然渋滞です。

この自然渋滞の多くは登坂車線で起こります。。。

様は通常に高速を走行中に坂道に達しているのにアクセルは一定に踏み続けているため自然と速度が落ちてきて後方の車両がブレーキを踏む、するとそのまた後ろの車がブレーキを。。。結果どんどん流れが悪くなるものです(^_^;)

多くの高速道路の場合、道路が登りになる事を事前に標識等で案内しています!

この標識を良く見ていればこの先が登りだからアクセルを踏む事により速度低下を防ぎ後方の車両がブレーキを踏まなくて済み、渋滞が起こりにくくなります!

これはカーブなどでも同じでカーブの前には必ずそのカーブがどれくらいのものかと言う標識が出ています。
これを見ていれば自分の車の性能と自分の運転技術を考えてどのくらいのスピードでカーブに進入すれば良いかがわかり、事前に安全なスピードに減速し、急なブレーキを回避できるんです!

こういった標識の理解などを踏まえて高速走行をすれば自然渋滞も少なくなるわけです(^^ゞ

今一度高速道路の標識を見直して見ましょう!!
posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

ETC 高速1000円って

いよいよ8月に入りましたね!

お子さん達は夏休み真っ最中って感じですね(^^ゞ

今週1週間は寺岡がお送りいたします。

さて、高速道路のETC割引1000円もだいぶ定着してきているようで、私も5月と7月に浜松までその恩恵にあずかりました!!

でもあの渋滞何とかならないのかと感じる方も多いのではないしょうか。。。。


という事で本日は高速のマナーに付いてのお話!

東名高速の場合の制限速度は時速80キロ区間と100キロ区間があります。

そして100キロ区間で、追い越し車線を悠々と80キロくらいで走行される方が多く見受けられます。。。

後ろが詰まって来ても一行に走行車線に戻る気配がありません。。。

これが渋滞を引き起こす原因になります(^^ゞ

日本の高速道路は基本的に走行車線、追い越し車線からなります。
よって右側の追い越し車線をずーと走行しているとこれは「通行区分違反」という違反になり1点、反則金6千円が科料されます。

これって意外と知らない方が多いみたいで。。。

様は通常は走行車線を走り追い越しの時だけ追い越し車線に出るのが正しい走り方なんです!

この走り方をしていると意外と速い車が先に行き、遅いクルマは自分のペースを守りながら走行することが出来ますので渋滞や事故が少なくなるんです!

クルマ大国のドイツの場合、後ろから自分より速い車が来た場合おのずと道を譲るという習慣が古くからあります。
でも、クルマに興味のない方が後ろから来る車が自分より早いかどうかは中々判らない。。。

その為にドイツ車はクルマの顔!そう、メルセデスならどんなクラスの車種が来ても一目でメルセデス、BMWの場合も同じく一目でメーカーがわかる様にクルマのフロントデザインを変えないという工夫がされています!
その為に以前は小型車のメーカー、大型車のメーカーと言うようにクルマの車格を絞って生産していたんです、但し、最近は日本のメーカーの様に小型車から大型車まで1つのメーカーでラインナップする様になりましたが(^^ゞ

このように高速道路のちょっとしたマナーを理解し、自分の車の性能等を考えて走ることにより渋滞は緩和され、安全に走ることが出来るんですよ!

明日も続きをお送りいたします。


posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

格言集

今週は増岡が担当しています。

ここに来て、にわかに活気付いてきたマーケットですが
強気な運用責任者もいれば、弱気な大学教授もいるという
強弱対立した様相です。

こんなときは、著名な投資家の格言でも再度、思い起こして見ましょう。


ジョン・テンプルトン(米国テネシー州出身の著名なグローバル成長株投資家):
「今回は違う」は、市場の歴史において、最も高くつく言葉の一つです。
強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。
分散が不要な投資家とは、100%勝てる投資家です。
全ての質問に対して回答を持っている投資家は、質問そのものを理解していないのでしょう。

