タグクラウド

2010年01月30日

すみませんm(__)m

すみません。。。
ここ2週間ブログが滞っておりました。


来週より藤原担当でスタートいたしますのでどうぞご容赦ください。

ティーイーシーコンサルティング 寺岡洋
posted by TEC at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

火災から消防という地域ボランティアを選んだ

今週担当の加藤です。

さていよいよ我が家が火事になった、ところまで書きました。

慌てて119番通報をしたあと、消火器での消火、そして屋外に出たわけです。
3階部分の窓からは煙が出て、パキパキと音を立て、が燃え上がりました・・・

見物人も多く、ある種混乱状態です。
その中で母親がいないと騒ぎになりました。
が、しばらくして安否が確認され、ほっとしたところで消防車が赤色灯をまわし、サイレンを鳴らしながら駆けつけてくれました
数台の消防車でまわりは騒然となりました。
本格的な消防活動の始まりです。

見事に手際よく、あっという間に水がホースより飛び出しました。
みるみるうちに炎は小さくなり、およそ20分ほどであったでしょうか・・・
犠牲者はなく、火災は無事鎮火しました。



・・・・・・3階部分のおよそ半分は焼けてしまいました。

完全な鎮火までは時間がかかり、消防車が引き上げ辺りに静けさが戻ったころ、焼け焦げた我が家に再び入り、階段を上がっていきました。
3階の火元からは炭になった梁や柱から星空がすっかり見えたのを覚えています
自然と涙が出たのも、この時でした・・・・


結局半焼の扱いになり、後日火災保険など諸々の手続きを経過したうえで家は建て直し、今に至っています。




今思うと(悪)夢のような時間でした・・・




残念なことですが火災はこのようにして起きるのです。
所詮は「失火責任は我が家にある」わけでした。

こういった場合、火災保険にきっちり加入していないと家の再興はなりません。
また不運にも隣近所に延焼させていたならば、今の生活もありません
本当に不幸中の幸いでした。


しかし、何よりも感謝しなければいけないのは、消防の皆さんの活動ぶりです。
地域消防団の方々の迅速な消火活動、消防署の的確な消火活動があってこそ半焼で済むことが出来たのです。

この一件を契機に、加藤は地域消防活動(ボランティア)を率先して申し出て行なおう、と決心しました。
社会人にデビューしたと同時地域消防団に加入して、今に至っています。



そう、恩返し・・・なのです。


後日談ですが、我が家の前の駐車場では広い訓練スペースが確保できることと、消防水利である防火水槽が近くにあったため、毎月のように「放水訓練」をしていました。
なので、我が家の火災の折には、そのホースの筒先の向きを180度逆にすることで、訓練時と同じ要領で消火活動が出来たのだそうです。

これも不幸中の幸いのひとつでした。


加藤は今でもあのときの火災を忘れることは出来ません
肝心の火元の原因は加藤個人ではありませんでした。
ですが、忌まわしい記憶を「火は怖い」という教訓としていつまでも脳裏に残しておきたいと思っています。


加藤が力を注いで出来るボランティア・・・・
それは地域消防団活動なのです。


このボランティア活動(ライフワーク)が続けられるよう、本業の仕事をがんばり、健康であり続けていこうとも思っています。



まさに冬場・・・乾燥が続きます。

皆さんも火の元には十分注意してお過ごしください





では、また暖かかくなったころにお会いしましょう・・・・・さようなら。
posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

家が火事になった!

今週担当の加藤です。

今週は消防・火事について書いています。
昨日、我が家が30年前に火事にあってしまったと書きました。


そう30年前・・・・



火事が起きたのは夕方6時半過ぎ・・・
2階の居間でTVを観ていたところ、TV画面がプツツッーと小さくなっていき、消えました、そしてまた点きました
「あれ・・・なんだろう・・・?」と思いました。

これを短時間で数回繰り返したところで、階上から家族が「火事だーー!」と叫ぶ声が聞こえました。
おそらくこの時点で電気の配線が炎により漏電・停電状態になっていたのでしょう

あわてて駆け上がると、二人の家族が水道の水をかけ、窓を開け近所に助けを呼んでいました


この段階で「家が火事だ」と認識しましたので、とっさに引き返し、2階の玄関に行き靴を履きました
土足のほうが良いだろうと判断したからです。
そのまま電話に向かい119番通報を試みました

