タグクラウド

2010年02月26日

生活福祉資金貸付制度A

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。


今回の改正で創設された総合支援資金は、雇用保険と生活保護の間を補うものとして期待されています。

連帯保証人がいなくても借り入れでき、失業だけでなく減収により生計維持が困難になった勤労者も利用できます。

単に貸し付けるだけでなく、ハローワークとも連携し、利用者との継続的な生活相談をセットで行い、経済的に自立できることを目的としています。

また、不動産担保型の貸付制度の中には、低所得者・高齢者用リバースモゲージ があります。

一定の居住用不動産を所有している低所得の高齢者が、その不動産を担保にして生活資金を借りられる制度です。

毎月一定額の融資を受け、借り入れた人が死亡したとき、自宅不動産を処分して返済資金に充てるものです。

次の全てに該当する場合には、制度利用が可能です。

□ 借り入れ申込者が単独で所有する不動産に居住していること
(配偶者との共有も含む)
□ 不動産に賃借権、抵当権等が設定されていないこと
□ 配偶者または親以外の同居者がいないこと
□ 世帯構成員が原則として65才以上であること
□ 借り入れ世帯が市町村民税の非課税世帯であること


詳しくは、最寄の社会福祉協議会にお問い合わせください。


一週間のおつきあい、ありがとうございます。
来週は遠藤がお届けしますのでお楽しみに。


posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

生活福祉資金貸付制度@

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。


不況の影響で失業や借金などの問題を抱え、生活が立ち行かなくなる方が増え続けています。
厚生労働省は2008年からの「経済危機対策」を受けて、セーフティネットを整備してきました。

特に、昨年10月に見直しが行われた「生活福祉資金貸付制度」は従来よりも使い勝手が良くなっています。

10種類あった資金種類は整理統合され、4つのカテゴリーに分類されました。
(総合支援資金 / 福祉資金 / 教育支援資金 / 不動産担保型)

実施主体は都道府県社会福祉協議会で、窓口は市町村社会福祉協議会になります。

貸し付け対象となるのは以下の通り。

低所得者世帯 : 必要な資金を他から借り入れることが困難な世帯で、市町村民税非課税程度

障害者世帯 : 身体障害者手帳、癒育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方が属する世帯

高齢者世帯 : 65才以上の高齢者の属する世帯

明日は、もう少し詳しい内容を確認していきます。



posted by TEC at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

「2010年 手取り収入A」

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。


大企業の中には、社会保険料を50%以上事業主が負担するところもあり、
その場合、同じ収入であっても労使折半のケースより手取額は多くなります。
(まぁ、当然ですが・・。)

例えば、
扶養家族 : 妻 と 16才未満の子供2人
世帯年収700万円
という世帯では、

社会保険料の会社負担が60%であれば、
労使折半のケースに比べて 16万円手取額が多くなります。

表面化しにくいですが、これも「格差」、かもしれませんね。


「16才未満の扶養控除の廃止」は、今年は実施されません。
従い、4月以降は子供手当てを受給しながらも、扶養控除を受け続けることができ、
子供一人につき、13,000円×9ヶ月=117,000円 の手取り増額、となります。
posted by TEC at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

「2010年 手取り収入」

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。

今年は、厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料・雇用保険料
が、軒並みアップするため、増税こそありませんが、手取り収入は減少することになります。

例えば、
扶養家族 : 妻 と 16才未満の子供2人
世帯年収600万円
という世帯では、

手取り6万円減、という結果になります。

なかでも影響が大きいのは、健康保険の保険料アップです。
4月から8.2%から、9.34%(労使折半)へとアップします。
本人負担が0.5%アップするだけなんですが、これが年間数万円の保険料負担増へと
つながります。
協会けんぽの財政はますます厳しくなるでしょうから、
来年以降もさらなる保険料アップが予想されます。
posted by TEC at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

相続税が心配な皆様へ

こんにちは。一週間ブログを担当する小池です。
よろしくお付き合いください。

平成22年度税制改正により、定期金に関する権利の評価が見直されます。
(相続税法24条)
つまり、相続税の対策に利用してきた個人年金保険が使えなくなるんです。

個人年金保険など、年金形式で受け取る生命保険金の権利を取得した場合の相続税評価は、
相続税法24条に規定されており、年金受給年数の残存期間が長ければ長いほど評価の割合が下がりました。
(最大で20%まで圧縮)

