タグクラウド

2009年07月31日

夏休み お盆休み FP

SANY0035.JPG

今週担当の岩切です。

気がつけば今日で7月も終わり!
明日からはついに8月が始まってしまいますね!

皆さんはお盆休み等はお出かけされるのでしょうか?

私は湘南方面に引っ越しをしてからお休み中はほとんど毎日海に行っています。

車だと大渋滞しますが私はいつも電車で移動します。
冷房も効いてるし行きも帰りも始発駅なので座れるし^^

ちなみに自転車での移動もありなのですが真夏は自転車だと熱風がすごく(笑)また表の渋滞から裏道に逃げてきた車で裏道も大渋滞!

だから電車が一番いいんです(笑)

それでは また次回まで・・・






posted by TEC at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ひょう 災害 キャベツ 火災保険

昨日は竜巻のお話しをしましたが、竜巻と一緒に心配なのが「雹」

そう 「ひょう(雹)」です。

よく屋根に穴があいたり、車、農作物が被害を受けますよね。
昨年8月に茅野市では局地的にひょうが降りキャベツに穴があいたりと農作物だけで
1億6800万円の被害が出たそうです。

では自宅がひょうの被害にあったら・・・

そう これも火災保険でカバーされているのでご自分の契約内容をご確認くださいね。

ちなみに車が被害にあった場合は車両保険に入っていれば自動車保険でなおせます。




posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

竜巻 葉山 火災保険

群馬県で竜巻が発生しましたね!
ニュースによると複数の竜巻が相次いで発生した可能性があり、被害が及んだ地域が
非常に広かったとこのとでした。

皆さんは竜巻を実際にご覧になったことがありますか?
私は海で見たことがあります。
かなり距離が離れていたので影響はありませんでしたが 神奈川県の葉山沖で海面から
海水が空に向って竜のように巻き上げられていました!

ちなみに 自宅が竜巻の被害にあったら・・・

風・ひょう・雪災(台風・暴風雨など)は火災保険でカバーされていますのでご自分の契約内容を
ご確認くださいね。
ただ、損害額が20万円以上にならないと適用されません。
posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

竜巻 水害 火災保険

梅雨明けしたというのに雨続きの毎日ですね〜

また、九州北部や山口県などの大雨による土砂災害本当に怖いし他人事とは思えません。

これら水災害に備える保険は?といえば火災保険です。

でも一言に火災保険と言っても色々なタイプがあります。
たとえば「住宅総合保険」とか「住宅火災保険」とか・・・

保険の名前に「総合」とついているものはほとんどが水災害もカバーしているようですが
オプションで取り外しが自由にできる会社もあります。

ですからご自分の契約内容をキチンと確認しておく必要がありますね。

また床下浸水か床上浸水か また地盤面から○○pを超える浸水か、建物にどれくらいの
被害が出たのかによって損保各社対応が異なるようです。

posted by TEC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

大雨 豪雨 床下浸水 損害保険

皆さんこんにちは!

今週1週間担当の岩切です。

我が家の周りでは蝉の声が響き渡っております!
皆さんの近くではどうですか?

土日で江の島に出かけていたのですがもう夏真っ盛りですごい人出でした。

でも事故も多いようで警察のヘリコプターが超低空で海岸線をしきりに飛んでいました。
この2日間非常に波が高く潮も早くて海は荒れていました。

海水浴場内でも離岸流にまかれるとあっという間に沖に流されてしまうので気を付けないと
いけません。

またこのところ大雨による土砂災害などが頻発していますよね。

それらのニュースを見ていて家の保険てどこまでどのくらいカバーしているんだろうと
気になってしまいました。

特に床上浸水とか床下浸水とか・・・

そこで今週は災害時の家の保険(損害保険)についてお話ししたいと思いますので
よろしくお願い致します。

posted by TEC at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

今夏のボーナス C







こんにちは、今週担当のFP藤原です。



これまで今夏のボーナスについてお話してきましたが、夏のボーナスは、本来どのように使うべきなのでしょうか?