ウォーレン・バフェット(アメリカの著名な株式投資家、経営者、慈善家、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの最高経営責任者でもある):
我々は、株式市場、金利、そして景気が1年後にどうなっているかについては言及しません。したこともないし、今後もすることはないでしょう。
ウォール街で金持ちになる秘訣を教えましょう。人々が怯えているときにどん欲になり、人々がどん欲なときに怯えることです。

マートン・ミラー(アメリカの経済学者、1990年にハリー・マーコヴイッツ及びウィリアム・シャープと共にノーベル経済学賞を受賞):
私自身も数名柄の株式へ投資します。しかし、それは完全な娯楽としてです。

アルバート・アインシュタイン(ドイツ出身の理論物理学者):
「人類最強の力はなんですか?」との問いに対して、アインシュタインは、「複利」と答えました。

ジョン・メイナード・ケインズ(イギリス生まれ、20世紀学問史において最重要人物の一人とされた経済学者、投資家):
市場の不合理な状態は、投資家が許容できないほど長引くことがある。

ご参考にしてください。

来週は松浦がお届けします。
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

時代の移り変わり

今週はと言いましても、GWの関係で2日間しかありませんが
増岡が担当させていただきます。

高速道路料金が休日1000円になり、お出かけの方も多かったことと思います。
私はといいますと、珍しく体調を崩し、家に引きこもり状態でした…

そんな状態ですので、家でのんびりブログめぐり。
その時、知人の証券会社の役員の方のブログで、「株式市場新聞」の休刊、自己破産の申請を知りました。
業界では最後の1社。だそうです。

20数年前、新卒で中堅証券会社へ入社した頃を思い出します。

当時バブルで沸いていた頃は、株式新聞、日本証券新聞、株式市場新聞、日刊投資新聞などの多くの業界紙がありました。
新入社員の頃は、朝一番でこれらを仕分けをし、上司の机に置いておく。そんな1日から始まり
それらの業界紙を片手に顧客を回り、話のネタにしたり
注文をもらったりしていました。
大事なお客様には毎日のように持参し、四季報が出れば、これまたいち早く持参し、人間関係を構築し、注文をもらっていたものでした。
ですから、お客様のほうも
「俺のところには、毎日、新聞を届けてくれる」
「俺のところには、1時間おきに市況を電話で教えてくれる」
「俺のところには・・・・・」
と言うように、他とは違う優越感を得ることにより
頻繁に売買をしてもらっていたと言う感じがします。

しかし、今や、この類の情報はネットで瞬時に分かります。
投資家にとっても営業マンにとっても、必要な情報は
時と共に移り変わり、淘汰されていくと痛切に感じました。

常に役に立てる存在であるために
日々精進したいと思います。

posted by TEC at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

東京駅丸の内駅舎も工事中

今週は松浦建二が担当します。

今日は東京中央郵便局のすぐ近所にある、東京駅丸の内駅舎についてです。

こちらは東京中央郵便局以上に歴史ある建物で、オランダアムステルダムの駅をモデルに造られたようで、レンガ造りのとても美しい姿をしています。

既に国の重要文化財になっています。

丸の内駅舎も老朽化していますが、嬉しい事に建替えではなく、保存でもなく、復元されることが決定されており、2007年から工事に着手しています。

復元?

20090311東京駅丸の内口2.jpg
そう、現存している建物は、1914年(大正3年)に竣工したのですが、第二次世界大戦の空襲で破壊されてしまったのです。

そこで、特に損傷の激しかった3階部分をなくして2階建てに修復した経緯があるのです。

それを、当初の3階建てに復元するのです。

写真は現在の東京駅丸の内駅舎です。すでに所々シートで覆われ始めており、現在の姿が見られるのも今のうちです。

建物の価値の違いはありますが、JPは一部保存するものの建替え、JRは復元と、経営判断が分かれました。

日本は見ていて楽しくなるような建造物(特に近現代)が少ないように感じます。
黒川紀章さんのことを取上げた2007年10月22日にも書きましたが、カプセルタワーも建替え予定ですし、ソフィテル東京は既に解体されてしまいました。