例えば、現金1億円を相続した場合の評価額は1億円(100%)ですが、
毎年500万円を20年間に渡って年金形式で受け取る場合、受け取り総額が1億円であっても、
評価額は4000万円(*残存期間20年の評価割合:40%)となりました。

このように、年金形式で受け取る権利を贈与・相続した場合、受け取り総額より低く評価されるため、
生命保険が相続対策として利用されてきました。

しかし、今回の税制改正により、見直されることになります。

給付事由が発生している定期金に関する権利の評価は、
1)解約返戻金相当額
2)定期金に変えて、一時金の給付を受けることができる場合には、一時金相当額
3)予定利率等を基に算出した金額
の、いずれか多い金額、となります。

この適用は、平成23年4月以降の相続・贈与からになりますが、平成22年4月〜23年3月までの間に締結した契約については、
同期間内の相続・贈与から適用されます。

また、給付事由が発生していない定期金に関する権利の評価額は、原則、解約返戻金相当額となり、
22年4月以後の相続・贈与から適用されます。

つまり、ぎりぎり、22年3月末までであれば、相続税24条を使った対策が可能ではあります。
相続税の対策が気になる方は、担当者までお早めにご相談ください。

*詳細は所轄の税務署・あるいは税理士に確認してください。
posted by TEC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

気になるブログA

またまた1週間。。。しょうもないブログにお付き合い頂きましてありがとうございますm(__)m

本日は寺岡最終日。。。最終日も和んで頂ければと思いまして私がやはり毎日読んでるブログをご紹介♪

我が家はチワワを飼っている為か結構チワワつながりにブログを見つけては読んでおります!

その中でも最高なのがこちら「ニュージーランドちわわん生活
このブログの著者はなんとニュージーランドのオークランドに済んでいらしゃる日本人女性なんです(^^ゞ

そしてそこに登場するのが「ぷくちゃん」いや〜この子、スムースチワワなのですがとにかく可愛い♪
て言うかこの女性の文章の書き方が可愛い♪

で、このお宅にはもう1匹ロングコートのチワワがいて、この子は施設から引き取った子なんです(^^ゞ

そんな2匹が毎日楽しそうにオークランドで暮らす様子が描かれています!!


なんだろう、このブログを読むと朝からなんだか癒された感じになるんですよねぇ〜

是非こちらもブックマークしてみてください!


そんな訳で来週からまたちゃんとしたブログになると思いますので宜しくお願い致します!
来週は小池がお送りいたします。
posted by TEC at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

気になるブログ

す。。。すみません。。。
昨日(18日)はバタバタでブログの更新を完全に忘れておりました。。。(滝汗)
なので本日2日分を。。。


さて、最近Twitterがかなり流行っていてブログが下火になって来てる様ですが、お題にもあります様に今日は最近私が気になっているブログの紹介です!

ロードサイドのハイエナのブログ

このブログを読むきっかけはたまたま私の通勤ルートにとあるファミレスがありました、それが昨年末に閉店。。。「次は何になるのかなぁ〜」と思っていた所1月の中位から工事が始まりあっという間に看板がすげ変わり「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」と言う店に変わりました!
最近流行りのハンバーグのお店!!
ここ、面白いのが店舗の改装をほとんどしてないんです。。。
ただ看板を替えただけって感じで(^^ゞ
お店にはまだは行ってないので内装は判りませんが。。。
でも2月の1日オープン以来結構繁盛している様で!!

で、いつもの癖で「このお店、どんな所が経営してるのかなぁ〜」と検索してみると「エムグランドフードサービス」と言う会社でした(^^ゞ

社長は何と1978年生まれ!!若い!!!!!

なんな事でこの会社に興味を持つと、2月の中頃の日経新聞に「ふらんす亭を買収」の記事が!!

何とも精力的に活動されている会社の様です♪

毎日社長にブログを読んでいるのですが、確かにまだ30代前半の為
ブログの書き方や内容がかなり辛口な所があります(笑)
でも言ってる事がものすごく的を得ていて私自身も凄く勉強させて頂いてます。

そして思う事は40過ぎの私も頑張らねば!!と言う事(笑)

とても為になるし、笑えるし、元気をもらえるブログなので是非一度のぞいてみてください!!
posted by TEC at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

確定申告

昨日より確定申告がスタートしましたね!

