タグクラウド

2010年06月30日

残念

今週担当している増岡です。

今日は寝不足の方が多いのではないでしょうか。

昨晩の日本代表のパラグアイ戦は残念な結果となりましたが、実力どおり戦えたと思います。

胸を張って日本へ帰ってきてください。


それにしても0-0、延長でも決着つかずPK戦。

駒野選手がはずし、万事休すとなったわけですが、まぁ駒野選手は責められませんよね。

私も昨晩は、家族の寝静まった後、携帯のワンセグでひっそりと見ていたのですが
一番決めて欲しかったのは、本田選手の真ん中辺りからのミドル。

松井選手から絶妙のパスを受け、放ったシュート。

左にはずしてしまいましたが、あれは決めて欲しかった。

エースなら。

残念。

非日常から日常へ戻ります。
posted by TEC at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

誤審

今週は増岡が担当しています。

ついにやってきました決勝トーナメント1回戦。相手はパラグアイです。

今日は皆さん、仕事も飲みも早く切り上げて11時にはテレビの前にスタンバイと言うところでしょうか。
私もその一人ですが…


それにしても今回のワールドカップは誤審が多いようですね。

最たるものは、イングランドのランバート選手の幻のゴール。
イングランドにして見れば堪ったものではないでしょう。

スポーツの誤審は、された方はよく覚えいるものです。
柔道の篠原選手が、フランスのドゥイエ選手に負け銀メダルだった試合
あれで大喜びしているフランスの選手を見るにつけ、あんな勝ち方で大喜びし、情けないのと同時に怒りがこみ上げてきたのを覚えています。


一方のドイツに眼を向けてみれば、国をあげて大喜びのようです。
ドイツにしてみれば44年前のお返しだそうで、因縁の対決だったのですね。

新聞紙面では、大衆紙はおろか高級紙まで、感情むき出しの見出しが多かったとか…

そう考えれば、誤審を容認するわけではありませんが、これもスポーツなのかなと。


イングランドもあの後、粘って再度同点にでもしていれば、流石はイングランドと拍手喝采だったのではないでしょうか。

当然、こういうこともありえると頭の片隅に置き、気持ちを切り替えるだけの精神力も必要なのかなとおもいます。

何はともあれ、頑張れ!!日本!!!

posted by TEC at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

梅雨空を吹き飛ばせ

今週1週間担当させていただく増岡です。

空梅雨かと思いきや、関東もすっかり梅雨らしい空模様になってきました。
ジメジメとした過ごしづらい季節となりましたが
案外、皆さん晴れ晴れとした方が多いのではないでしょうか?

そう、サッカーワールドカップ南アフリカ大会で、我らが日本代表がグループリーグを突破し
決勝トーナメントに進みました。

カメルーン、オランダ、デンマーク相手によもやの2勝1敗と大健闘(失礼!)
3敗を予想していた人が多かったのではないでしょうか?

TECのメンバーでサッカーに明るい人たちも3敗と予想していたと記憶しています。


今回のグループリーグを見てサッカー素人の私が感じたことは
サッカーはつくづく団体競技なんだなぁと言うこと。

選手とベンチと力を合わせないと、いかに個々に技量の高い選手を集めても
結果は伴わない。

イタリアやフランスなど、多少のことがあってもグループリーグは突破できると思っていたのですが
まさかの最下位で敗退…

そういえば、カメルーンのエトー選手と監督ももめてましたっけ。

そこで日本はと言うと、エースナンバー10番を背負う中村選手。

完全に主役を本田選手に奪われた形になりましたが
彼がピッチの内外でどこまでチームをまとめられるかが
決勝トーナメントに向けて必要不可欠なことではないかと
素人ながらに思っています。