当時の電話はダイヤル式です。
なので指を入れて回さないといけません。
(ジーコジーコとやるやつ)

1、1、と回すのですが、ダイヤルが帰ってくるその時間が待ちきれません
そして失敗・・
自分の家が燃えていると思うと焦ってしまうのです。
また電話しますが同じことの繰り返し。
最後は9ですから、なおさらです。
たぶん5回以上かけては失敗したのではないでしょうか・・・
簡単なのですがね。

ようやくかかると、「火事ですか?救急ですか?」の問いに半ギレ状態で「火事だ、火事だ」とまくし立てました。
そして一方的に自分の住所を告げて切ってしまいました。
そうです、焦っていたのです。
しかしどこか冷静で、消火器の在りかを頭の中で考えていました。
で、そこに駆けつけ、手に取り駆け上がったのです。



階段の奥の部屋が火元です。
(さらにその奥が加藤の部屋だった)
そこから上がるがこちらに生き物が膨張するように向かってきました
実際に家の中で火が燃えている光景は、本当に怖いものです。

そこで手に持っていた消火器を躊躇なく炎に向けて発射しました。

練習をしたこともなかったのですが、イメージどおり出き、炎はアッというまに小さくなっていきます
ここで火元までどんどん近寄り消火してしまおうと考えていました。

ところが消火器の勢いがだんだん無くなり、火元まで近づけません。
そして消火剤が無くなった途端、炎は煙とともにものすごい勢いで盛り返してきました
消しながらもう1本、3階に消火器があることを思い出していましたので、取りに行き、すぐさま2本目を使って火元へ再突入を図りました

1本目を使っていた段階でおおむね火元場所をイメージできたので、思い切って進むことが出来ました。
そして肝心の部屋に突入しましたが、既に炎は天井まで広がっており、もはや消火器一本では太刀打ちできないと判断しました。

なので、消火器を使い切るだけ使い、やむなく外に出たのです。
他の家族は祖母の葬儀の翌日だったので、床の間にある位牌を煙にまみれながらも取りに行ったりしていました。

外から見る我が家は窓ガラスを通して赤い火がグワグワと燃えているのが分かりました
近所の方もたくさん見に来ていたように思います。

しばらくして、火元の隣の部屋である加藤の部屋からはオーディオの大型スピーカーが爆発する音が聞こえました。

完全な火災、となった訳です。
posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

加藤が地域ボランティアに消防を選んだ理由

今週担当の加藤です。

昨日、加藤は消防団に参加して地域ボランティアを行なっている、と書きました。

実は今日はその地域(町)の「消防出初式」の日です。

出初式・・・あまり見た方はいないのではないかと思います。
起源は江戸時代、、明暦の大火以降、とある正月に「出初」を行い気勢をあげたことが、復興を目指す市民に大きな希望と信頼を与えました。
これが契機となり、お正月の恒例行事として現在まで受け継がれている、というわけです。

警察や消防等はこういった儀式について、非常に重きを置いています。
ですので、消防団も当然ながら皆が出動して式典に参加することになります。

そうですね、たとえば東京消防庁の出初式などでは、木遣り、はしご乗りをしたりしますよね。
それから消防車両による一斉放水等など・・・

東京消防庁の今年の出初式はすでに終わってしまいました→こちらがその様子

加藤の地域では本署による模範演技・分団による一斉放水などが毎年行なわれています。

消防車両が一堂に会する光景(出初式)は、おそらく誰が見ても圧巻であると思います。
(当然我々の士気も上がります)


さて、なぜ加藤がここまで消防に関して積極的にボランティアを行なうか・・・?