申告が必要なのは自営業者や農家、年金受給者のほか、年収が2000万円を超えるサラリーマンなど。また、マイホームをローンで購入したり、年間10万円を超える医療費を支払ったりした場合は、還付申告で税金の払い戻しを受けることができます。

そして今年から2月の21日28日の両日曜日にも相談や申告が可能との事です!

日曜日に出来るなんて、これ今流行りのサラリーマンで副業をされている方を対象にした配慮なんですかね??

またe-TAXと呼ばれるインターネットでの申告もだいぶ普及してきている様でこれなら自宅に居ながら申告ができ、税務署で並ばなくて良いので便利ですよね!!

ここでPR!!
当社では記帳代行業務も行っております!!

日常の領収書の整理とか帳簿とか、結構申告前にバタバタとやられる方も多いと思います。。。何を隠そう、私も個人事業主時代はまさにそうでしたから(汗)

これ、結構時間も取られるし、面倒ですよね。。。
そんな面倒な事務は是非私どもにお任せ下さい!!

そうすれば申告開始日当日に申告も出来ますし、還付があれば早く戻ってきますから!!

記帳代行のご用命は当社岩切までご連絡ください!!
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

セミナー事業

本日はお仕事の話で!

「●●セミナー」とかって最近本当によく耳にする様になりましたよね!

本当に何年か前は「●●セミナー」とか言うと「なんだか怪しい。。。」「なんか売られる?」と言う様なイメージがあったと思いますが最近は色々なセミナー事業が盛んになっております(^^ゞ

当社でもファイナンシャルセミナーなどを開催しておりますが今日は人間力アップのセミナーに着いて書こうと思います。

みなさん、「7つの習慣」って本を読まれた事がありますか?
そう、スティーブン・R・コヴィーの著書なのですが、この日本語訳をされた方が川西 茂さんと言う方です!

そんな川西さんに昨年、私の友人からご紹介を頂きお会いすることができました!!

川西さんは現在ザ・アカデミージャパンと言う会社を経営されており、独自のコンテンツでセミナーを開催されております!!

先日私は仕事で伺えなかったのですが、弊社の増岡と岩切が川西さんの体験セミナーに参加してまいりました!

丸1日、朝から夕方までのかなり長丁場のセミナーだった様ですが、二人から出た言葉は「あっという間の1日でした!」との事!
まさにそれだけ魅力のあるセミナーだった様です(^^ゞ

ここでは内容か書きませんがもしもご興味がある方がいらっしゃいましたら是非一度私までご連絡ください。
ご紹介させて頂きます!!

セミナー事業もこれからどんどん幅が広がって行くんでしょうねぇ〜
我々も新しいコンテンツや仕組みを考えながら新しいセミナーを開発して行きたいと思います!!
posted by TEC at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

オリンピック

皆様こんにちは。
今週はまた寺岡が1週間息抜きブログを書かせて頂きます。

さて、いよいよ冬季オリンピックが開催されましたねぇ〜
皆さんはテレビをご覧になりましたか?

昨日はテレビにかじりつきのい方も多かったでしょうねぇ〜

開会式もまさに氷の祭典と言う感じでとても華やかでしたね!

そして昨日一番の感動はやはり上村選手ですよね!

結果は4位。。。でも彼女は自分の出せる力思いっきりこのオリンピックで発揮したんだと思います♪

彼女のインタビューももう涙なくては見れない位すばらしいコメントでしたね!

人間自分の持てる力を最大限に発揮すると結果が思うように行かなくても心の中に大きな満足感があるのかもしれません(^^ゞ

また次回のオリンピックに期待したいですね!

posted by TEC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

総務 経理 残業 社長 のお仕事


おはようございます!
朝5:30起の岩切です!

さて4日目の今日は効率よく総務・経理の仕事をこなすためにどうやって仕事を分散するかをお話ししたいと思います!

