タグクラウド

2010年08月13日

生命保険契約は受取り時の税金を考慮しよう D

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。


個人年金のように「生きている間に自分で保険金や年金を受け取ることを前提に契約するタイプ」の保険は、「自分で金を払って(=契約者)、自分を受取人にする」のが基本になる。

注目したいのは贈与税が課税された後の毎年の所得税について、国税は二重課税として来年度の税制改正で見直しをするのかどうか。

いずれにせよ、私たちは保険設計書の中で増えた・減った、と一喜一憂するのではなく、実際の「手取り」がどうなるのかをきちんと検証し、プランを実行する必要がある、ということを肝に銘じたい。


*詳細に関しては、税理士か、最寄りの税務署に確認をしてください。


一週間のおつきあい、ありがとうございます。
来週は遠藤がお届けしますのでお楽しみに。
posted by TEC at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。