素人ついでに疑問が一つ。

イングランドは何でイギリスではないのでしょうか?
「ぐぐれ」と言われればそれまでですが…

どなたか分かる方、宜しくお願いしますm(_?_)m

posted by TEC at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

研修の途中でハワイに寄りました。

こんにちは、遠藤です。


研修の途中でハワイに寄りました。





な〜んて、アメリカじゃないんです。



鳥取です(^_^;)。


鳥取に羽合(ハワイ)があるんですよ。


ローソン鳥取ハワイ店
http://cvs.mayonaka-navi.info/stores/18746/


衝撃的でした(笑)。



鳥取県の倉吉で研修してました。


この日も、日帰り弾丸出張です。


現地滞在4時間で、研修終わって、
すぐにとんぼ返りです。


大手金融機関さんからの依頼です。


突然、ハワイに行ってしまったせいか、
帰宅したら熱が38.6度もありましたよ(^_^;)。


気合が入っているので、研修中は全然
気になりませんでした。


いや〜、それにしても今週もよく働きました。



では、また次の出番まで(^.^)。









posted by TEC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

FMラジオ放送に生出演して。

こんにちは、遠藤です。


今日は、横浜を中心にして放送される、FMサルースさんに
生出演しておりました。


番組では、貯蓄、保険、住宅ローン、金融商品、相続など、
マネービギナーが知るにはなかなか専門的で難しいテーマを
わかりやすくお話させてもらいました。


パーソナリティの方から知りたいことをドンドン質問して
もらって、それに回答させてもらいました。


僕は何度かラジオにも出演させてもらっているので、結構
リラックスして、お話させてもらいましたよ。


ラジオは、目の前に人が見えないので、反応が分かり
ずらいんですが、リスナーの人から感想など届けば
うれしいですね。


好評らしく、レギュラー化のオファーを頂いてます。



どうしましょう(^.^)。





posted by TEC at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

複数の中古車販売店を経営されている社長と。

こんにちは、遠藤です。



本日はコンサルティングのため、都内某社を
訪問しておりました。


こちらは、東京・神奈川で複数の中古車販売店を
経営されていて、おかげ様で、この不況でも
関係なしの業績を上げてるんですね。


中古車販売は利益率があまり高くありませんし、
しかも、商品である車自体で差別化することは
できません。


ですから、すぐに価格競争に巻き込まれるんですよ。


そこで、


いかに価格競争に巻き込まれず、


【 価値を創り出していけるかが

      勝負の分かれ目 】


        だと僕は思っています。


また、その価値をいかにしてお客さんに
伝えていくかが、面白いとこなんですね。


業界自体は古い体質なので、こういう業界は、
異業種の発想を取り入れると、一気に成果が
出るんですね。


今回も社長とじっくりお話して、戦略を練ってきましたよ。


今後、どうなるかとっても楽しみです(^.^)。








posted by TEC at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

某雑誌とのジョイントで。

こんにちは、FP遠藤です。


今日は、某雑誌とのジョイントで、
30代ママのためのお金の貯め方増やし方セミナーを
開催してました。


このセミナーは好評で、およそ8年間にわたり継続開催
されており、90回以上開催しているんですね。


今回も、僕が講師を務めて、運用や老後のお金の話を
させてもらいました。


参加して下さる方は、皆さんマネービギナーですが、
楽しみにながら、お金の知識を身につけてもらっています。


中には、一年で100万円貯めるぞって、やる気マンマンに
なってくれる人もいらっしゃるんですね。


やっぱり、僕らはクライアントの現実がいい方向に
変化していくお手伝いをするわけですから、


セミナーを受講した人が、実践に移ってくれると
とってもうれしいです。


また、来月も開催しますから、がんばります(^.^)。





posted by TEC at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

大手金融機関が主催のセミナーで。

こんにちは、FP遠藤です。


先日、某大手金融機関さんの主催で、
税理士さん対象のセミナーで講師をしてきました。


最近の税理士さんは、顧問先獲得で競争が
激化しているんですよ。


だから、ただ資格を持っていれば、安心して
経営できるわけじゃないんですね。


他の税理士事務所との差別化を図るために、
いろいろな勉強をしているんですね。


今回も、参加してくださった税理士さんは
必死で僕の話にメモを取って下さっていましたよ。



セミナー終了後にも、たくさんの方から質問を
頂きました。



こんなにも、質問が活発に出る研修は、めったにないと
主催者さんも驚いてました。



盛り上がって、よかったです。








posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

宙に浮いた年金 最終回

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。


年金記録漏れが見つかるケースは、
・ 結婚や離婚などで旧姓のある人、
・ 結婚前に会社に勤めていた女性、
・ 転職歴がある人、
・ 同じ会社内で転勤している人、
・ 姓名が読み間違いされやすい人、
・ 短期間のパートやアルバイトをしたことがある人、