ポイントは 「会社はチームだ」 です。

では早速仕事の分散の仕方をお話しましょう。

もし総務・経理のあなたが営業担当者から「営業の仕事がすごく忙しくて大変だから手伝ってくれないか?」と言われたら・・・
どうでしょうか?「なんで私が営業の手伝いを?」と思うはずです。実際手伝うことになっても嫌々することになるでしょう。
これでは身が入らず効率がさらに悪くなるかもしれません。

ですのでまずは社長に仕事分散の件を理解してもらい社長からみんなに話してもらうのです。
また社長に話してもらうときも少し視点をズラして話してもらうとよいでしょう。

例えばこんな感じ・・・
「私が以前から話しているように会社は一つのチームだ そのチームが持つ目標はお客様に最高の○○を提供することだったよね
その為にはまず一番大切なのは我々が存在し続けなければならない 今の現状は各々が仕事に忙殺され残業時間が膨大化している。
まずはみんなの健康が一番だ ここで一つ提案したい 各々の仕事の垣根を無くしお互いの仕事を助け合い 結果残業を減らしていこう!
減った残業代と光熱費などの浮いた利益はそのまま皆の毎月の給与に均等に反映していこうと思う どうだろうか?協力してくれるか?」

これなら前者より嫌という人は少なくなるのでは・・・

今週一週間有難うございました。
また次回お会いしましょう。 

posted by TEC at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

総務 経理 残業 社長 のお仕事

おはようございます!
朝5:30起の岩切です!

さて3日目の今日も効率よく総務・経理の仕事をこなすためにどうしたらいいかをお話ししたいと思います!

ポイントは 「仕事を自分だけで背負い込まない」 です。

設立間もない会社など 総務部、経理部、人事部の区別が特にない会社では
従業員一人ひとりが自分だけの仕事をやっていたのでは会社運営はスムースに回りません。

常にマルチに仕事をこなし、さらに一人ひとりが経営者の意識を持たなければ持つことが
最終的には必要になってくると思います。

ですからもし今 総務・経理に細かな仕事が集中している場合、少しずつ他の従業員に仕事を分散するのです。

明日はその分散方法についてお話しますね。
posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

総務 経理 のお仕事 確定申告 2日目

おはようございます!
朝5:30起の岩切です!

最近朝食に魚を食べていなかったので今日はアジの開きをおかずにしようと思っています。
アジの名前の由来の一つに「味があるからだ」となにかで読んだことがありますが
本当かどうかわかりません。

さて!2日目の今日は昨日取り上げた25種類の仕事(実際はもっとあるかもしれませんが・・・)
のうち、いくつかピックアップして効率よくこなすためにどうしたらいいかをお話ししたいと思います!

1来客対応
一番ムカッ!とくるのが電話応対中(お客様に頼まれて急いで調べ物をしているなど)や集計計算中の突然の来客!
ではないでしょうか? しかも午後いちでお昼ご飯に皆がカップラーメンを食べてお湯を使いきっていた・・・
こんなことが無いように営業担当や社長から来客予定は必ず教えてもらうようにしましょう。
心の準備があるだけで気が休まりますよね。

2給湯関連設備の管理
床の水はねや食器用のスポンジで灰皿を洗うなど無法地帯になりやすい給湯関連、朝の掃除当番をローテーションで
決めましょう!

3慶弔対応(お葬式の受付など)
社員、取引先の「ご○堂様のご逝去」などなど電報、花輪の迅速な対応は欠かせません。
訃報は書式をフォーマットしておきましょう。花輪、弔電もルールを決めておけばOK!
ちなみに私は決まった文例で、明朝、押し花が基本です。

こんな感じであらかじめルールを決めておくと結構スムースに事が運びますよね。

明日も続きます。

posted by TEC at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

総務・経理 のお仕事

おはようございます!

今週担当の岩切です よろしくお願いいたします!

唐突ですが・・・
皆さんの会社に総務部はありますでしょうか?

もしあれば 総務部の仕事ってどこからどこまでかご存知ですか?

ちなみに大きな会社の総務部であれば概ねこんな感じでしょうか?

1来客対応
2給湯関連設備の管理
3慶弔対応(お葬式の受付など)
4什器・ファシリティ関連の買い付け、設置
5廃棄物管理(業者選定・対応)
6被服業務(制服などの管理)
7社員カード等の発行・管理
8事務用品の管理
9所有車両の管理
10稟議の承認
11雇用・社会保険取得、喪失、離職票作成
12労働災害処理、健保関連処理、退職金処理
13給与計算、月変処理、算定処理、年末調整
14勤怠管理
15障害者雇用関連処理
16新入社員のフォロー、退職者のケア
17健康診断の実施
18就業規則などの作成・提出
19株主総会実施、株式管理
などなど・・・

でも設立間もない会社など 総務部、経理部、人事部の区別が特にない会社では
さらに・・・
20現金出納簿の作成
21請求書の発行
22支払いの振込、売掛入金のチェック
23経理データの会計ソフトへの入力
24資金繰り表の作成
25社員・アルバイトの募集・面接試験実施
などなどなどなど!!!!