まず最重要なことは、大きく固定支出に回さないということです。


今夏のような景気が下向き、もしくは底の年によく耳にするこんなフレーズがあります。



『ボーナスがこんなに減って、住宅ローンのある人は大変ッ!』






大変なのは分かりますが、なぜ大変になるような住宅ローンの組み方をしたのでしょうか?


そもそも景気は循環するものです。つまり上がったり下がったりの繰り返しです。

きっと誰もがそのことを分かっているはずなのに、なぜ景気が悪くなった際に返済できなくなるような債務を背負ったのでしょうか?



それは欲張りだからですよきっと。

一時の感情で将来収入をあてにして、分相応以上の買い物をしてしまうからです。






とにかく、ボーナスを大きく固定支出に回すのは控えましょう。


そして、まずは貯蓄に回しましょう。

貯蓄目標額の原資の多くをボーナスに求めることで、月々の収支はかなり楽になります。

また、ボーナスの変動によって家計が急激に影響を受けることもなくなります。


ボーナスからどれくらいを貯蓄に回すのか?

自分のライフプランを踏まえて、まずはこれを決めましょう。



そして…



ボーナス支給額 − 計画貯蓄額 = 予算



そうです。この予算を把握するのです。

ボーナスをどこまで使って(支出して)良いのか?



これが分かれば、あとはもう…


じっくり考えて使うもよし。

何も考えずに(予算の範囲で)パッーっと使うもよし。



それは使って良いお金です。
安心して使いましょう。


楽しみのために、そして世界経済のために。




今週は、藤原が担当しました。
posted by TEC at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

今夏のボーナス その3

こんにちは、今週担当のFP藤原です。



今日は、昨今いろいろとその制度の是非などが議論されている契約社員・派遣社員についてです。



21.1%:【今夏のボーナスがでた&でる】

2.5%:【ボーナス制度があるが、今夏は出ない】



これを見る限り、このカテゴリーの方は、もともとボーナス制度のない方が多く、制度のある方についても、ボーナスのでるでないの変動は少ないようですね。


まあ、私と同じということでしょうか(笑)



しかし、年間通して月次の収入が一定というのは、意外と家計管理しづらいものなのです。


日本の一般世帯では、年に3回ほど大型の余暇費が支出として発生します。
年末年始、ゴールデンウィーク、そして夏休みの3つですね。

そして、ボーナスの出る家計では、ボーナスの一部をこの余暇費に充てていると思います。

夏冬だけでなく、3月に決算賞与の出る世帯であれば、なおさらそうしているはずです。



一方、ボーナスの出ない家計ではどこから余暇費の支出へ充当するのでしょうか?


月次の貯蓄がとても大きな家計ならば気にすることもないのですが、多くの家計は貯蓄から捻出する…

よって月次の収支がマイナスになるはずです。



つまり…


ボーナスの出ない家計では、月次の収入の中から…


・年内に支出へ当てる貯蓄(みかけ貯蓄)

・次年度へ持ち越す貯蓄(実際の貯蓄)


の2つの貯蓄を分別しなければ、家計の管理が出来ないのです。



コンサルティングにおいて、よくこんなやり取りがあります。



FP:月々の貯蓄額はいくらですか?


顧客:10万円です。


FP:では年間貯蓄額は120万円ですね。


顧客:いいえ!そんなにできていません!


FP:ん…?


顧客:へ…?




つまり、一度月次の収入から避ければ、次月に支出に充てたとしても、それは貯蓄だと考えている方がいる…

そしてそういう方が決して少なくないのですよ。


もしそのような方がいらっしゃいましたら、是非とも自分の収入に合った貯蓄スタイルを見つけて、家計が見える状態し直してください。

posted by TEC at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

今夏のボーナス その2

こんにちは。今週担当のFP藤原です。


今日は、不況の影響を見ていきましょう。



『ボーナス制度があるが、今夏は出ない』と答えた数ですが…


16.5%:会社役員

10.7%:正社員


だそうです。



また、ボーナスが出た人について、2008年支給額との増減を聞くと…


10.2%:【増えた】

52.9%:【減った】


となります。



これだけ見ると家計が使えるお金は当然減ってしまうと捉えられるわけですが、もともとボーナスのすべてが消費に回るわけではありません。

ですから、貯蓄に回る金額が減れば、その分は消費を支えるということになります。



では、ボーナスの出た人は、何にお金を使うのでしょうか?