などが挙げられる。

誰でも一度くらいは経験したことがある出来事が関連していることからも、今一度、自分の年金記録を確認しておこう。

なお、引越しした場合、会社員は転勤先で住所変更をしてもらわないと、ねんきん定期便が届かないので気をつけたい。


一週間のお付き合い、ありがとうございました。
来週は遠藤が担当します。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

宙に浮いた年金 C

こんにちは。ブログ当番の小池です。

今日は、年金記録の統合、に関して。

年金記録の調査はねんきん特別便などに同封されている返信用封筒に「加入期間漏れあり」と返答すると開始される。
が、しかし、できるだけ年金事務所(旧社会保険事務所)など窓口に直接行かれることをおすすめする。

なぜなら、年金記録の漏れを調べるためには本人の詳細な職歴や、20才以降に住んだことのある住所地などの情報が必要で、本人に記憶をたどってもらうのが最も確実な方法となるから。

年金事務所は混雑しているイメージがあり、来訪を敬遠する人が多い。が、実際には、年金記録の相談窓口は一般の年金相談窓口と分けていることが多く、それほど混雑していない。

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

宙に浮いた年金 B

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。

東京は・・・、晴れてます。午前中の豪雨の予想は・・・・。


さて、本題です。

宙に浮いた年金記録の持ち主を探す方法として採用されたのが、いわゆる「ねんきん特別便」である。

ねんきん特別便は、当初、08年10月までに、
「すべての年金受給者と、年金加入者に対して、加入履歴の通知と、その内容確認を促す」
ことが目的であった。(はず)

名寄せの結果、未統合の年金記録と結びつく可能性がある約1030万人には通常のケースと分けて、青色の封筒で発送した。

また、09年4月からは「ねんきん定期便」が国民年金と厚生年金保険の被保険者に対して誕生日の月に送付された。

ねんきん定期便の目的は自分の記録を確認するためであり、記載内容は年金加入期間や将来受け取る年金見込み額、厚生年金保険の標準報酬月額等である。

「ねんきん特別便」に未回答の人や「訂正なし」と回答した人で、記録に誤りがある可能性がある人や、厚生年金保険の標準報酬月額等に誤り(改ざん)がある可能性が高い人にはオレンジ色の封筒で送付されている。

このように、封筒の色で加入漏れや誤りの注意喚起をしているが、あまり認知されていないようで、未だにいずれの配送物に対しても未回答であったり、問い合わせをしていない人がいる。

お手元の封筒の色、改めて確認してみてください。
posted by TEC at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

宙に浮いた年金 A

こんにちは。(というか、すでにこんばんは、ですね。)
今週のブログ当番、小池です。

今週は、サッカーワールドカップでの日本代表の活躍には目もくれず、持ち主が不明な年金記録の現状を確認しています。


日本年金機構によると、2010年3月22日現在、未統合の年金記録 5059万件のうち、
1493万件が基礎年金番号に統合済み、つまり、持ち主が判明した、とのこと。
1118万件がねんきん特別便などにより解明作業展開中。
995万件が今後さらに解明を進める記録。
1579万件がすでに死亡・脱退手当金を受領している、など、一定の解明がされた記録、
となっているそうです。

公的年金制度では老齢・傷害・遺族年金のいずれも保険料納付の記録が受給要件として問われるため、
「さらに解明を進めなければならない995万件」!
これだけの件数が、
まったく「受給権が発生しない」、あるいは、「正しい年金額が受け取れていない」 
と、いうことになる。


ただただ、早期解決を望みます。



posted by TEC at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

宙に浮いた年金

こんにちは。一週間ブログと担当する小池です。

天気予報によると、今日も・明日も・明後日も・雨雨雨・・・。
今日は早く帰って さむらいジャパン の応援でもしようかな、と予定している方も多いのでは?
私は、雨の中、外出の予定があり、リアルタイムでの応援はあきらめました。


