タグクラウド

2010年04月26日

住宅ローン返済で苦しくなる前に

こんにちは、遠藤です。


絶対に守るべきは「延滞しない」こと。

銀行によっては、金利優遇がストップする場合がありますし、
借り換えが難しくなる場合もありますからね。

それを踏まえて、返済条件の見直し方法は大きく次の2つです。

@「一定期間」の返済額減額。

ただし、減額期間が過ぎ元の状態に戻ると、
減額前の返済額より増えてしまいます。

A「返済期間延長」による返済額減額。

返済期間を決めずに返済額を下げることができます。

ただし、延長期間分の保証料は追加で払う必要があります。

どちらの方法を選ぶにしろ、返済額を減らすということは、
毎月の返済の元金充当額を減額することなので、

残高減少のスピードが落ち、トータルでの利息負担が
結局増えるということなんですね。

収入減などで住宅ローン返済が苦しくなりそうな人は、
とにかく延滞する前に銀行や専門家に相談してくださいね。

悩むより現実的な解決策が得られますよ。


ということで、今回はここまでです。

posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

2010年3月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。

今日は2010年3月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2010年3月19日時点)


1位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.236%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇


2位…ろうきんずっと優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年2.10%(1.25%優遇)/11年目以降1.25%優遇


3位…新生銀行当初固定金利タイプ
当初10年2.15%(1.9%優遇)/11年目以降0.7%優遇


4位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
5位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
5位…ろうきん最初に優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年1.80%(1.55%優遇)/11年目以降0.4%優遇

7位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.70%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
8位…イオン銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.40%(1.7%優遇)/11年目以降1.0%優遇
9位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.30%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
10位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.85%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇

10位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.35%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
12位…三井住友銀行最初に優遇タイプ (自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年2.40%(1.85%優遇)/11年目以降1.2%優遇
13位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.90%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
14位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.25%(1.95%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年3.05%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇

16位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.10%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
16位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
18位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.20%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
19位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。



1位がろうきんから再びソニー銀行へ変わりました。

全体的には前回の11月や1月と比べてほとんど金利に動きがない結果となっています。

昨今住宅ローンを借りる人は、かなりの割合で変動金利を選んでいるようです。
変動であれば当初1.0%程度の低金利なので、返済額をかなり抑えられるからです。
今後の金利がどうなるのかは予想がつきませんが、もし金利が上昇した時に慌てることのないよう気をつけて下さい。


※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせて他の住宅ローン商品も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。



今日で松浦は終わりです。

次はワールドカップ直前頃にまた会いしましょう
posted by TEC at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

歓送迎で景気浮揚!?

今週は松浦建二が担当しています。



3月も半ばを過ぎ、あと2週間で4月を迎えます。

4月を迎えるということは、新年度の始まりであり、その直前には卒業式や送迎会があちらこちらで行われます。

送迎会は既に始まっているようで、最近夜の街がかなり賑やかな気がします。

そして、4月になれば入学式や入社式、歓迎会などで同じように夜の街が賑やかになるはずです。

さらには間もなく桜の花見もあるので、飲食業には嬉しい時期ではないでしょうか。


そこでふと思ったのですが、

これらのイベントは景気にほとんど関係なくおこなわれる

→この時期はきっと飲食業を中心に繁盛するはず

→そして景気が少しは良くなる

という流れにはなりませんか?


であれば、人事異動をもっともっと増やせば、景気が良くなるのではないでしょうか。

卒業や入学、入社は簡単には増やせませんが、人事異動なら、ある意味企業の都合でできるので、簡単なコストもあまりかからない景気対策になりえます。

まあ、異動する人はいい迷惑かもしれませんが。


松浦のまわりでも、異動が決まってあいさつ回りしている人をちらほらと見かけます。


出会いがあれば別れもあります。
そこに感動があれば成長でき、きっと素晴らしい人生になっていくはずです。

別れは時として辛いものですが、出会いって楽しいですよね!


新年度もみなさん頑張っていきましょう!

posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

ファイナンシャルプランナー仲間が本を出版!