42.5%(▲3.1p):【貯金】

28.7%(+4.3p):【生活費に充てる】

27.2%(▲1.7p):【ローンや借金の返済】

18.6%(▲1.6p):【買い物】

15.8%(▲2.2p):【国内旅行】

4.6%(▲0.8p):【海外旅行】


といった感じ。


減少幅同士の比較より、ボーナスが減少した金額のすべてが、消費の減少につながるわけではないようですね。

しかし、【生活費に充てる】が増えているのは、給与における残業代の減少などが響いた結果なのかもしれません。


しかしです…



FPとしては、ボーナスを生活費に回すのは、あまりお勧めできませんよ。

月々の収支がマイナスということは…


・所得レベル以上の生活をしている

・月々の支出に無駄が多い

・貯蓄バランスがおかしい


という可能性が高いわけですので、いずれにせよあまり良い構造の家計とは言えません。


ボーナスが生活費に回っている家計の皆さんは、是非とも家計全体を見直してほしいものです。



posted by TEC at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

今夏のボーナス その1

こんにちは、今週担当の藤原です。


7月も半ばを過ぎました。会社員の方は、もう夏のボーナスを受け取った方も多いことでしょう。
(夏のボーナス…しかし、なんとも懐かしい響き…(T▽T))


不況だ不景気だと言われる今日この頃、夏のボーナスについて、インターネット記事から情報を集めてみました。

(情報源は、インターワイヤード様です。)



まず、

Q.この夏のボーナスが出ますか?

との質問に対して『はい』と答えた率ですが…


93.0%:公務員

71.6%:会社員


だそうです。
いまさらですが、公務員強し…(-□-;)




さらに、正社員を企業規模(従業員数)別に分類すると…


90.7%:【1,001人以上】

58.6%:【11〜100人】

26.6%:【10人以下】


となります。

このあたりの数値は、私たちFPが相談業務を行う上で、頭に入れておきたい数値です。

家計データが同じ世帯でも、勤め先が違えば家計の持つリスクが違うということですからね。



年金保険、養老保険、学資保険などなど、貯蓄性保険商品はたくさんありますが、どれも基本的には毎年(毎月)の貯蓄額(保険料)が固定される商品です。

つまり収入の増減に合わせづらい商品ということですので、その提案にはこのようなデータを踏まえて十分に注意したいところです。




posted by TEC at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

恩師の著書の紹介

今週担当の加藤です。
今週は小田原事務所を移転した際に関することを書いてきました。
少しは参考になることがあれば幸いです。

さて最終日の本日はガラッと変わり、一冊の本をご紹介したいと思います。

「続・子供と声に出して読みたい『論語』百章」(致知出版社)という本です。

私の小学校時代の5年・6年の担任でした岩越豊雄恩師が書き上げたものです
この本の前に「子供と声に出して読みたい『論語』百章」を出版され、2万部弱を売り上げるヒットとなりました。
今回はその続編ということです。

今流行の「素読」を実践していこうということが論語の軽妙な訳とともに書かれています

「論語」といえば「子曰く、学びて思わざれば則ち罔し。重いて学ばざれば則ち殆し」というあれです。


古典中の古典ですが、いまだに新しく感じるのが不思議です。

現在は非常にテクニカルな時代になってきたと思います。
デジタル化された、とでも言うのでしょうか・・・

それでも太古の時代に綴られた論語の文章の中にはうならされるものがあるようです。
わが日本では弥生時代です・・・すごい昔ですね。



つい先日、この「声に・・・」の続編が出るということでその記念講演会に足を運びました
恩師の岩越先生は当時教壇でしゃべっていたままの声で熱く語っていました。


私も正直今までは「論語」は遠い存在のように感じていました。
が、今回続編を読むに当たって、論語への思いを新たにせざるを得ませんでした。
現代に通用することは間違いありません。