さて、5095万件!もの持ち主が不明な、未統合の年金記録が発覚したのが、今から4年まえ。 
いわゆる、「宙に浮いた年金問題」です。

あれからこの莫大な未統合の年金記録の持ち主を探すために、
時間と労力と税金を投入し、年金受給者本人やその家族、現役加入者、事業者などの
協力などで統合作業が進められてはいるが、未だに全件解決にはいたっていません。

ということで、今週は 宙に浮いた年金問題 のその後を検証してみようと思います。

よろしくお付き合いください。

posted by TEC at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

ホスピタリティD

さて最終日、今日はこのホスピタリティの企業に及ぼす影響について書いて締めくくります。

今週前半に書いた某結婚式場の事を思い出してください、そして昨日のリッツカールトンの事を!
この2会場、どちらに行きたいですか??

当然リッツカールトンですよね(^^ゞ

この某結婚式場がホスピタリティを軽視する事によりどのような経営的損失をしているかと言う事です!

前にも書きましたがこの会場バンケットが5個あります、と言う事は1日1組の結婚式を取ったとして土日のみのだとしても5会場×1日×100日=500組の結婚式を受ける事が可能です!
でもこの会場の実態は年間300件位。。。1件の予算が平均200万としても200万×200件=4億円の取りこぼしがあると思います。

ですから経営陣としてはなんで宴会が取れないのかが不思議になります。。。となると営業に「頑張れ」と言う掛け声とともにお尻をつつく訳です。。。これ本末転倒。。。

経営陣が目にしなくてはいけない所は「ここで結婚式や宴会をしたい!」と思ってくれるお客様を一人でも多く作る為に今会場としては何をすべきかと言う所なんです。。。

そう、お客様に感動を与えられるスタッフを育てる事が一番の経営改善の手段なんです!!

それにはそこで働く全員(社員もバイトも派遣も)の気持ちがその宴会をどうしたら最高の物に出来るかと言う事をチームで考えそれを実行しなければなりません。。。

となるとお客さまからのクレームに関しても真摯に受け止めみんなで改善するにはどうしたらよいかを話し合い、またお客様を感動させられたスタッフやチームにはご褒美を与えたり賞賛をする事でスタッフ全体の士気を高める事も出来ると思います!

そしてこの良い雰囲気が会場に充満すればおのずとお客様には感動を与える事が出来る様になります!!

働く者一人一人が自分からホスピタリティの事を考え、経営陣はその事を評価しする事でこの会場自体もすぐに収益の改善が図れる事になります。

どんな企業でもホスピタリティを重視する事により働くものの士気も上がりその企業に対してもファンも増え、結果企業の収益は上がる事になると私は思います!!


どうぞ、この機会にご自分の中でのホスピタリティと言うものを考えてみてください。

1週間有難うございました。

来週は小池がお送りいたします。
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ホスピタリティC

さて今日はホスピタリティはどうしたら身に付くかと言う事です!

一般的にホスピタリティってサービス業の方だけが必要と考えられてますが実際それだけでしょうか??

色々な業種、職種でもこのホスピタレティをご自分で意識する事によりより良い人間関係を築く事が出来るのではないでしょうか。

たとえば営業マンがお客様に対して場合や会社員でも部下や同僚に対してこのホスピタリティの気持ちを持つ事により周りの人から信頼され、素敵な人になれるのではないでしょうか!

では、どうしたらホスピタリティが身に付くか!

簡単な事なんです!

自分がされた小さな心地よい事を意識して記憶に留めそれを相手に実行することがまず第一歩だと思います!

たとえば営業マンが取引先にこれからの時期訪問した場合、訪問先の方から冷たいおしぼりを出されたとしたらどうですか??
暑くて汗もかいていてそんな中この冷たいおしぼりって凄く嬉しいですよね!!
そんな事なんですよ!ホスピタリティとは(^^ゞ

相手がどんな事をしたら喜ぶか?それを普段から意識にとめて気付きを増やすこと!
その習慣を付ける事により最終的には「自分の行動がどうしたら相手に喜んで貰えるか」と言う事を常に考える様になります!!

