タグクラウド

2009年09月25日

エンゲル係数 ではなく エンジェル係数

9/25(金)今日の銀行は非常にゴッタガエしておりました。
そんな中、ATMの長蛇の列に並んでいた私にやっと順番が・・・
急いでATMにとりついて「いざカードを!」「???」
「あああっ!生体認証対応ATMじゃあない!?」
並び直しました・・・

さて、今日は「エンジェル係数」(家計支出に占める子育て費用の割合)
についてお話しします。

お子様のいるご家庭で中学受験を考えると小学校3年生くらいから
塾通いが始まるパターンが多いようです。
年々教育に係るお金が増える中、今後の見通しで興味のあるニュースがありました。

それは「ニッセイ基礎研究所」がまとめたもので、少子高齢化や人口減少で、
21年後の2030年の個人消費は2005年より7パーセント減少するということなんです。
高齢化の進行で70歳以上の世帯は増えるので、消費も53パーセント増加しますが、
60代以下の世帯では軒並み減少し、特に30代の世帯では35パーセント、
30歳未満の世帯は33パーセント減少し、世帯主が30代以下では3分の2にまで落ち込むとしています。
これに伴い、子どもの学校や塾の費用など「教育」関連の支出は21パーセント、
自動車の購入など「交通・通信」は12パーセント、「食料」は5パーセント、
「家具・家事用品」は4パーセント、いずれも減少するとしています。

これをみるといま小学生の子供たちが大人になって子育てを始める頃には今の我々の時代と
お金の使い道がずいぶん変わるのでは?と思ってしまいます。

その頃にはFPセミナーの内容もずいぶん変わってくるのかな〜と考えてしまいました。
posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。