今週は松浦建二が担当しています。



今日はファイナンシャルプランナー(FP)仲間が本を出版したので、その宣伝を勝手にしたいと思います。


一冊目は、著者中島牧子さんの処女作『働く女(ひと)のお金のルール』です。働く女.jpg

明日香出版社から1300円(税込み)で12月に発売開始されました。
チョットだけお姉さんの立場から助言している内容になっています。
在米歴の長い異色のFPで、その経験や人柄が節々に表れています。

出版社のHPはコチラ↓です。
http://www.asuka-g.co.jp/book/business/stock/004016.html


そして二冊目は、著者三次理加さんの『商品先物市場のしくみ 〜
資産運用からリスクヘッジ機能まで〜』です。

PHPビジネス新書から840円(税込み)2月に発売開始されました。
三次さんはテレビ出演も多く商品業界ではかなりの有名人です。
本を出すのは今回が3冊目だったはずです。

出版社のHPはコチラ↓です。
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-77659-0


2人ともFPで普段の業務が忙しい中、何百ページもの原稿を書いてしまうことに関心してしまいます。

同じFPとして見習うところばかりです。

いつかは松浦も後に続きたいですが、まだ10年早いかもね。
posted by TEC at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

待ち遠しいワールドカップ

今週は松浦建二が担当しています。



バンクーバーオリンピックもあっという間に終わってしまいましたね。浅田選手やカーリングの試合の時は落ち着いて仕事ができず困ったものでしたが、世界トップレベルの戦いは、縁のない競技でもとても興奮させられました。

そして2010年は次にサッカーのワールドカップが開催されます。画像 045.jpg

6月11日に開幕し、日本は6月14日(月)にカメルーン戦、6月19日(土)にオランダ戦、6月24日(木)にデンマーク戦があります。

開始時間がそれぞれ日本時間で23時、20時半、27時半なので、予選突破がかかるデンマーク戦は朝の5時半頃終了となり、多くの人が寝不足になりそうです。

日本はどこまで残るのでしょうか?

優勝はブラジルやスペインを予想する声が多く、次にドイツやイタリア、イングランド、アルゼンチンのようですが、スペイン以外は過去優勝したことがあるので、是非スペインに優勝してもらいたいです!

最近はスペインの強豪チーム「バルセロナ」が福岡でサッカースクールを開講し、「バレンシア」も兵庫で開講するようです。

日本のサッカーレベルが今後もっと上がっていくと、ワールドカップで優勝する日が来るかもしれません。


ところで、このワールドカップは夏季五輪と並ぶ世界有数のイベントであり、世界各国の経済や生活に大きな影響があります。

テレビが売れて、テレビ観戦する為にその時間帯の外食が減るでしょう。南アフリカは、サッカー場建設や大量の観戦者迎え入れによる経済活性化や、経済の起爆剤になる可能性もあります。

投資家は虎視眈々とチャンスを狙っているはずです。

日本からはとても遠い国ですが、日本チームの上位進出によって日本経済も活性化することを期待しましょう!



posted by TEC at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

ドタバタ確定申告

今週は松浦建二が担当します。



平成21年分所得税の確定申告は3月15日までの提出期限となっていました。確定申告.jpg

毎年確定申告している人は、2月に提出する人もいれば、いつも期限ギリギリの人もいるでしょうが、毎年とても忙しい時期です。
15日は最終日とあって税務署はとても混雑していました。

給与所得者で普段は申告しない人でも、医療費を多く支払っているとか、住宅を購入したとか、株取引をしている人の中には確定申告が必要な場合もあります。

松浦は今回医療費控除などの申告をしましたが、2009年の初め頃のことになるとなかなか思い出せないですよね。
しかも医療費控除は、何が控除の対象になり、何が対象にならないか判断が難しいので、申告書の作成はとても苦労しました。

病院に行く電車代やバス代は対象に入れてよく、マイカーのガソリン代は対象に入れては駄目なようだし、治療を目的とした薬ならドラッグストアで買っても対象になるけれど、治療を予防する為となると駄目なようです。

この辺は対象の範囲にチョット改善の余地がありそうですね。


申告を終えてホッとした松浦ですが、税務署が閉まった後の時間に書類作成をしている人もまだいたようです。

郵送の場合は15日消印ならOKらしいのですが、何もそんなに際どいことしないで余裕をもって作業すれば良いのにと思ってしまいます。

でも、それが難しいんだよね。うん。



posted by TEC at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

今年の手取り収入はどうなるの?