もうそれはそれは目が回りっぱなしで仕事が後から後から湧いてくる!
私はこれを仕事の「椀子そば状態」といっているくらいです。

なぜ今の時期にこんなことを書くかというと・・・

いわゆる総務・経理両建て社員の皆様にとって 一年の内でもっとも地獄な季節!が
この12月(年末調整)と1月(法定調書)だからなのです。

いつもの椀子そばがさらに量が倍!盛られるスピードも倍!そしてさらにつゆだくのごとく
提出期限のオマケつきという世にも恐ろしい季節なのです!

そんなみごと嵐を乗り越えて ホッと一息ついている総務・経理両建て社員の皆様に
上に羅列した総務のお仕事に是非 感動!ではなく同感していただこうとこのテーマを取り上げた次第です。

今週一週間是非最後までお付き合いくださいませ。
posted by TEC at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

変額年金 最近の動向 その5

こんにちは、担当の藤原です。


さて、今週は変額年金について書いてまいりましたが、変額年金とは本来どのように使うべきなのでしょうか?




それを書く前に、そもそも保障ではなく貯蓄機能を持った保険商品とは、どのように活用すべきなのでしょうか?

その答えはとても簡単だと思います。


答え:その他の資金と分別するため



貯蓄性保険の代表選手と言えば、個人年金保険、養老保険、学資保険の3選手です。

この3つともに、同時期の定期預金との比較でずば抜けて利回りが優れているわけではありません。

もちろん、高金利の時期に契約を結べば、契約時の金利がその後も適応されるというメリットもありますが、日本では1995年以降ずうっ---っと超低金利ですから金利固定のメリットなど今活用することはできません。

それでもか○ぽの営業職員は、この3商品を今日も売り続けています。

それは、預金と分別して金融資産を持つことにメリットを感じる人が多いからにほかありません。

直接金融を使い慣れていない日本人ならなおさら、保険で貯蓄ということに安心感を覚えるでしょう。



では、この3選手と変額年金の差とは何でしょうか?


それはもちろん、運用手段を選べるという点です。

3選手は保険会社の一般勘定で運用されていますので、中身の90%以上が日本国債で運用されてしまいます。
今日の日本国債の利回りは、1.3%程度。預金金利に比べれば大きな金利に見えますが、この利回りで家計が大きく変わることはあまりありません。

しかし、外に目を向ければ、先進諸国の国債の利回りは4%前後、新興国なら・・・株式なら・・・

と当然ながら数字が変化するわけでして、それを活用できる保険商品は変額年金しかないと言っても言い過ぎではありません。


逆に、それをうまく活用するには、債券と株式の使い方を知っていなければならず、少なくとも投資信託が家計のポートフォリオに組み込めていない人が変額年金を使いこなせるわけがない・・・


と、私は考えています。


しかしながら・・・



そのようなつかわれ方をするケースはとても少ないようで、ここ数年で変額年金保険の新規募集から撤退する保険会社が後を絶ちません。

新興国の株式と債券を組み込める変額年金保険として私が重宝してきた某外資系生保さんの商品があるのですが、ここも2月15日で撤退ということです。


さて、日本において変額年金がその役割通りの使われ方をする日が来るのでしょうか?

