タグクラウド

2010年07月21日

ライフプランと数字 〜結婚〜

今週担当の藤原です。


独身の方のコンサルティングを行う場合、私たちFPは、今後のご結婚についてのデータ確認を行います。


何歳で結婚するか?相手の年齢は?相手の資産・収入は?その後はダブルインカムか?・・・

などなど、キャッシュフロー表を作るために、全てを数字にしてもらいます。


そもそも、結婚する際に、お相手のことを数字で測るようなことをするケースは少ないと思いますが、結婚後の人生を考える際に、必ず数字にすることが必要になります。


いつもそんな感じで根掘り葉掘り聞いてばかりですので、私の結婚について、数字を公表しましょう。

同い年の妻と出合ったのは、22歳の夏、その後務めることになる会社の内定式です。

付き合い始めたのは、そこから約2年後。24歳のGWだったと思います。
トキメキの絶頂です。

結婚したのは、付き合い始めてから1年半後の25歳秋です。
付き合いは落ち着いたもので、勢いで結婚したようなものです。

結婚してから4年間は、同じ会社で勤めました。
四六時中同じ環境で、イロイロと情報は筒抜けなので相当なストレスを感じました。

29歳で私は脱サラし、FPの道を歩み始めますが、プライベートも新しい道を・・・なんてことも頭をよぎった時期です。

私の仕事が落ち着き始めた頃、34歳で今度は妻が転職します。
イロイロと妻のフォローが必要となり、またまたストレスを感じます。



ええ・・・

このように書いていると、なんで夫婦関係が続くのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが・・・

人はしてもらったことを忘れ、負担したことをいつまでも覚えているものですのでこんな書き方になります。

ただ、妻を赤い糸で結ばれた人だと思うことはありません(笑)

他の誰かと結婚していれば、また違った人生があったのだろうと思います。


しかし、私にとって、妻はかけがいのない人です。私と13年間ともに家庭を築き上げてきたたった一人のパートナーですから、今後も大切にしていきたいと思います。



さて・・・


私が言いたいことが何なんか?
この時点で分かったあなたは、相当な切れ者ですが、そうでないあなたには説明が必要でしょう。


現在、年間で結婚する人は、約70万組=約140万人です。

毎年、毎年、毎年・・・140万人が結婚します。



わかりますか?結婚ていうものは、数字からみると特別なことではないということです。

自殺者は年間3万人。

自己破産する人は、年間20万人。


まあ、奇跡的なめぐりあいによって起こるものではなく、みな周りの誰かと結婚していくということではないでしょう・・・か???私のように。



ですから、良い結婚相手に巡り合えないと考えているあなたは、考え方を変えた方がよいと思います。

みな、周りの人と結婚してるんです。大事なのは、誰と結婚するかではなく、結婚してから共に何を築いていくかではないでしょうか?


何かを築けば、それを共に守っていくことが必要です。

我が家にも先日子供が誕生しました。
これから先、20年ほどは、子供の人生を力を合わせて守っていかねばなりません。いろいろ大変でしょうけど、楽しみです。

また、その先は妻と二人の家庭に戻ります。
またそれも遠い先の楽しみです。

この楽しみを壊さないために、私は、皆さんの家計を守る仕事をしながら、自分の家計を守っていかなければなりません。




巡り合いを求めてさまよっているあなた・・・

確実に言えることは、共に築いていく時間が、毎日1日ずつ減っていっているということです。

とくに、あなたが収入を得られる(定年を迎えるまでの)時間も毎日減っていっていることを忘れないでください。




ちなみに離婚件数は、年間30万人。

これも特別なことではないようです。
posted by TEC at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。