こんにちは、遠藤です。


「今年の手取り収入はどうなるの?」ということで、
お話しましょう。


今年は、厚生年金保険料、健康保険料、介護保険料、
雇用保険料が軒並みアップするため、増税はなくとも
手取り収入は減少すると言われています。


健康保険料のアップの影響が大きいですね。



協会けんぽの全国平均の料率で試算すると、
扶養家族に妻と16歳未満の2人の子どもがいる
年収600万円のご主人なら、手取りは6万円減です。


ただし、大企業の中には社会保険料を50%以上
事業主が負担するところもあるので、その場合は、
労使折半の中小企業勤務者よりも手取りは多くなるでしょう。


また今年は問題になっていた「16歳未満の扶養控除の廃止」は
実施されませんから、16歳未満のお子さんのいる家庭なら


扶養控除を受けつつ、4月からは子ども手当を受給できるため、
手取りが増えるご家庭もありそうです。


それでも不景気が続く昨今ですから、しっかりお財布の
管理をしておきましょうね。


今回は、ここまでです。











posted by TEC at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

住宅ローン返済が苦しくなる前に

こんにちは、今週は遠藤です。


住宅ローン返済で苦しくなる前にということで、
お話しましょう。


絶対に守るべきは「延滞しない」こと。


銀行によっては、金利優遇がストップする場合がありますし、
借り換えが難しくなる場合もありますからね。


それを踏まえて、返済条件の見直し方法は
大きく次の2つです。


@「一定期間」の返済額減額。


ただし、減額期間が過ぎ元の状態に戻ると、
減額前の返済額より増えてしまいます。


A「返済期間延長」による返済額減額。


返済期間を決めずに返済額を下げることができます。


ただし、
延長期間分の保証料は追加で払う必要があります。


どちらの方法を選ぶにしろ、返済額を減らすということは、
毎月の返済の元金充当額を減額することなので、


残高減少のスピードが落ち、トータルでの利息負担が
結局増えるということなんですね。


収入減などで住宅ローン返済が苦しくなりそうな人は、
とにかく延滞する前に銀行や専門家に相談してくださいね。


悩むより現実的な解決策が得られますよ。



今回はここまでです。






posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

生活福祉資金貸付制度A

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。


今回の改正で創設された総合支援資金は、雇用保険と生活保護の間を補うものとして期待されています。

連帯保証人がいなくても借り入れでき、失業だけでなく減収により生計維持が困難になった勤労者も利用できます。

単に貸し付けるだけでなく、ハローワークとも連携し、利用者との継続的な生活相談をセットで行い、経済的に自立できることを目的としています。

また、不動産担保型の貸付制度の中には、低所得者・高齢者用リバースモゲージ があります。

一定の居住用不動産を所有している低所得の高齢者が、その不動産を担保にして生活資金を借りられる制度です。

毎月一定額の融資を受け、借り入れた人が死亡したとき、自宅不動産を処分して返済資金に充てるものです。

次の全てに該当する場合には、制度利用が可能です。

□ 借り入れ申込者が単独で所有する不動産に居住していること
(配偶者との共有も含む)
□ 不動産に賃借権、抵当権等が設定されていないこと
□ 配偶者または親以外の同居者がいないこと
□ 世帯構成員が原則として65才以上であること
□ 借り入れ世帯が市町村民税の非課税世帯であること


詳しくは、最寄の社会福祉協議会にお問い合わせください。


一週間のおつきあい、ありがとうございます。
来週は遠藤がお届けしますのでお楽しみに。


posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

生活福祉資金貸付制度@

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。


不況の影響で失業や借金などの問題を抱え、生活が立ち行かなくなる方が増え続けています。
厚生労働省は2008年からの「経済危機対策」を受けて、セーフティネットを整備してきました。

特に、昨年10月に見直しが行われた「生活福祉資金貸付制度」は従来よりも使い勝手が良くなっています。

10種類あった資金種類は整理統合され、4つのカテゴリーに分類されました。
(総合支援資金 / 福祉資金 / 教育支援資金 / 不動産担保型)

