タグクラウド

2009年01月15日

建築から生まれた言葉

本日もまだ、九州にいるはずの増岡です。

建築から生まれた言葉はいくつかあります。

代表的なものに「うだつが上がらない」という言葉があります。

これは、地位・生活などがよくならない。ぱっとしない。という意味で、由来も知っている方も多いと思いますので飛ばして


「几帳面」という血液型A型の人の性格を総じて使う言葉がありますが、これも建築用語の一つだそうです。

kichomen2.jpg

床の間などにつくられた違い棚の小柱の角や
室内の仕切りに使う衝立の柱に施される面取りの細工を差す言葉です。

このような細かい装飾は、職人がきちんと正確に作業をしなければ
美しく仕上がりません。

これが転じて、物事をきちんと行うまじめな人を
几帳面な人と言うようになった、と言われています。

調べてみると、
「羽目を外す」「本音と建て前」
「ひのき舞台」「しのぎを削る」などなど

今でも建築用語が一般的に使われていることは
建築がいかに身近なものかということを表しているのではないでしょうか。

今回もまた、大きく3回うなずいていしました。

明日は九州視察(新年会)の報告予定です。
posted by TEC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。