タグクラウド

2009年08月03日

ETC 高速1000円って

いよいよ8月に入りましたね!

お子さん達は夏休み真っ最中って感じですね(^^ゞ

今週1週間は寺岡がお送りいたします。

さて、高速道路のETC割引1000円もだいぶ定着してきているようで、私も5月と7月に浜松までその恩恵にあずかりました!!

でもあの渋滞何とかならないのかと感じる方も多いのではないしょうか。。。。


という事で本日は高速のマナーに付いてのお話!

東名高速の場合の制限速度は時速80キロ区間と100キロ区間があります。

そして100キロ区間で、追い越し車線を悠々と80キロくらいで走行される方が多く見受けられます。。。

後ろが詰まって来ても一行に走行車線に戻る気配がありません。。。

これが渋滞を引き起こす原因になります(^^ゞ

日本の高速道路は基本的に走行車線、追い越し車線からなります。
よって右側の追い越し車線をずーと走行しているとこれは「通行区分違反」という違反になり1点、反則金6千円が科料されます。

これって意外と知らない方が多いみたいで。。。

様は通常は走行車線を走り追い越しの時だけ追い越し車線に出るのが正しい走り方なんです!

この走り方をしていると意外と速い車が先に行き、遅いクルマは自分のペースを守りながら走行することが出来ますので渋滞や事故が少なくなるんです!

クルマ大国のドイツの場合、後ろから自分より速い車が来た場合おのずと道を譲るという習慣が古くからあります。
でも、クルマに興味のない方が後ろから来る車が自分より早いかどうかは中々判らない。。。

その為にドイツ車はクルマの顔!そう、メルセデスならどんなクラスの車種が来ても一目でメルセデス、BMWの場合も同じく一目でメーカーがわかる様にクルマのフロントデザインを変えないという工夫がされています!
その為に以前は小型車のメーカー、大型車のメーカーと言うようにクルマの車格を絞って生産していたんです、但し、最近は日本のメーカーの様に小型車から大型車まで1つのメーカーでラインナップする様になりましたが(^^ゞ

このように高速道路のちょっとしたマナーを理解し、自分の車の性能等を考えて走ることにより渋滞は緩和され、安全に走ることが出来るんですよ!

明日も続きをお送りいたします。


posted by TEC at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。