実施主体は都道府県社会福祉協議会で、窓口は市町村社会福祉協議会になります。

貸し付け対象となるのは以下の通り。

低所得者世帯 : 必要な資金を他から借り入れることが困難な世帯で、市町村民税非課税程度

障害者世帯 : 身体障害者手帳、癒育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方が属する世帯

高齢者世帯 : 65才以上の高齢者の属する世帯

明日は、もう少し詳しい内容を確認していきます。



posted by TEC at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

相続税が心配な皆様へ

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。

平成22年度税制改正により、定期金に関する権利の評価が見直されます。
(相続税法24条)
つまり、相続税の対策に利用してきた個人年金保険が使えなくなるんです。

個人年金保険など、年金形式で受け取る生命保険金の権利を取得した場合の相続税評価は、
相続税法24条に規定されており、年金受給年数の残存期間が長ければ長いほど評価の割合が下がりました。
(最大で20%まで圧縮)

例えば、現金1億円を相続した場合の評価額は1億円(100%)ですが、
毎年500万円を20年間に渡って年金形式で受け取る場合、受け取り総額が1億円であっても、
評価額は4000万円(*残存期間20年の評価割合:40%)となりました。

このように、年金形式で受け取る権利を贈与・相続した場合、受け取り総額より低く評価されるため、
生命保険が相続対策として利用されてきました。

しかし、今回の税制改正により、見直されることになります。

給付事由が発生している定期金に関する権利の評価は、
1)解約返戻金相当額
2)定期金に変えて、一時金の給付を受けることができる場合には、一時金相当額
3)予定利率等を基に算出した金額
の、いずれか多い金額、となります。

この適用は、平成23年4月以降の相続・贈与からになりますが、平成22年4月〜23年3月までの間に締結した契約については、
同期間内の相続・贈与から適用されます。

また、給付事由が発生していない定期金に関する権利の評価額は、原則、解約返戻金相当額となり、
22年4月以後の相続・贈与から適用されます。

つまり、ぎりぎり、22年3月末までであれば、相続税24条を使った対策が可能ではあります。
相続税の対策が気になる方は、担当者までお早めにご相談ください。

*詳細は所轄の税務署・あるいは税理士に確認してください。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

確定申告

昨日より確定申告がスタートしましたね!

申告が必要なのは自営業者や農家、年金受給者のほか、年収が2000万円を超えるサラリーマンなど。また、マイホームをローンで購入したり、年間10万円を超える医療費を支払ったりした場合は、還付申告で税金の払い戻しを受けることができます。

そして今年から2月の21日28日の両日曜日にも相談や申告が可能との事です!

日曜日に出来るなんて、これ今流行りのサラリーマンで副業をされている方を対象にした配慮なんですかね??

またe-TAXと呼ばれるインターネットでの申告もだいぶ普及してきている様でこれなら自宅に居ながら申告ができ、税務署で並ばなくて良いので便利ですよね!!

ここでPR!!
当社では記帳代行業務も行っております!!

日常の領収書の整理とか帳簿とか、結構申告前にバタバタとやられる方も多いと思います。。。何を隠そう、私も個人事業主時代はまさにそうでしたから(汗)

これ、結構時間も取られるし、面倒ですよね。。。
そんな面倒な事務は是非私どもにお任せ下さい!!

そうすれば申告開始日当日に申告も出来ますし、還付があれば早く戻ってきますから!!

記帳代行のご用命は当社岩切までご連絡ください!!
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

2010年1月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。

今日は2010年1月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2010年1月5日時点)

1位…ろうきんずっと優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年2.10%(1.25%優遇)/11年目以降1.25%優遇


2位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.317%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇


3位…新生銀行当初固定金利タイプ
当初10年2.25%(0.9%優遇)/11年目以降0.7%優遇


4位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
5位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
5位…ろうきん最初に優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年1.80%(1.55%優遇)/11年目以降0.4%優遇

7位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.70%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
8位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.30%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
9位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.85%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
9位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.35%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇

11位…三井住友銀行最初に優遇タイプ (自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年2.40%(1.85%優遇)/11年目以降1.2%優遇
12位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.90%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
13位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.25%(1.95%優遇)/11年目以降1.0%優遇
14位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年3.05%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
15位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.10%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇

15位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
17位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.20%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
18位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。



1位がソニー銀行からろうきんに変わりました。

全体的には前回の11月と比べてほとんど金利に動きがない結果となっています。

2010年は金利が上がるのでしょうか?それとも下がるのでしょうか?


