タグクラウド

2009年06月26日

保険金受取人の変更ってできるんですか?

今週は遠藤が担当です。

保険金受取人の変更ってできるんですか?


もちろんできますよ。


ただ、今までは不明確だった受取人変更のルールが
今回明文化されました。


契約者は保険金受取人変更の意思表示を保険会社に対して行い、
その通知が保険会社に届いたときには、通知を発したときに
遡って効力を発生する旨が規定されました。


また、遺言によって保険金受取人の変更ができることも
明文化されましたからね。


このあたりの詳細は、専門家に聞いてみてくださいね。


では、今週はこの辺で失礼します。


来週は、増岡が担当します。






posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

4月から子供が生命保険に加入できなくなったって本当ですか?

今週は遠藤が担当です。


「4月から子供が生命保険に加入できなくなったって本当ですか?」


本当です。


一部の保険会社では15歳未満の子供向け死亡保険の販売が
中止されています。


ただし、これは今回の保険法で直接規制されたわけではなく、
保険金目的の事件から子供を守ることを目的とした保険制度改正に
沿ってのことで、国が保険会社に対して子供向け保険に関する
社内規則の整備や契約時の診査の厳格化を義務付けたのです。


もちろん全ての保険会社で加入が出来なくなったわけではなく、
保険金の上限を引き下げるなどで対応する保険会社もあるようです。


ちなみに、英国やフランスなどでは、未成年者向けの保険販売自体を
禁止している国もあるようですよ。


詳しくは専門家に聞いてくださいね。




posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

受け取る保険金が減っちゃうんですか?

今週は遠藤が担当です。


「生命保険の種類によって税金って異なるんですか?」


先日、こんなご質問を頂きました。


実は、その通りなんです。


例えば、収入保障タイプの保険。


これは死亡時からある年齢までの間、年金のように毎月一定金額が
支払われる保険です。


分かりやすい商品性と割安な保険料で、今とっても人気がある
保険ですね。


しかし、


注意しておきたいのは、保険金を年金で受け取ると「雑所得」扱い
となり、一時金で受け取るよりも税金面で不利になる場合が
あるってことです。


一般的には死亡保険金を遺族が受け取ると、相続税の対象に
なるんですが、資産家でない限り、相続税の非課税枠の中で
納まりますので、税金の心配は少ないんです。


ところが、


死亡保険金の年金受け取りは、相続ではなく雑所得扱いに
なりますので、所得税や住民税がかかるだけでなく、
国民健康保険料も高くなってしまう場合があるんです。


というように、


収入保障タイプの保険は商品性はいいですが、課税方法が通常の
生命保険とは異なりますので、注意が必要ですね。


詳細は専門家に確認されて下さい。



posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

夫の破産で保険を守れるか。

今週は遠藤が担当です。


保険業界ではなんと100年ぶりの法改正が行われ、
ついに「保険法」が制定されましたよ


今回はその中でも新設された「介入権」についてお伝えしましょう。


介入権とは保険契約者が破産した場合、差押債権者等が
解約返戻金の確保を目的として保険契約を解除しようとした時に、

保険金受取人がその解除権者に対して解約返戻金相当額を
支払うことで、解除させずに保険契約を継続させる権利のことです。


貯蓄性のある生命保険契約の場合、保険契約者が経済的に
行き詰ってしまった時には、その解約返戻金を目当てに、
債権者等に保険契約を解除されてしまうことがあります。


しかし、


生命保険が遺族の生活保障だと考えると、債権者等によって
保険契約を解除されれば、受取人保護の観点からすれば、
著しい不利益を被ることになってしまいます。


そこで今回介入権が新設され保険を継続できるようになったのです。


その他、消費者保護の改正点がいくつもありますので、
詳細は専門家に聞いてみてくださいね。


posted by TEC at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

収入保障保険B

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
最終日の今日は、加入時の注意点と、商品を選ぶ際のポイントについて。

=では、一時金受取タイプの保険を選ぶのか=

かといって、一時金で保険金を受け取るタイプは非常に割高な保険料負担が必要になるのも事実。

そこで、実際に被保険者死亡の際に、手取りがいくらになるのか、綿密なプランニングを依頼する必要がでてくる。
(毎月20万円受け取れるプランに加入したのでは、手取り20万円にはならない、と知っておきましょう。しかも、実際の受取時に保険会社から振り込まれる金額も20万円ではありません。)