いずれまた続きを書いてみたいと思います。


おわり
posted by TEC at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

変額年金 最近の動向 その4

こんにちは。担当の藤原です。


昨日お話しした変額保険問題のほとぼりがさめたのは、2000年を超えたあたりだったでしょうか。

生保業界でも、規制緩和から外資の参入が相次ぎ、それまで大手生保の独占市場だった生保市場は、市場主義の競争を伴うものになってきました。

※それでも生保業界は、さまざまな規制が残っており、未だ商品比較を行って募集活動をすることが許されていません。
いったい誰のための規制なのやら・・・・


1995年以降の超低金利政策で、保険会社は予定利率の高い貯蓄性商品を作りづらくなったこともあるのでしょう。変額年金保険は再び脚光を浴びます。

しかし、80年代と何も変わってないことがひとつ・・・

それは、日本人に対する金銭教育環境です。

時が流れて環境が変化しようとも、知識がなければ正しい判断ができないのはどんなものごとでも同じ。

よって、変額年金が正しく利用されることは、中々ないように思われます。


扱い残高こそ大幅に増えたものの・・・

大口契約のほとんどは、その税制優遇を利用した節税対策です。
つまりマネーゲームの材料としてつかわれるのであって、運用商品として扱われることは多くありません。

その結果、元本保証型と呼ばれる商品が主流となりました。

元本保証という聞こえはいいですけれども、要するに資産の中身の多くが日本国債で運用されますから、保障をされると同時に増える見込みもない商品になってしまいます。


ここ数年、そんな状況が続いていましたが・・・


ただの節税・・・課税回避商品となってしまった変額年金は、この4月の税制改正で優遇処置を外されることが決まっています。


はたして変額年金保険はどこへむかうのやら???


つづく
posted by TEC at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

変額年金 最近の動向 その3

こんにちは。担当の藤原です。


昨日の続きですが、時は1980年代後半にさかのぼります。


今のようにインターネットが普及していない時代。証券会社に口座を持っているのはごく一部の人に限られていました。

そんな時代に、人は毎日上昇する日経平均株価をテレビと新聞でただ傍観するだけの時間を過ごしていました。

そんなところに、付き合いのある銀行マンが保険会社の人間を連れてやってきました。


○○さん・・・当銀行が融資いたしますので、そのお金で変額保険に加入しませんか?

この変額保険は、日経平均株価に連動して価格が変動します。
万一、価格が下落したとしても死亡保険金の金額だけは保障されておりますので、○○さんの命と引き換えに当銀行に返済していただけます・・・

と言ったかどうかは知りませんが、たくさんの方が借金して変額保険に加入して多くの訴訟が起こったことは事実。


この保険契約に関わった全ての人が欲望に支配された結果、問題は起こったのです。

銀行はお金を貸したい・・・
保険会社は保険を売りたい・・・
契約者は楽にお金を儲けたい・・・

そんな欲望のなかに、投資(金融)の理論などというものは存在しなかったのでしょう。


つづく
posted by TEC at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

変額年金 最近の動向 その2

こんにちは、担当の藤原です。

ではさっそく昨日の続きを・・・



このブログを読まれているほとんど皆さんもそうだと思いますが、日本人の多くは金銭教育を受けておりません。

よって、金融商品を理屈で捉えることがとっても苦手です。

理屈で捉えられないとどうなるのか???

それはいたって簡単で、感情で捉えることとなります。
ですから、『保険はお守り・・・』なんて言葉を耳にすることが少なくなりません。

そして、この変額年金保険という契約者がリスクを負う【運用商品】を感情で捉えてしまうとどうなるのか?

それは、欲望に取りつかれてしまうか、不安でパニックになってしまうか、のどちらかになることが多いのです。もちろん全く気にならない人もたくさんいますが(笑)


欲望と不安に取りつかれた契約者は、どんな風にこの変額年金を活用し、そしてどんな問題が起こるのか?


それはまた明日に。


つづく
posted by TEC at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

変額年金 最近の動向

こんにちは。
担当の藤原です。


今週は【変額年金保険】について、あれこれ書こうかと思います。


そもそも変額年金保険てなあに?なんて方も少なくないと思いますので、今日はその辺を・・・


変額年金保険とは、一般の個人年金保険と異なり、保険会社ではなく契約者が運用リスクを負う年金保険商品です。

よって、受け取る年金額は、運用結果次第ですので結果責任を契約者が負うという言い方でもよいと思います。


この変額年金保険は、登場から現在に至るまで、数々の問題を起こしてきました・・・というと言葉に語弊がありますね。
変額年金の販売現場で保険会社や代理店が問題を起こしてきました、と言った方が正確にお伝えできるのかもしれません。


ですから販売現場では、問題を起こしては販売が縮小され、ほとぼりが冷めるとまた拡大される、といったようなことが繰り返されております。

つまり、商品自体には問題はないので、消えてなくなることはない。でもそれを扱う保険会社側の人間、そしてもちろん契約者サイドにも問題があるということなのでしょう。


つづく
posted by TEC at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。