※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせて他の住宅ローン商品も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。



posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

他人事ではない災難に注意を!

今週は松浦建二が担当しています。



昨日は福袋に惨敗した自分の話ですが、今日は知人の年始早々の悲劇についてです。


知人の妻等と買い物をしていた時に、その夫から一本の電話が。

夫はどこに行っているのかと思ったら、パチンコをしていたようで、そこからの電話です。

会話をしている妻の表情が突然変わったので、何事かと思い電話の後に聞いてみると、パチンコをしている最中にカバンを盗まれてしまったようです。

中身は、現金から運転免許証やクレジットカードなど大事なものばかりです。


警察を呼び、ひと通り処置はとったようですが、そのような状況下では、当然儲かるわけもなく、踏んだり蹴ったり状態です。


パチンコ店の防犯カメラに犯人が写っている可能性は高く、いつか捕まる可能性は高いですが、新年早々、随分と身近に犯罪者がいるのですね。


松浦はパチンコをしませんが、注意を怠るといつでも犯罪に巻き込まれる可能性があることを肝に銘じておきたいと思います。

みなさんも気をつけましょう。


知人には直ぐに初詣に行くよう伝えておきました。




posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

福袋で惨敗!

今週は松浦建二が担当します。



あけましておめでとうございます。


2010年最初のネタは福袋についてです。

年始は様々な小売店等から福袋が用意されて、我々庶民の消費活動を刺激してくれていますが、みなさんは何かゲットしましたか?

松浦も福袋を楽しみにしている一人で、特に中身が確認できる福袋やお得感が大きい福袋を求めて、元旦から街に繰り出しました。

今年は景気の影響からか福袋の流通量が少ないように感じたのですが、気のせいでしょうか?


まず最初に、元旦に気合を入れて狙っていたドーナツ屋さんへ足を運びました。

ところが、まだ元旦なのに何と売り切れ(ガーンタン)。

後にホームページで状況を確認したところ、発売開始が12月26日からになっていました。

それでは売り切れになるわけですよね。

福袋は年が明けてから発売するものだと思っていたので、年始早々がっかりです。


次に翌日大手スーパーをハシゴしましたが、ここには気に入ったものがなく、手ぶらで帰宅。


さらに大手衣料品店へ行っても、テンションが上がるようなものがなかったのですが、何も買えないのも悔しいので、何となく室内着の福袋をゲット。

ところがです。

帰宅してから開封したところ、外袋にはMサイズと書かれていたのに中身が全てLサイズ。

何とかなるかと試着してみたものの、明らかに大きすぎ。

後日、問い合わせしたら、もうMサイズがひとつも無い為、返品することになり、結局、何ひとつ福袋をゲットできなかったという結果に。


良い1年になるか不安になってきましたが、無理に消費をするなという忠告と受け止めて、2010年頑張って行きたいと思います。



2010年もお付き合いをよろしくお願い致します。




posted by TEC at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

生活保護受給世帯が増加中D

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

生活保護とは本来、病気で働けない、援助する親族がいないなどの場合に適用される制度だと思います。
ところが、現在の状態をみると、失業して生活が困窮しているから保護を受けるというケースが多いであろう、と推測されています。
つまり、健康上の問題もなく、働く意欲があり、仕事さえ見つかれば自立の道が開ける人たちの受給が増えているようなのです。
このままの状況が続くと、財源の制約もあるでしょうから、本来保護されるべき人たちに保護の手がさしのべられなくなる恐れも出てくるのではないでしょうか?


民主党のマニュフェストによると、全ての労働者が、雇用保険や社会保険、生活保護などのセーフティーネットに支えられ、社会的に排除されることのない仕組みを再構築するということになっています。
さらに、雇用保険と生活保護との間をつなぐ、第2のセーフティーネットも整備されるようです。


雇用機会の拡大が最善の解決策であることに間違いはないのですが、雇用される、あるいは、自立できるまでのつなぎ融資的な、無利子の公的貸付制度のようなものができないか、とひそかに期待していたりします。


生活保護の制度そのものが大きく変わる可能性もありますが、実際に、一人でも多くの人に自立の道が開けるような制度になることを期待しています。


一週間、おつきあいありがとうございました。
来週は遠藤がお届けしますので、お楽しみに。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