あるいは、年金受取にかえて、一時金受取りでも充分な保障額を確保しておくことをお勧めします。
ちなみに、一時金受取りにかえた場合、保険会社によってその金額に大きな違いがあるので、商品を選ぶ際の一つの目安としたい。

一週間のおつきあい、ありがとうございます。
来週は、遠藤がお送りします。おたのしみに。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

収入保障保険A

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
今日は、収入保障保険を年金として受け取る場合について。

=年金で受け取ると・・・=

収入保障保険を年金で受け取ると、夫死亡後、残された妻の収入がパートなどで得た120万円のみの場合、収入保障保険で月20万円の年金を受け取れば、パート収入だけの時に比べて、年間約50万円の負担増となる。
*都内23区在住の場合

年金2か月分以上の金額となれば、だまって見過ごすには少し大きな金額ではないだろうか?

妻が、社会保険加入の正社員の場合、収入保障保険の年金を受け取っても社会保険料の負担は変わらないが、所得税と住民時はアップする。

また、年金額が年額20万円を超えると、保険会社から所轄税務署に支払調書が提出されるため、バレない、ということはなく、確定申告が必要になってくる。
年金を受け取る期間中、毎年確定申告をしなくてはいけないのもわずらわしいだろう。

そもそも、保険会社から受け取る年金の課税は、老後に生きて受け取る個人年金を想定した計算方法で、死亡保険金の年金受取用に別途計算式があるわけではない。
収入保障保険の商品性は悪くないと思うが・・・・・。

明日は、加入時の注意点と、商品選びのポイントについて。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

収入保障保険@

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。

今日から3日間にわたって、「収入保障保険」に関して書いてみます。


=年金受取時の税金に注意=

最近、「収入保障」タイプの死亡保険が人気を集めている。一般に「定期保険」と呼ばれるタイプは、被保険者が死亡すると保険金額が一時金で支払われるが、「収入保障保険」は、ある年令まで年金のように毎月(あるいは毎年)一定金額が支払われる仕組みになっている。

人気の理由は、公的遺族年金の補完として毎月の年金額を設定する商品性が「分かりやすい」ことと、「保険料の安さ」である。
保険会社にもよるが、一定の体況で、喫煙習慣のない方には、さらに割り引いた保険料での加入が可能となり、大変に人気を集めている。

たとえば、30才の人が「死亡したら被保険者が60才になるまでの間、毎月20万円の年金が遺族に支払われる」という契約をした場合、35才で死亡すると、年金受取期間は「25年間」、55才で死亡すると「5年間」となる。
このように、保障額が年々少なくなるため、保険期間中保障額が一定のタイプに比べて保険料が安くなるのだ。

この保険に加入する場合に注意しておきたいのは、保険金を年金で受け取ると、「雑所得」扱いとなり、一時金で受け取る場合と比べて税金免で不利になること。

死亡保険金を一時金で遺族が受け取る場合、相続税の対象となるが、よほどの資産家でない限り各種控除により相続税がかかる心配は少ない。
事実、相続税を納税しているケースは全体の5%程度である。

ところが、死亡保険金の年金は、税務上の「必要経費」にあたる保険料が少ないため、雑所得の金額が膨らみ、税負担が発生する。
所得税、住民税がかかるだけでなく、国民健康保険料も高くなってしまうだろう。
*ちなみに、公的遺族年金は非課税である。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

先進医療A

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。


=先進医療特約でカバーは可能=

実際に受診すれば負担が重くなる可能性もある先進医療ですが、民間医療保険でその費用をカバーすることは可能です。
が、給付条件等はそれぞれ異なっていますので、個別に確認ください。

先進医療を受ける場合、入院するとは限らない、ということも特徴の一つです。 
最近の治療実態をみますと、外来で治療できるケースは外来で、という流れになっているようです。一方、入院による治療は減っています。

民間の医療保険でカバーしようとする場合、外来での治療が給付の対象となるかどうかの確認も怠ってはいけません。
前述の重粒子線治療でも、外来治療は可能なようです。


=給付実績はまだわずか=

先進医療自体の受療件数が低いのですから、当然、先進医療特約からの給付もわずかです。
先進医療を受領した人の7割はガン患者、そして先進医療の総額のうち、9割がガン関連、というデータが出てます。

2000年から「がん高度先進医療特約」を取り扱う外資系の保険会社では、
2000年から2007年までの7年間での給付実績が、
件数にして 328件、
給付金額にして 2億4千万円
になるそうです。

一方、その保険会社の給付実績は、毎営業日ごとに、
件数にして 1000件前後
給付金額にして 12億円前後
になるそうです。

このことから、その発生率の少なさ、特殊性が理解できます。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