それをまた小さな頃から素読を通じて身につけることが思いのほか重要であることもわかりました。
(現に学校教育の場では素読が用いられるようになってきたそうです)


私もこれを機会に今一度、論語を勉強しなおそうかと考えています。


ということでこの言葉を当番週の最後に書いて終わりたいと思います。



「子曰く、過ちて改めざる、是を過ちと謂う」(衛霊公15-29)



我が国の政局を争う方々に読み直してほしいものですね・・・



では、またにお会いしましょう。
さようなら・・・
posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

小田原事務所移転にまつわる話B

担当の加藤です。
いやぁ・・・思ったより早く明けた梅雨でした。
そして今はうだるような暑さですね。
皆さんの体調はいかがですか・・・?

さて、今週は小田原事務所の移転に関する出来事を書いております。
引越し業者のこと事務所立ち退きのことなどを書きました。

今日は、この暑さで活躍するエアコンの移設の話です。


移転をする際に今までのエアコンをどうするか?という問題が出てきます。

移転先でも使うか?それとも新しいものを購入するか?


なかなか難しい判断です。

なぜならば必ず設置料金がかかるからです。
本体料金ももちろんかかるのですが、工事代金が大きいですね。

標準工事ならば○○円・・・と謳ってはいますが、実際のところはホースが足りないから云々等、結局追加料金が発生したりします。

考えてみると新しいエアコンを購入し、設置したほうが割安になってしまうことすらあります。
特に小さなエアコンの場合などはそうなる可能性があります。

今回私の事務所ではエアコンも移設することを選択しました。

結局は請け負い代金のほかに12,600円の追加料金が発生してしまいました。
(残念ながらお願いするときにはこの話は無かったのすが・・・)

合計で軽く2万円以上がかかった計算になります。

こうなると、新品の新型エアコンを買ってしまったほうが良かったのではないか?と感じてしまいました。
5年以上使い込んだエアコンを高いお金を使って移設してしまったということです。
前の大家さんもエアコンはそのまま残していただいても構わない、との返事はもらっていましたので置いておくことは可能でした。
それなのに・・・
事すでに遅し・・の状況です。


以上、今回の移設の中で一番不採算な内容はこのエアコンでした。
やはりお金の計算は「もったいない」だけでは判断できない部分もあるのではないかと感じます。

ものの損得判断は少し見方を変えると分かりやすくなるものの、一方方向から見ているだけではブレる、ことがあるものです。
皆さんもいつも一方方向からものを判断してしまっていることはありませんか・・・?
常に頭においておきたいものですね・・・


本日はこの辺で。


posted by TEC at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

小田原事務所移転にまつわる話A

今週担当の加藤です。
今週は小田原事務所移転に関することを書いています。
昨日は引越し業者のことについて書きました。
とにかく引越し業者は大変だ、ということです。


さて本日は今までの事務所退去についてです。

今までの事務所はおよそ5年半の間使用していました。
長いような短いような期間でした。

「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、これはやはり大切なことです。
ということでしっかり最後の掃除を済ませました。
事務所スタッフが本当に良く動いてくれました
おかげで床も壁もピッカピカで・・・・といいたいところですが、さすがに時間経過とともに汚れが付くものですね。
なかなかきれいにならない所もあります。
日焼けやキズなどです。

当然ですが、退去時には保証金(敷金)からこういった部分の補修やクリーニングの為の費用が差し引かれることになっています。
この部分を出来るだけ少なくしようというつもりもあって、一生懸命掃除をしたというのも確かなところです。


そして引越しがすんだ後、所定の日に不動産屋さんとクリーニング内装業者さんが立会いのもと大家さんと現状確認を行いました。

この際、内装業者は通常、大家さん側に有利なもっていき方をするのが普通です。
それはそうです、また入居した場合などを考えれば大家さん側に有利にするのが当然かもしれません。

・・・・が、それでは私のほうがたまりませんので、ある作戦?にでました。

作戦とは何でしょうか・・・?



