タグクラウド

2010年05月27日

遷都1300年 奈良のかしこい旅C

奈良を観光する上で、押さえておきたい知識その1。


それは、『なぜ?平城京にだけ外京が存在するのか?』ということです。

以前の藤原京、以後の長岡京、平安京ともにきっちり南北を軸とした長方形をしていますが、この平城京だけ東側に外京という都市計画に関係ない区画が存在します。


この外京って、そもそもなにか?とういと、藤原氏の私有地です。

平城宮から見て、この外京は日が昇る方向に位置し、やや高台になっていますので、外京から平城宮は見下ろすかたちとなります。


また、平城京に隣接する東側の区画は、藤原不比等の私邸で、その南側に天皇以外の皇族を見下ろすように位置取りされています。


つまり、天皇を中心とする日本の都の歴史の中で、この平城京だけは独特の政治事情の中で遷都された、ということを知っておくと、子供の修学旅行とは一味違う奈良観光になると思います。
posted by TEC at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151370160
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。