先進医療

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
今日、明日の2日間は、先進医療について。


=実験段階の治療=

わが国では、ほとんどのケースで公的医療保険を利用した診療を受けますが、公的医療制度適用外の「先進医療」を受けるケースもあります。
保険適用外といえば、費用が気になりますが、高額療養費の適用はなく、治療費の100%が患者負担。数万円の治療費で済むものがある一方、
最も治療費が高いものには「生体部分肺移植(約320万円)」「重粒子線治療(約310万円)」「陽子線治療(約285万円)などがあります。
*いずれも、病院により異なります。

先進医療といわれると、夢のような「最先端治療」と捉えがちですが、実態としては、今後、その治療を保険診療に含めるべきかの評価が確立していない、
いわば、実験段階の治療です。よって、受診すれば必ず病気が治るわけではありませんし、先進医療を受けることはもちろん、その結果、そして費用負担についても
自己責任、ということになります。


また、平成18年度の厚生労働省の報告によると、先進医療(高度先進医療)を受けたのは、4166人に過ぎません。
現状では、先進医療とは、限られた人が受ける、特殊な治療、ということになるかもしれません。


posted by TEC at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

年金特別便 

今日は最終日ですね^^

今週は年金についてお話してきました。

年金特別便はみなさんもう返信されましたでしょうか?
ご自分の加入期間は確認されましたか?

転職をされている人、国民年金、厚生年金と加入年金を途中で変えている人、
特に主婦の方は3号被保険者期間などがキチンと反映されているか
確認してみましょうね。

今週は天気がすっきりせずこのまま梅雨に突入しそうですね・・・

一週間お付き合いくださいましてありがとうございました。

来週は社長の寺岡が担当です。

posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

社会保険 年金 特例 期間

皆様こんにちは!

今週は年金のお話をしております!

さて早速昨日の問題の答え!ですが

答えは・・・もらえます!

理由はこちらをクリック!→りゆう

・・・クリックされました?
ご覧頂けましたでしょうか?

これを「受給資格要件の特例」といいます。
なんでこんな特例があるのか・・・その理由を以下に厚生労働省のHPから引用します。

「基礎年金制度導入前の被用者年金制度の老齢や退職を事由とする給付の原則的な受給資格期間を引き継いだもので、基礎年金制度導入時の昭和61年4月1日に30歳以上の者は、60歳までに25年(300月)の受給資格期間を満たすことが困難な場合もありますので、生年月日に応じて受給資格期間を短縮する特例が設けられました。」

要するに基礎年金制度ができたときにある程度の年齢以上の人は受給期間を満たすことができないかもしれないから特例として加入期間が短くてもOKですよと言うことです。

このほかにも実は色々と特例があります。
むちゃくちゃ種類が多くて、専門用語を多用しているので読みにくいです。
また、新法、旧法と入り交ざっているのでおそらくこの辺が「年金は難しい」と思われる原因なのではないでしょうか?

社会保険大学校の研修で使用しているテキスト(教材)を読んでみたい方はココをクリック!→社会保険のテキスト


posted by TEC at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

掛け捨て 年金 特例

こんにちは!
昨日はおさらいで年金をもらうのに必要な加入期間についてお話ししました。

今日は例をあげて問題を出題しますね。

山田花子さん(S30.2.1生54歳)は夫と2人で個人商店を営んでいました。
でも折からの不況で店を閉めることとなり、事務の仕事を探すことになりました。OL時代に簿記1級を取得していた花子さんは運よく50人ほどの製造業A社の正社員事務員として定年の65歳まで働くことになりました。

花子さんの年金加入期間はOL時代の5年間、個人商店時代の7年です。
A社に定年まで勤めると11年、合計23年の年金加入期間ができます。

おさらいすると、年金の加入期間は○○年必要でしたよね?

花子さんは定年退職後 年金をもらえるでしょうか?

つづきはまた明日・・・
posted by TEC at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

国民 年金 掛捨て!?