この立会いの際に、大家さんに向けお別れの意味とお礼の意味を合わせて贈り物をしました
「今まで本当に良くして下さいました、ありがとうございます。つまらないものですがお使いください」さりげなく言いました。
そうです、不動産屋さんと内装業者さんのいる前でです。

これによって場の空気が変わりました。
簡単に言えば私優先で物事が進むようになっていったのです。

なぜならば大家さんが柔和な表情で、私に有利なように取り計らうようにというニュアンスを内装業者さんなどに意思表示をしてくれたのです。
明確には言いませんが、業者さんに対し、細かいところで私よりに解釈をしてくれていました。

私のした行動は露骨に行うと逆効果でしょうが、さりげなく行うことで絶大な効果を得るものです。

案の定、保証金はほとんど戻らないだろう、という感触から85%は戻ってくるという状況にまでなったのです・・・

やはり「人対人」では感謝の気持ちを忘れないでいることが本当に重要なのだと改めて感じた一件でした。


皆さんもぜひ応用していただくと良いかと思います。


ではまた明日・・・

posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

小田原事務所移転にまつわる話@

今週担当の加藤です、よろしくお願いします。
さて今週は加藤の事務所移転に絡む話です。

まず、なんといっても引越し・移転にはつきものの、「引越し業者さん」のことです。

正直大変ですね・・・
私の息子が頼まれアルバイトで1回やっただけで「あれはやるもんじゃない」と言ったのが今になって分かります。

今回は6月末の移転でしたので、完璧な梅雨の中での作業です。
蒸し蒸しするし、とにかくをかきます。

私の場合、朝一に頼みましたが、3人で来た作業員はものすごい勢いで荷造りしたものを運び出していきました
キャビネット・机などなどもテキパキと運んでいます。
およそ8時半に始めたのですが9時半にはほぼ積み終わりました。
作業員の方々の衣服は異様なほど汗でビッショリでした。
それはそうです、あれだけの物をあっという間に運び出したんですから・・・


とても通常の人間の活動量では考えられないほどのエネルギー消費ではないでしょうか・・・?
そして移動後、目的地での搬入作業開始です。
これまた養生された通路をススーッと通って設置を終えました。

完了時は正午ちょうどでした。

作業中に話をしましたが、あるときは同じ程度の作業が一日に3件もあるそうです。
これを聞いたとき、私はひっくり返りそうになってしまいました。
すごいですね〜・・・これぞまさに肉体労働、という感じです。
実際のところ、この日ももう1件仕事があり、終わり次第にそちらに向かうとのこと・・・


つくづく引っ越し業者の仕事は私には出来ない、と痛感しました。
間違いなく数日でカラダを壊してしまうでしょう。


しかし、なぜここまで大汗をかいてニコニコ仕事をするのでしょうか・・・?
それはこの業界の競争が非常に激しいからです。
過剰なほどのサービスも行われています。
正直値段競争もすごい。
見積もりから今回も何万円も値引きしてくれました。

消費者から認められ、求められる業者になるには大変な努力が必要なのでしょう。


ちなみに今回は有名不動産賃貸業者で賃貸契約をしたのですが、ここに業務提携する引越し業者は3社
そのうち1社が賃貸契約後あっという間にアポイントを入れ、直接訪問をしてくれました
具体的には当日(契約数時間後)です。
私は当然この業者と契約しましたが、熱心でした。
この姿勢はとても大切ですよね。
ちなみに他の業者は翌日と、もう一つはさらにその翌日に電話がかかってきました。
これほど「早いもん勝ち」が明確に出たケースはありません。
(もちろん対応も価格もリーズナブルだったのだが)


つまるところ、営業も作業員も「ヤル気(根性)」がないとつとまらない、のがこの業界のようです。

実際引越しを頼んで、強く感じた印象でした。


posted by TEC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

小田原事務所の移転

こんにちは、今週担当の加藤です。
一週間よろしくお願いします。

今週は週初めから大変ですね。
そうです東京都議選が日曜に行われ、民主党が第1党となりました。
石原都知事は大変ですね。
なんといっても議会では多数決、自公の与党が過半数割れを起こしました。
数の論理ではまかり通らないというのが現実です。