実は残念なことに、かれこれ30年ほど前になりますが、我が家から出火してしまいました
そうです、自分の家が火事になってしまったのです・・・


幸い犠牲者も出ませんでしたが、3階建ての3階部分はほとんど焼けてしまいました。
加藤は当時大学受験生で、まさに受験の最中。

火事が起きたのは、90歳を過ぎて亡くなった祖母の葬儀の翌日でした。
原因はストーブの上で干していた洗濯物が落ち、引火し火災になりました。

皆さんは火災通報のため119番を実際に電話したことがありますか・・・?
取り乱しているとき・・・実は上手に電話が出来ないものです。

ここからは明日、書いてみたいと思います。




posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

加藤の年末年始

あけましておめでとうございます。
今週担当の加藤です、今年一年よろしくお願いします
・・・といってもすでに1月の中旬になってしまいましたね、早いものです。

皆さんは年末年始・・・いかがお過ごしでしたでしょうか・・・?
旅行・帰省・すごもり、いろいろであったと思います。



加藤は地域活動に多く参加した年末年始でした。
このところ、歳をとったせいでしょうか、そんな機会が増えてきたように感じます。

そのなかでも特に「地域消防団」の活動が特に多かったです。

地域住民の「生命」「財産」を守るための、いわゆる地域ボランティアですね。
(もう20年以上も続けさせてもらっています)

年末年始は歳末特別警戒が実施されているので、実は大忙しです。
毎晩のように消防車で「夜回り」をしました。
空気もとても乾燥していますので、火災には十分気をつけなければなりませんよね。

この消防団、いざ火災がおきると本職の消防署と連携し、まさに火事場に駆けつけることになります。
(もちろん大きな専用のポンプ車も配備されています)

火災現場に向かうので装備についても当然ながら本格的
そのために毎月、月例点検および練習を行います。

加藤も実際の火災には何度も出動した経験があります。

実際の火事現場では正確な指示命令と、それにともなう適切な行動が求められます。
災害現場で我々が怪我などをしてしてしまうことを「二次災害」と呼びますが、けっしてあってはならないものとして認識されています。

毎月の活動は、単に消火活動の訓練だけではなく、二次災害を防ぐための練習でもあるんですね・・・



ところで、消防団員は地方自治体の準職員扱いになりますから、報酬もほんの少しですが、いただけます。
えぇ・・ほんの少し
もちろん加藤は「ほんの少しの報酬」のためにこの活動を続けているのではありませんが・・・



話を元に戻しますが、加藤には「地域消防に対するある想い」があるのです。
それは・・・・明日以降のどこかで書こうかと思っています。


posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

初めての沖縄2

今週担当の松浦建二です。



昨日に続き沖縄についてです。

今日は写真をいくつか紹介します。


守礼門.jpg



まずは2000円札で有名な守礼門です。

首里城公園にあり、誰でも自由に見れます。


東シナ海


天候にはあまり恵まれませんでしたが、青い海を見ると、気分が一新しますね。
2010年は幸先良いかも。


美ら海水族館


そして皆さんご存知の美ら海水族館にも行ってきました。

ここが水族館の入り口です。


美ら海水族館2


中には世界一の水槽があります。

ジンベエザメが気持ち良さそうに泳いでいます。


シーサー


そして、最後に巨大シーサーです。

こちらも世界一の大きさらしいです。

まあ日本以外、沖縄以外にライバルはないと思いますがね。




松浦は今日で終わりです。

また3月ごろお会いしましょう!


posted by TEC at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

初めての沖縄

今週は松浦建二が担当しています。



新年早々初めて沖縄に行ってきました。


子供の頃は、激戦地の沖縄には行きたくないという父の意向で行ったことが無く、その後は、沖縄を越えて海外へ行ってしまったため、40歳過ぎまで沖縄に行く事がありませんでした。


撮ってきた写真は明日紹介するとして、今日は感想を述べたいと思います。


ビルにしろ個人宅にしろ建物のデザインが普段見慣れている東京やその郊外とは明らかに違い、全体として受ける街並みの印象は、東京などより台北に近いように感じました。
コンクリートの家が多かった気もしました。


また、車を借りて島内を移動しましたが、多くの運転手がとても安全運転していましたね。気候柄のんびりしているのか警察の取締りがとても厳しいのか理由はわかりませんが、みな制限速度を守り、クラクションの音を聞くこともなく、後ろからあおられることもなかったです。


コンビにはファミリーマートやローソンが目立ちましたが、セブンイレブンは進出していないようですね。東京では見かけない「COCO」がたくさんありました。
スーパーもジャスコやマックスバリュウは見かけましたが、ヨーカドーは見かけませんでした。戦略の違いでしょうか。


