タグクラウド

2010年07月26日

梅雨 労働保険 サービス業

おはようございます!
今週担当の岩切です。

ブログのUPが遅れて大変失礼いたしました。

梅雨も明けて日差しの強い日が続いております。
皆様体調にはくれぐれもお気を付け下さい!

今週はランダムに色々な話題に触れていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今日は「平成22年4月1日から 雇用保険の適用範囲拡大」についてです。

雇用保険(一般にはよく失業給付のイメージから失業保険とも言われています)は、仕事を失ったときに失業給付などで生活を支える、働く人のためのセーフティネットです。短時間就労者や派遣労働者などの雇用保険の適用基準は、今まで「6か月以上の雇用見込みがあること」となっていましたが、さらに多くの人が雇用保険の適用を受けられるように、平成22年4月から、「31日以上の雇用見込みがあること」に適用範囲が拡大されました。
これにより今まで雇用保険に加入できなかった人も加入できる可能性が広がったわけです。
ただ、企業側からみると雇用保険分の事業主負担が増えることになります。
また、同じく4月からは雇用保険料率も改訂され保険料が上がっています。
posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。