タグクラウド

2010年07月08日

保険金年金受取りの二重課税認定

今週は松浦建二が担当しています。



6日や7日の新聞に「年金型生保に二重課税認定」との記事が載っていました。

一般の人にとっては何のことかわからないかもしれませんが、税理士や保険業界の人等には驚きがあったのではないでしょうか。


生命保険には、被保険者が亡くなって遺族が受け取る保険金を、一度に全額受け取るのではなく、何年かに渡って分割して年金のように受け取るようなタイプの死亡保険もあります。

新聞を読むと、このタイプの保険で、1年目の分割受け取り分について、相続税と所得税の両方で課税されることが、二重課税にあたると最高裁で判決が出たとのことです。


今後、取り過ぎた税金の返還や、課税対象の変更などが考えられます。

国や保険会社にとっては、しばらく落ち着かない時間が続きそうです。



今回、訴訟を起こしたのは長崎の主婦で、所得税が25,600円還付されるようです。

決して大きな額ではないのに、国に対して異議を唱えたことは非常に大きなことだと思います。


今後の動きを注視していきましょう。

posted by TEC at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156001439
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。