ファーストフードはマクドナルドが多く、それに対抗しているのはA&Wのようです。残念ながらA&Wで食べる機会はありませんでしたが。


今時話題の普天間基地や日本航空については、特に目立った動きを感じませんでしたね。


今回、たったの3日間しか滞在していませんが、全体的な印象としては◎です。東京とは違った日本の良さを感じることができました。

また行きたいです。




posted by TEC at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

2010年1月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。

今日は2010年1月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2010年1月5日時点)

1位…ろうきんずっと優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年2.10%(1.25%優遇)/11年目以降1.25%優遇


2位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.317%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇


3位…新生銀行当初固定金利タイプ
当初10年2.25%(0.9%優遇)/11年目以降0.7%優遇


4位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
5位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
5位…ろうきん最初に優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年1.80%(1.55%優遇)/11年目以降0.4%優遇

7位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.70%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
8位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.30%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
9位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.85%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
9位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.35%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇

11位…三井住友銀行最初に優遇タイプ (自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年2.40%(1.85%優遇)/11年目以降1.2%優遇
12位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.90%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
13位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.25%(1.95%優遇)/11年目以降1.0%優遇
14位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上または返済負担率20%以下)
当初10年3.05%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
15位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.10%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇

15位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
17位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年3.20%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
18位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.60%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。



1位がソニー銀行からろうきんに変わりました。

全体的には前回の11月と比べてほとんど金利に動きがない結果となっています。

2010年は金利が上がるのでしょうか?それとも下がるのでしょうか?


※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせて他の住宅ローン商品も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。



posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

他人事ではない災難に注意を!

今週は松浦建二が担当しています。



昨日は福袋に惨敗した自分の話ですが、今日は知人の年始早々の悲劇についてです。


知人の妻等と買い物をしていた時に、その夫から一本の電話が。

夫はどこに行っているのかと思ったら、パチンコをしていたようで、そこからの電話です。

会話をしている妻の表情が突然変わったので、何事かと思い電話の後に聞いてみると、パチンコをしている最中にカバンを盗まれてしまったようです。

中身は、現金から運転免許証やクレジットカードなど大事なものばかりです。


警察を呼び、ひと通り処置はとったようですが、そのような状況下では、当然儲かるわけもなく、踏んだり蹴ったり状態です。


パチンコ店の防犯カメラに犯人が写っている可能性は高く、いつか捕まる可能性は高いですが、新年早々、随分と身近に犯罪者がいるのですね。


松浦はパチンコをしませんが、注意を怠るといつでも犯罪に巻き込まれる可能性があることを肝に銘じておきたいと思います。

みなさんも気をつけましょう。


知人には直ぐに初詣に行くよう伝えておきました。




posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

福袋で惨敗!

今週は松浦建二が担当します。



あけましておめでとうございます。


2010年最初のネタは福袋についてです。

年始は様々な小売店等から福袋が用意されて、我々庶民の消費活動を刺激してくれていますが、みなさんは何かゲットしましたか?

松浦も福袋を楽しみにしている一人で、特に中身が確認できる福袋やお得感が大きい福袋を求めて、元旦から街に繰り出しました。

今年は景気の影響からか福袋の流通量が少ないように感じたのですが、気のせいでしょうか?


まず最初に、元旦に気合を入れて狙っていたドーナツ屋さんへ足を運びました。

ところが、まだ元旦なのに何と売り切れ(ガーンタン)。

後にホームページで状況を確認したところ、発売開始が12月26日からになっていました。

それでは売り切れになるわけですよね。

福袋は年が明けてから発売するものだと思っていたので、年始早々がっかりです。


次に翌日大手スーパーをハシゴしましたが、ここには気に入ったものがなく、手ぶらで帰宅。


さらに大手衣料品店へ行っても、テンションが上がるようなものがなかったのですが、何も買えないのも悔しいので、何となく室内着の福袋をゲット。

ところがです。

帰宅してから開封したところ、外袋にはMサイズと書かれていたのに中身が全てLサイズ。

何とかなるかと試着してみたものの、明らかに大きすぎ。

後日、問い合わせしたら、もうMサイズがひとつも無い為、返品することになり、結局、何ひとつ福袋をゲットできなかったという結果に。


良い1年になるか不安になってきましたが、無理に消費をするなという忠告と受け止めて、2010年頑張って行きたいと思います。



2010年もお付き合いをよろしくお願い致します。




posted by TEC at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。