生活保護受給世帯が増加中C

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

しばしば公的年金を受給している世帯と生活保護を受給している高齢者世帯が比較されます。

例えば、夫婦で国民年金に40年間加入した場合、老齢基礎年金の額は夫婦合わせても、
月額約13万円となります。

一方、67才と65才の夫婦の場合、受給できる生活保護費は月額約18万円(生活扶助と住宅扶助)になるんです。

こうして、金額のみに着目すると不満の声が上がるのも分かる気がしますね。

しかし、実際には、生活保護世帯には一定の義務が生じます。
今日はそのあたりを。

たとえば、生活保護受給世帯では、預貯金や生命保険は解約し、自動車や貴金属などは売却しなければなりません。
原則、「資産」を持つことが許されていないからです。

また、受給世帯では、住宅ローンや消費者金融などの借入金を返済することができません。
これは、借金の返済=資産形成  と見なされるからです。

さらに、生活保護の申請時には、福祉事務所の担当者(ケースワーカー)の訪問を受け、
生活状況、家族、健康状態、収入や資産などの細かい調査も行われています。


支給決定後もケースワーカーの訪問を受け、収入や生活状況などを確認され、指導・指示をうけなければなりません。
このように、ある意味当然ではありますが、好き勝手に生活しているわけではないようです。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

生活保護受給世帯が増加中B

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

「収入の額」とは、就労収入だけでなく、
・ 公的年金・各種手当など他の法律によって支給されるもの、
・ 親族からの仕送り・援助、試算を売却して得た収入なども含まれ、さらに、
・ 世帯員全員の収入を合算
します。

生活保護は「申請主義」で、申請は全ての国民に「無差別平等」に与えられた権利となります。従い、生活保護を必要とするに至った理由などを問われることはありません。
よく市町村の窓口で申請書類をもらえなかった、追い返されたという話を聞きますが、これは生活保護法に違反しているのでは??

なお、生活保護には「補足性の原理」といい、活用できる資産、能力(働ける能力)、他の法律の制度(公的年金・雇用保険など)、そして、親や兄弟などから援助を受けられる場合には、これらを優先して活用しなければならない、とされています。

明日は生活保護受給世帯の生活について。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

生活保護受給世帯が急増中A

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

そもそも、生活保護とは、
日本国憲法第25条の理念に基づき、国が、生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度に応じた必要な保護を行い、最低限の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とした制度、となっています。
そして、その財源は当然「税金」です。

生活保護には
・ 生活扶助
・ 住宅扶助
・ 教育扶助
・ 介護扶助
・ 医療扶助
・ 出産扶助
・ 生業扶助
・ 葬祭扶助 
の8種類があり、どの給付が受けられるかは、保護が必要な人の年令、世帯構成、健康状態、居住地域などを考慮して決定する。

生活保護は全国を市町村単位で 
1級地―1/2、
2級地―1/2、 
3級地―1/2、
と6区分し、区分された「級地」に応じて保護基準が異なっています。

生活費が高い都市部は1級地―1に該当し、一方、生活費が低いとされる町村部では3級地−2に該当し、保護費が低くなっています。

生活保護は原則世帯単位で行われ、国が定めるその世帯の最低生活費の額と、世帯全員の収入の額を比べて、不足する場合にその不足額を生活保護費として支給しています。

明日は、生活保護の受給資格の「収入」について。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

生活保護受給世帯が急増中

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

今週は生活保護に関して書いてみますので、よろしくお付き合いください。

100年に1度の経済危機といわれてから1年たつが、現実には、生活保護を受給する世帯が増え続けている。
今年4月、厚生労働省は全国の生活保護受給者が、「09年1月時点で過去最多の161万8543人」に上ったと発表した。
前年同期比で、なんと約6万4000人の増加となった。

内訳を見てみると、

高齢世帯 約45%
傷病者世帯 約25%
障害者世帯 約11%
母子世帯 約9%
生活困窮者 約10%

直近で最も増加したのが、生活困窮者。

厚生労働省では、「高齢や傷病、傷害など就労を阻害する要因がなく、働ける人が多く含まれると考えられる」
と分析しています。
つまり、健康上問題なく、働く意欲があるにもかかわらず、仕事が見つからず生活保護を受給せざるを得ない世帯の受給が増えた、とみられます。

明日は、生活保護について確認してみます。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。