経済効率ばかりでなく、みんなの誇りになるような建造物は後世へ残していって欲しいものですね。
posted by TEC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

東京中央郵便局の建替え2

今週担当の松浦建二です。


昨日に続き、東京中央郵便局の建替えについて書きます。


先日、現地に行く機会があったので写真を撮ってきました。20090311東京中央郵便局建築計画.jpg

昨日の写真が当初から残される予定になっていた面の外観です。

そして、今日の写真は「建築計画のお知らせ」という案内板です。

建物を建てるときには、事前にこの案内板を道路に面した分かりやすい位置に貼る必要があるのです。

地上38階地下4階建てで、高さが200m、延べ面積が21.5万u、完成が平成24年3月となっています。

大きい建物になりますね!

この内容から、どのくらい家賃収入がありそうかイメージしてみました。

仮にuあたり1.5万円(坪5万円程度)で全部貸したとすると、月々32億2500万円、年間で387億円にもなります。

凄い!金額です

いくらで貸すのか、貸せる面積がどのくらいかはわからないので、かなり大雑把な数字です。

建築費はどのくらいでしょうか?
こちらも見当がつかないので、ザックリとイメージしてみます。

仮にuあたり約60万円(坪約200万円)としてみると、約1290億円になります。

数字が大きすぎてピンときませんね!

家賃収入も建築費も桁が多すぎますが、要は、4年も貸せば建築費が全部払えるくらい儲かるビルになるということです。


このような試算をしてしまうと、当事者は保存している場合ではなく、一日でも早く建替えて稼動させたいのが本音でしょう。

松浦個人としては、補修して全部残してもらいたいですが、もし自分が土地所有者だったら、余程の余裕が無い限り残す自信はないですね。

賛否両論あるかと思いますが、まもなく昨日の写真の姿は見られなくなります。



明日は東京中央郵便局のお隣さんの話です。

posted by TEC at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

東京中央郵便局の建替え

今週は松浦建二が担当します。

今日は最近話題になった、東京駅前にある郵便局の建替えについて書きます。

郵便局が2006年に日本郵政株式会社へ変わり、グループ会社として郵便局、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命が誕生しました。

それから3年、株主はまだ100%財務大臣ですが、将来の株式上場へ向けて、収益を強化したいところです。


20090311東京中央郵便局.jpgその一環で、東京駅丸の内南口の目の前に建つ東京中央郵便局を5階建てから38階建てに建替えて、家賃収入をいっぱい得ようと考えたのですが、総務大臣から「待った!」がかかりました。

「昭和初期の歴史ある貴重な建物を効率だけ考えて壊すなんて勿体ない!」という事です。

結果としては、東京駅側の1面だけ保存しようとしていたものを、2面残して建替えるように変更されて落ち着いたようですが、みなさんどう思いますか?

歴史ある建物が好きな松浦としては、全部残して欲しいですね。

丸の内口駅前は丸ビルが建替えられ、その前には国鉄のビルも建替えられているので、郵便局ぐらい残してもらいたいですよね!


明日に続く!



posted by TEC at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

整理整頓をしてみたけれど

こんにちは、FP遠藤です。

昨年末に大掃除をされた際、「完璧な整理整頓」をされた方は
数ヶ月後に探し物をするなんてこと、ありませんか。


「もう使うことも見ることもないだろう」と思って処分されたものや、収納スペースだけを考えて陳列をしてしまい「どこに何があるかわからない」状態にはなっていないでしょうか。


整理整頓をするということは、従来の置き場所を移動することです。


ただし「置き場所を移動させた」ということは意外に忘れやすいものですよね。


会社などでは書類などを時系列順や項目別に管理されている方でも、
自宅にある私物がどこにあるかをパソコンにデータ入力して管理されている方はほとんどおられないのではないでしょうか。


本屋さんやCDショップ等では、ジャンル・作者・歌手など、
様々なカテゴリーで分類された上で陳列されています。


これらは「売れる(商品がなくなる)」ことを前提としてためにされていますが、自宅では「なくなる」ということを前提として収納している方はオークション売買を頻繁にされている方などを除いて、それほど多くないと思われます。


