タグクラウド

2009年11月10日

来年に期待(政治)

みなさんこんにちは、今週当番の加藤です。

さて今日からは「来年に期待する・・・」と題してお送りいたします。

まず初日は・・・「政治」です。


皆さん、今年は大変革の年でしたね。
なんといっても政権与党が変わり、内閣総理大臣が民主党から選出されることになりました。
鳩山由紀夫総理大臣です。
宇宙人と称される彼のポリシーは「友愛」、これは外国では「YOU&I」という表現でも使われています。
日本語と英語では意味がまるっきり違いますが、よくよく考えて見ますと・・・なにか一緒のような気もします
やはり不思議な方ですね・・・


そんな民主党が政権を担っている関係上、あちこちの方面で政策がガラリと変わっています
無駄な国家予算をしぼり、必要とされているところへ再配分する・・・ことで大きな変革を見ています。

その中には、大胆な変革も少なくありません。

その急先鋒が郵政解散当時からすっかり皆の注目を浴びている「日本郵政問題」、そして「中小企業に対する元金返済猶予」などなど・・・
かなり大胆なやり口・・これを担っているのが亀井静香(ぜんぜん静かではないが・・)金融・郵政改革担当大臣です。

とにかく変わった方ですね・・・HPも変わっていて凄いです。
(いきなり大きな音が出ますのでクリックの際は注意してください)こちら

こんな風に大きな転機が生まれた政変の年の翌年が来年なのです。

おそらく、良い意味でも悪い意味でも「ごっちゃごちゃ」になるのではないでしょうか。

そもそも国内ではまだ良いにしても、問題は諸外国との関係です。
早速普天間基地問題でも米国とは話し合いを余儀なくされています。
どうも米国政府などはこの民主党政権が果たして続くものなのか?村山政権・細川政権のように簡単に終わってしまうものなのか?を非常に興味深く、また慎重に見ているのではないでしょうか。
裏を返せば、まだまだ信用度の低い政府ということでしょう・・・


今年はとにかく政権を勝ち取った年ですから、何でもかんでもといっていいくらい政府はある意味「大盤振る舞い」気味です。
来年以降、まさに真価が問われます。

個人的には大きな判断は避けてもらいたい
まずはこの1年を通して、今進行中の懸案を完全に実行に近づけてほしい、という気持ちです。

ホームランや長打は要らないので、コツコツとバントヒットや盗塁、犠牲バントや犠牲フライで得点を重ねてほしい
そんな風に感じています。

鳩山政権が、ブルンブルンと三振の山を築くのは止めてもらいたいところです・・・




では、また明日。
posted by TEC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。