こんにちは!
今週は国民年金・厚生年金についてお話しています。
今日はまずおさらいで受給要件の原則をお話しします。

国民年金の受給要件の原則
老齢基礎年金って保険料納付済期間または保険料免除期間がある人に原則として65歳から支給されます。でも、老齢基礎年金を受給するためには保険料納付済期間と保険料免除期間とを合計した受給資格期間が原則25年(300月)以上あることが必要です。(法26)
すなわち、老齢基礎年金を65歳から受給するためには20歳から60歳に達する月の前月までの40年(480月)の間に、保険料を納めた期間と保険料の免除を受けた期間の合計が25年(300月)以上ないと老齢基礎年金を受けることができません。

老齢厚生年金を受けられる条件(原則)
老齢厚生年金を受けるためには、次のすべての条件を満たしていることが必要です。
⑴ 年齢は65 歳以上であること
⑵ 厚生年金保険の被保険者期間が(1 月以上)あること
⑶ 国民年金の老齢基礎年金を受けるに必要な資格期間(25 年)を満たしていること

要するに 基本原則は国民年金の老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間である25年を満たさないとたとえ老齢厚生年金の加入期間があってその間お給料から保険料が引かれていても年金がもらえないということになってしまうのです。
posted by TEC at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

2009年5月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。

今日は2009年5月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2009年5月15日時点)

1位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.269%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇
2位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
3位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.50%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇


4位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.55%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
5位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.60%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
5位…イオン銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.80%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
7位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
8位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.05%(1.9%優遇)/11年目以降1.0%優遇
9位…八千代銀行ずっと優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.40%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
10位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.25%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇

11位…三井住友銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.30%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇
12位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.90%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
12位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.40%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
14位…新生銀行通常タイプ
当初10年2.90%(1.0%優遇)/11年目以降0.7%優遇
15位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.95%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.95%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.00%(1.9%優遇)/11年目以降0.6%優遇
18位…八千代銀行最初に優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.40%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
19位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.45%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。


街並み.jpg
前回調査した3月に比べて、全般的に金利が0.3%程度上昇しています。

その中で、ソニー銀行だけは我が道を進んでいるように堂々の連続一位を続けています。

住宅ローン減税の拡充により、住宅購入を検討している人は多いかと思います。

経済状況が悪いにもかかわらず金利が上昇しているため、金利の選択や購入のタイミングが悩ましいところですね。


※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせてフラット35等の全期間固定金利タイプや他の固定期間も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。

松浦は今日で終わりです。
また7月頃会いしましょう!


posted by TEC at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

受取人の変更ってできるの?

こんにちは、遠藤です。


今週は、新設された「保険法」に関して、
私達の身の回りに関することをお送りしています。

いよいよ今日は、最終回です。


Q4.保険金受取人の変更ってできるんですか?

もちろんできますよ。

ただ、今までは不明確だった受取人変更のルールが今回
明文化されました。

契約者は保険金受取人変更の意思表示を保険会社に対して行い、
その通知が保険会社に届いたときには、通知を発したときに
遡って効力を発生する旨が規定されました。

また、遺言によって保険金受取人の変更ができることも
明文化されましたからね。


最後に、

一般に契約は、当事者間で自由に定めることができ、たとえ
法律に規定されていたとしても、その法律の規定を採用するかは
任意なんです。

しかし、保険法の一部の規定では、法律の規定に反して
保険契約者等にとって不利な内容を約款で定めたとしても、
その定めは無効となる旨の規定があるんです。

このように消費者保護に軸足を移した保険法ですが、適用対象は
法の施行日以降に締結された契約になっていますので、
気をつけてくださいね。


では、今週はココまでです(^.^)。





posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

スムーズに保険金がもらえない?

こんにちは、遠藤です。

今週は、新設された「保険法」の中から、
私達の身の回りに関わるような内容をお送りしています。


Q3.保険金がスムーズに支払われなかったことがあるんですが・・・

確かにこれまで保険会社が保険金を支払う時期についての
明確なルールはありませんでした。

そこで今回の保険法では、保険会社が保険金の支払時期を
不当に引き伸ばすことを防ぐため、保険金支払時期がちゃんと明確化されるようになりましたよ。

保険会社が行う調査や確認に要する合理的な期間が経過した後は、
保険会社が遅滞の責任を負うことになりました。

ただし、契約者や被保険者や受取人が正当な理由なく調査を
妨げた場合には、たとえ保険金支払いが遅くなったとしても、
その責任は負わないものとされていますよ。


ということで、今日はココまでです。

続きは明日のお楽しみにです。




posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

破産した夫の保険を守れるか?

