タグクラウド

2009年11月19日

民主党マニュフェストと家計 そのA


こんにちは、FP藤原です。


昨日書きました通り、所得控除の撤廃による増税政策を前提として、その上で子育て支援政策を行うというのが
民主党のマニュフェストに書かれております。


@出産一時金

 35万円⇒42万円(2009年10月)⇒55万円へ増額(+13万円)


A子供手当て

 0歳から中学生までの子供一人につき年額31.2万円(月額2.6万円)の給付


B公立高校授業料無償化

 約24万円?


C大学生・専門学校生向け奨学金制度創設

 (多分、)借入制度なので効果は0円



損益は、皆さんそれぞれご計算いただくとして、私たちFPが相談業務で意識すべきは、高校生から大学生の子供を持つ世帯での年間収支が、これまでより悪化するだろうということです。

現在でも、大学生を子供に持つ世帯の借入利用率は40%を超えていると言われています。

だからこそ、私はこれまでもこの部分に対する資金準備の必要性を強く説いてきましたが、民主党の政策を進めることで更に強調する必要があると思われます。

 

posted by TEC at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。