年末の大掃除の整理整頓作業で、「収納方法に関する指針」を心がけておられる方は別として、「探し物が見つからない原因」は先日に行われた大掃除が原因かもしれません。


学生時代の思い出のこもったものの置き場所は、「最初に置き場所として決めた場所」が印象に残っていることはないでしょうか。


引越しされた方の中には「前の家では××に保管していた」といったことを鮮明におぼえておられることもありえます。


整理整頓を数年間にわたって一度もせずに放置しておけば大変なことになりますが、紛失というリスクを避けることはできません。


特に、契約書などの重要な書類を移動する際には細心の注意が必要です。


「書類在中」と棚に目立つようにはっておけば紛失を避けられますが盗難にあう危険があります。


「探し物が見つからない」ことは誰にもあることでしょうが、契約書・印鑑といったものだけではなく、保管場所にご自身なりの流儀をもつことが一策かもしれません。 


posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

建築から生まれた言葉

本日もまだ、九州にいるはずの増岡です。

建築から生まれた言葉はいくつかあります。

代表的なものに「うだつが上がらない」という言葉があります。

これは、地位・生活などがよくならない。ぱっとしない。という意味で、由来も知っている方も多いと思いますので飛ばして


「几帳面」という血液型A型の人の性格を総じて使う言葉がありますが、これも建築用語の一つだそうです。

kichomen2.jpg

床の間などにつくられた違い棚の小柱の角や
室内の仕切りに使う衝立の柱に施される面取りの細工を差す言葉です。

このような細かい装飾は、職人がきちんと正確に作業をしなければ
美しく仕上がりません。

これが転じて、物事をきちんと行うまじめな人を
几帳面な人と言うようになった、と言われています。

調べてみると、
「羽目を外す」「本音と建て前」
「ひのき舞台」「しのぎを削る」などなど

今でも建築用語が一般的に使われていることは
建築がいかに身近なものかということを表しているのではないでしょうか。

今回もまた、大きく3回うなずいていしました。

明日は九州視察(新年会)の報告予定です。
posted by TEC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

心を癒す部屋作り

本日、九州にいるはずの増岡です。

人の暮らしが変化するにつれて、住居環境などが変化してきました。

核家族化が進み、一人ひとりに個人の部屋を持つようになりました。
それにより、プライバシーが守られ、自分だけの時間をすごすことも出来るようになりました。

しかし、最近では、このような家の造りが家族のコミュニケーション不足を引き起こし
問題視されるようになりました。

そこで改善策として見直されたのが平安時代の「寝殿造」や室町時代の「書院造」の建築手法。

「寝殿造」は部屋の空間に間仕切りがなく、異動が容易な屏風などで他人の視線を遮り
プライベートな空間を作り出しました。

そしてこの「寝殿造」が進化したのが「書院造」。

これは襖や障子などの仕切りはあるものの、取り外しが簡単に行え
瞬時に小部屋から大部屋へ模様替えすることが可能となっています。

このような部屋の造りをヒントに現代では、高さの十分なキャスターの付いた家具や移動式パーテイションを使うなど工夫が考えられます。

確かに私の家でも、子供に一部屋与えていますが
部屋にこもっているときは、まず勉強はしてないですね。

本を読んでいるか遊んでいるか… 会話も少なくなります。

そこで最近では、勉強は居間で、遊びと寝るのは自分の部屋で
と区別するようにしています。

勉強するときはテレビを消すか、見えないように襖を閉め
音も小さくします。


子供は生活の大半を学校で過ごしますが
学校の建築でも見直されているのが、木造校舎だそうです。

耐震性や防火の問題で大半は鉄筋コンクリートですが
「木のぬくもり」が発する作用には、人間の自律神経に働きかけ
血圧降下やリラックス効果を生むという実験結果も出ているようです。

教師や生徒がストレスやさまざまな心の問題を抱える現代、建築に解決のヒントがあるかも知れません。

これにも大きく3回うなずく私でした。
明日は建築から生まれた言葉です。
posted by TEC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。