こんにちは、遠藤です。


今週は、新設された「保険法」について、
私達の身近な話題についてお送りしています。


Q2.夫の破産でも保険が守れると聞いたんですが・・・

本当です。

貯蓄性のある生命保険契約の場合、保険契約者が経済的に
行き詰ってしまった時には、その解約返戻金を目当てに、
債権者等に保険契約を解除されてしまうことが確かにあります。

これでは生命保険が遺族の生活保障だと考えると、
債権者等によって保険契約を解除されれば、受取人保護の
観点からすれば、著しい不利益を被ることになってしまいます。

そこで保険法では、差押債権者等が解約返戻金の確保を
目的として保険契約を解除しようとした時に、保険金受取人が
その解除権者に対して解約返戻金相当額を支払うことで、解除
させずに保険契約を継続させる「介入件」が新設されたのです。


続きは明日のお楽しみです。
posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

子供が保険に加入できなくなる?

こんにちは、遠藤です。

今週は、僕が担当します。

さて、

国は保険業界の不払い問題や保険金詐欺事件などから私達を保護するために、商法の一部であった保険契約に関する法制をなんと約100年ぶりに見直し、今回新たに「保険法」を制定したんですね。

私達にも身近な変更点がありますから、チェックしてみてくださいね。


Q1.4月から子供が生命保険に加入できなくなったって本当ですか?

本当です。

一部の保険会社では15歳未満の子供向け死亡保険の販売が中止されています。

ただし、これは今回の保険法で直接規制されたわけではなく、保険金目的の事件から子供を守ることを目的とした保険制度改正に沿ってのことで、国が保険会社に対して子供向け保険に関する社内規則の整備や契約時の診査の厳格化を義務付けたのです。

もちろん全ての保険会社で加入が出来なくなったわけではなく、保険金の上限を引き下げるなどで対応する保険会社もあるようです。

ちなみに、英国やフランスなどでは、未成年者向けの保険販売自体を禁止している国もあるようですよ。


続きは明日のお楽しみです。





posted by TEC at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

セミナー開催しました

こんにちは。一週間ブログを担当します、小池です。
よろしくおつきあいください。

昨夜、女性向けのセミナー開催してきました。

楽天セミナー13.jpg

楽天さんが主催する、「女性のためのマネーセミナー」 
昨年秋から全国展開されているセミナーの第2弾。 
昨年に引き続き、弊社所属の遠藤が渋谷会場を任され、いつも通りのアットホームな雰囲気の中、

・ ファイナンシャルプランニングの基礎
・ さまざまな金融商品の基礎を学び、自分にあった商品を選ぶポイントを知る
・ 公的な保障制度を学び、不足分を民間の保険でカバーできるようになる。無駄な支出を抑えることができる。
・ 女性特有の病気について学び、医療保険を選ぶ際の判断基準を知る。
 
など、熱心に学んでいただきました。


楽天セミナー12.jpg
会場はこんな雰囲気でした


6月には会員さま向けの「感謝セミナー」開催に向けて、着々と企画進めています。
連休明けにはご案内できる予定ですので、楽しみにお待ちください。







posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

住宅ローン10年固定金利ずばり比較!!2009年3月

今週担当の松浦建二です。

今日は2009年3月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2009年3月17日時点)

1位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.309%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇
2位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.15%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
2位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.15%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇


4位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.40%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
5位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年1.95%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇
6位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
6位…イオン銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.45%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
8位…八千代銀行ずっと優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.35%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
9位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年1.95%(1.60%優遇)/11年目以降1.0%優遇
10位…三井住友銀行最初に優遇タイプ
当初10年1.95%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇

11位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年1.95%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
12位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.55%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
12位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
14位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年1.65%(1.9%優遇)/11年目以降0.6%優遇
15位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.60%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.60%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
17位…八千代銀行最初に優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
18位…新生銀行通常タイプ
当初10年3.00%(0.6%優遇)/11年目以降0.7%優遇
19位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.10%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。


house under construction 4.jpg前回調査した1月と比べると、金利を0.05%下げた銀行が多くみられます。
その結果、5つが2%をきった金利水準になっています。

順位は全て1月と同じであり、1位は変わらずソニー銀行でした。

最近は、しばらく金利が上昇しないと判断して変動金利タイプを選ぶ人が増えているようです。

ただ変動金利は経済が上向きになると、すぐに金利も上昇します。

一度少ない返済額で慣れてしまうと、金利上昇時にどれだけ対応できるのでしょうか?

少し心配です。

今春には、公庫から返済期間が50年の超長期ローンが登場する予定です。

選択の幅は広がりますが、どれを選ぶか今まで以上に悩みそうですね。

※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせてフラット35等の全期間固定金利タイプや他の固定期間も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。

明日は祭日なので松浦は今日で終わりです。
また5月頃お会いしましょう!


posted by TEC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。