あの最高のホスピタリティで有名なホテル「リッツカールトン」ではその「ホスピタリティ=気づき」を最高のものとする為に働く者すべてにある一定の金額を気づき=ホスピタリティの為に使う予算として与えており、その従業員はその予算で自分がどうしたらお客様に最高のサービスを提供できるかを考えるのです!

こんな話もあります。
とある年配の夫婦がご主人の退職後初めての奥様の誕生日をこちらのレストランで過ごしました、当然今まで家族の為に仕事一筋で奥様の誕生日や結婚記念日すら忘れていたご主人、彼は今までの人生において共に歩んでくれた奥さまに対し感謝の気持ちを込めてこちらを予約。。。
でも仕事一筋の男性。。。ここで多くのサプライズを企画することなどとても無理。。。彼としては自分でレストランを予約する事で精いっぱいでした。。。そしてその予約の時にご主人と話をした予約係が機転を利かせ、今回のディナーの目的を何気なく伺い、そしてご主人が精いっぱいで予約をしている事を感じとりました。

当日、ご夫婦での何十年振りかの高級レストランでのディナー!
お二人ともお洒落をして美味しい料理とお酒を楽しみいよいよ最後のコーヒーの時間、そこにスタッフがデザートを運びます!
そしてその奥さまのプレートには「お誕生日おめでとうございます」の文字とロウソクが!!

この突然のサプライズにご主人もビックリ!!そしてそれをご主人が頼んだと思った奥さまはさらに感動!!目に涙を浮かべられてました!

これがチーム一丸となったホスピタリティなんです!!
あくまでもご主人が頼んだかの様に振る舞いご夫婦に感動を与える事が出来たんです♪

良い話でしょう♪今の若いご夫婦では当たり前のリクエストでもこの年代の方にはとても恥ずかしくてこのようなリクエストをする事は出来ません、だからこそスタッフがその気持ちをくみ取り最高の時間を過ごすためにスタッフみんなで考えた最高のサービスなんです!

このようにホスピタリティ=気づきは「どんな事をしたら相手が喜ぶか、感動をしてもらえるか」と言う事を常に考えている事により自然にその行動が出来る様になるんです!!
皆さんも今日から気づき!少し意識してみてはいかがでしょう!!
きっと周りの方からの信頼が今以上に上がり素敵な人になれると思います!!

さて明日は最終日、このホスピタリティがもたらす企業の効果についてをお話します。
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ホスピタリティB

さてさて、昨日の続きですがではホスピタリティとはどんなものかと言う事について今日は話します。

漠然とホスピタリティと言っても???な感じですよね。。。

ホスピタリティを辞書で検索すると「訪問者を丁重にもてなすこと。」とあります!

つまり、いかに訪問された(お客様)方が喜んで貰えるようにもてなす行動を取れるかと言う事なんです。

たとえば何度か訪れているレストランに行った時、お店の方が「●●様いらっしゃいませ」と言ってくれたらどうでしょう??

自分の名前を呼んで招いてくれると言う事もその場でなんとなく良い気持ちになりますよね!

ハワイ好きの私はホノルルで泊るホテルは必ず同じ所にしています、それはそのホテルのホスピタリティがとても心地よいから(^^ゞ
空港からレンタカーでホテルに付くと「チェックインですか?」と聞かれ、その後に「お帰りなさい!Mr寺岡」と言われますこれが何とも嬉しくて♪
当然客の名前を全員覚えてる訳でもなく私がVIPの客でもありません。。たぶん荷物をクルマから降ろす時にでもタグを見ていたりとお客様の名前を探しているんだと思います。
本当にこんな些細な事なのですがそれがお客様にとっては大きな喜びになるもの!それがホスピタリティなんです!!

またこんな些細な行為でもお客様は不快に感じる事があります。

良くレストランなどの飲食店で店のスタッフと狭い通路で立ちあう事ってありませんか??
向こうは料理を運んでいる途中で両手にお皿を持っています、こちらはトイレに行こうとしてます。
みなさんならこの状況どうしますか?お店のスタッフの立場で考えてください。

スタッフとしては少しでも早くお客様に料理を運びたい気持ちは山々ですよね。
そしてお客様はその姿を見て止まってくれてます。

となると「失礼いたします」とでも言って先に行ってしまうケースって多くないですか??
ほとんどの飲食店の場合このケースがほとんど。。。そこで1秒とか2秒待たされたお客様事態も何も不快感は感じないかも。。。

でも、これは大きな間違い!!

