タグクラウド

2009年12月08日

生活保護受給世帯が急増中A

こんにちは。 一週間ブログを担当する小池です。

そもそも、生活保護とは、
日本国憲法第25条の理念に基づき、国が、生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度に応じた必要な保護を行い、最低限の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とした制度、となっています。
そして、その財源は当然「税金」です。

生活保護には
・ 生活扶助
・ 住宅扶助
・ 教育扶助
・ 介護扶助
・ 医療扶助
・ 出産扶助
・ 生業扶助
・ 葬祭扶助 
の8種類があり、どの給付が受けられるかは、保護が必要な人の年令、世帯構成、健康状態、居住地域などを考慮して決定する。

生活保護は全国を市町村単位で 
1級地―1/2、
2級地―1/2、 
3級地―1/2、
と6区分し、区分された「級地」に応じて保護基準が異なっています。

生活費が高い都市部は1級地―1に該当し、一方、生活費が低いとされる町村部では3級地−2に該当し、保護費が低くなっています。

生活保護は原則世帯単位で行われ、国が定めるその世帯の最低生活費の額と、世帯全員の収入の額を比べて、不足する場合にその不足額を生活保護費として支給しています。

明日は、生活保護の受給資格の「収入」について。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。