ここでお客様が止まってくれていてもホスピタリティを考えるスタッフはいったん止まり「どうぞ!」とお客様を先に通す配慮が必要!!
先ほども書きましたが待った所で1秒2秒の世界、それで料理は冷めませんから。。。

この時のお客様の心理的に「どうぞ」と言うたった一言でそのスタッフに対する評価は知らず知らずうちに高くなっているのです!!

高級レストランやホテルなどで一度確認してみてください!
ホスピタリティの良いお店では必ずこの時にスタッフがいったん止まってるはずですから!

本当に小さな事ですがこの積み重ねでお客様はその店に対して無意識に評価が高くなっているのです!

明日はどうしたらソノホスピタリxティが身に付くかをお話します!
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ホスピタリティA

さて昨日の続き!

この会場さん、当然の事ながらその会場で働く方々のホスピタリティの欠如と一人一人の仕事に対するモチベーションの低さの為に経営側にも大きな損失を与えています。。。

こんな話もあります。
良くレストランにしても宴会場にしてもサービス業はお客様からのクレームやご意見を伺う事をします。たとえばアンケートなどなど。。。

当然この会場も結婚式を挙げられたお客さまからのサンキューメールを頂くようにしています!(これ自体は凄く良い事です)

そしてその内容の中にはおほめの言葉以外にも当然クレームも沢山。。。

それをスタッフの控室に張り出してあります!これも凄く良い事ですよね、多くのスタッフがそのお客さまからのお言葉を読んで嬉しく思ったり、気を付けようと思うから。。。

でも。。。この会場のスタッフ。。。それをほとんど見ていない。。。
ただ形式的に上司が張っているだけ?

そして一番の問題はその中のクレーム対してスタッフとミィーティングなどの改善を話し合う場を全く設けていないと言う事なんです。。。

本来クレームと言うものはそのサービスを良くして行く上で宝物的な存在、いかにお客さまからのクレームを迅速に吸い上げて直していくかと言うのがサービス業に携わる者の考え方のはずなのですがここでは単に「あ〜またクレームかよ。。。俺には関係ないね」と言う感じになっているのです(^_^;)

クレームを頂いた事は確かに働く者の個人がミスを犯した事によるものが多いのですが、ここで誰がしたミスと言う事を問うのではなくその組織全体の問題として受け止める事により全体での話し合いをし、どうすればこの様なミスが起きないかを考えるべきだと思います!

こうやって考える事により働く者一人一人の意識が変わり連帯感も生まれみんなで良い物を作ろうと言う気持ちになるはずなのです。。。
こうして生まれてくるものが働く者一人一人からおのずとホスピタリティが生まれてくるのです。

本当にこの会場の場合こうした簡単な事に気づかない為に多くの損失を出していると思います。
実際にここ何年かで宴会の数も激減。。。会場も5会場もあるのに複数で会場が利用されているケースはまれ。。。

これで経営状態が悪くなりスタッフの解雇や給料の減額などしたら益々負のスパイラルに落ちてゆくんですよね。。。

ではどうしたらこれが改善されるか、はたまたホスピタリティとは実際どんなもの??と言うのをあす以降お届けいたします。
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ホスピタリティとは

さて今日からの1週間は寺岡がお送りいたします。

先日ある方とお会いしました、その方は今まで多くのレストランウエディングやホテルのウエディング会場でキャプテンを経験された方!

そのお話がとてもためになったので今週はその中で出てきたホスピタリティのお話しです。


皆さんはご自分の結婚式ってどんなだったか覚えてらしゃいますか??
とても感動的な思い出が残ってますか??
それともあれは酷かったなぁ〜と言う残念な思い出ですか??

結婚式とは一生に1度。。。中には2度、3度の方もいらしゃいますが、とにかく夫婦の間には思い出に残る重要なイベント!!

そんなイベントでもしも嫌な思い出が残ったらどうします??
やはりそれは嫌ですよね。。。(汗)

でも結婚式を運営する側にもしもホスピタリティの意識がないと。。。
とんでもない事になるんです(^^ゞ


その方とのお話の中で出ていたとある会場のお話。。。

ココは割りと大手の運営するブライダルの会場なのですが、従業員の意識がまとまらない為にかなりお客様に迷惑をかけている様。。。

本来結婚式などの宴会の場合、その会場を仕切るキャプテンの腕の良し悪しで成功かどうか決まります!

ココの場合。。。
先ずキャプテンがその場を仕切れない。。。確かに古株のキャプテンが相次いでやめてしまった関係でキャプテンとして会場を仕切る人間のスキルが足りません。。。その上、配膳やキッチンにいる古株の方達とも意思の疎通が出来ず各々が連携を取らぬままに自分の仕事だけをこなしています。。。

これをするとどうなるか??
一番簡単なことは料理の出るタイミングがメチャクチャになることです。

本来はココまで進行した場合にこの料理をと言う具合に進行(仕切るのはキャプテン)と裏方が連携して絶妙のタイミングで進めていきます!
前菜の出すタイミング、メインの出すタイミング、デザートのタイミング。。。そして最後の謝辞の前辺りにコーヒーって感じでしょうか。


所がこの会場、料理を出す裏方はとにかくどんどん料理を出してしまう。。。そして配膳係はただそれを運ぶだけ。。。
これがどういう結果を生むかと言うと主賓席より親族席の方が先に料理が出ていたりとか、まだお開きまで40分くらいあるのにすでに料理は出終わりコーヒーが出てる状態で引っ張るとか、、、あまり気にされない方に取っては何でも無い事かも知れませんがこれは由々しき自体なんです(^^ゞ

何故こんな事が起きるかと言うと働く方々の気持ちの中にその宴会を素晴らしい物にしたいと言う気持ちが無く、ただ自分の与えられた仕事を終わらせようと言う気持ちしか持ち合わせない事が原因なんです(^^ゞ

ココにもしも働く人、一人ひとりがお客様に対してのホスピタリティを重視し、どうしたらお客様が喜んでもらえるかという事を考えればおのずと回りとの連携も取るようになり結果色々な気づきも生まれてとても良い方向に向かうのです!


このホスピタリティの重要性を今週は考えてみたいと思います。
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

twitter ツイッタ― ブログ ビジネス

おはようございます!

今週担当の岩切です。
今日は5:06に起床しました!(だからなんだと言われそうですが最近日課になっていますスミマセン)

早いもので今年も半年が過ぎようとしていますね!

TECも今年の3/19で早くも9年目に突入していました。

お正月に立てた今年の目標!この時期に一度振り返ってみるとその達成度、進捗度になんだか愕然としてしまいます・・・

仕事の目標と家族の目標、もう一度鉢巻をしめなおして今年残り半分を頑張りたいと思います。

twitterも頑張って呟いてみますんで皆さんフォローしてくださいね。
お願いいたします。

来週は寺岡が担当いたします。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

twitter ツイッタ― ブログ ビジネス

おはようございます!!

今日は4:52に起きて自転車練習をした岩切です!(笑

最近毎日身体を動かしていて気持ちいいです!

今週はビジネスにおけるtwitterの活用についてお話ししています。

皆さんは販促活動をどのように行っているのでしょうか?

DM,FAX,テレアポ,折込チラシ,ネット広告,twitter・・・色々ありますよね。

今日は面白い販促活動をしている会社をご紹介したいと思います。(個人的には交流は有りません)

チュッパチャプスtwitter&ブログ→http://www.chupachups.jp/chuck/blog/

ここではtwitterとブログを使ってキャラクターのチャック君を色々なところに皆に連れて行ってもらう
企画を進めています。

スペインから来たチャック君(チュッパチャプスはスペインの会社なので)
をtwitterユーザーの皆さんがバトン渡しでリアルに色々なところに連れていくといもの。

ついこの前にはtwitterユーザーの中で盛り上がりチャック君の歌までできてしまったそうです。
→www.myspace.com/bacars7

ちょっと覗いてみては如何でしょうか?↑↑↑

posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。