詰まるところ、この結果は麻生政権にとっては大きな意味があるのではないでしょうか・・・
揺れに揺れる我が国の政局ですね。
ここでは政治問題にはあまり触れることは望ましくないのでここまでにしたいと思います。


さて、加藤は主に小田原の事務所を中心に仕事をしていますが、このたび移転をしました。
今までの駅前のビルから車で5分ほど東に走った場所です。
近くには警察署・税務署・市役所・市立病院などが並んでいます。
少し引き込んだ分だけ静かですね。
車の方は駐車スペースも確保され問題ないのですが、公共交通機関利用の方は小田原駅前からバスか、小田急線各駅停車で1つ目の「足柄」駅もしくは大雄山線「井細田」駅が最寄です。(といってもかなり歩きますよ)

この時勢、コスト削減を考え、駅前からの撤退です。
これからは静かな環境で今まで以上に創造的な仕事をしていこうと考えています。

みなさんも小田原方面にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

お待ちしていますので・・・

ということで、明日からは、その「移転作業」にまつわることを書いていきたいと思います。

posted by TEC at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

2009年7月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』

今週担当の松浦建二です。

今日は2009年7月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。


ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もあるので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

当初10年固定タイプの比較(2009年7月8日時点)

1位…ろうきんずっと優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年2.10%(1.25%優遇)/11年目以降1.25%優遇
2位…ソニー銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.309%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇
3位…新生銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.30%(0.9%優遇)/11年目以降0.7%優遇


4位…住信SBI銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.30%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
5位…住友信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.50%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
6位…三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.55%(1.4%優遇)/11年目以降1.4%優遇
6位…三菱東京UFJ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.05%(1.9%優遇)/11年目以降1.2%優遇
8位…中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.60%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇
8位…イオン銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.80%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
10位…ろうきん最初に優遇タイプ(団体会員以外)
当初10年1.80%(1.55%優遇)/11年目以降0.4%優遇

11位…住信SBI銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.10%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
12位…八千代銀行ずっと優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.70%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇
13位…中央三井信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.25%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇
14位…三井住友銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.30%(1.65%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…みずほ銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.90%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
15位…住友信託銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.40%(1.5%優遇)/11年目以降0.8%優遇
17位…みずほ銀行最初に優遇タイプ(自己資金20%以上)
当初10年2.00%(1.9%優遇)/11年目以降0.6%優遇
18位…三井住友銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.95%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
18位…りそな銀行ずっと優遇タイプ
当初10年2.95%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇
20位…八千代銀行最初に優遇タイプ(条件あり)
当初10年2.40%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇
21位…りそな銀行最初に優遇タイプ
当初10年2.45%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。


船2

多くの住宅ローンは前回調査した5月と同じ金利になっていました。

今回、新たに調査対象としてろうきんが1位になりました。

新生銀行が大幅に変更になっています。ただ、変更理由がわからないので、利用される際は十分に確認して下さい。

公庫フラットの制度内容が緩やかになったり、住宅ローン減税が拡充したりと、景気の影響を受けた動きがありますが、家は大きな買い物だけに、購入するにしても慎重に検討しましょう。

※取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせて他の住宅ローン商品も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。


松浦は今日で終わりです。

また9月頃会いしましょう!


posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

夢のあるカンバンです

今週は松浦建二が担当しています。


今週は、銀座界隈でみかけた素敵なモノを紹介しています。


第1回目と2回目は、銀座にある素敵なオフィスビルと交番を、第3回目は船を紹介しました。


そして今日は、夢のあるカンバンを紹介します。


カンバン


みなさん、どこにあるカンバン(看板)かわかりますか?






東京都中央区晴海にある看板です。


ここは、日本が誘致している2016年五輪のメインスタジアム予定地なのです。


もし開催が決定したら、日本一観客席の多いスタジアムができる予定ですが、今は看板だけです。


個人的には五輪を開催してほしいと思っていますが、もし開催しなかったら、ここは何になるのでしょうか?


夢のあるカンバンですが、夢だけにはならないでほしいですね。



4回にわたって銀座界隈の素敵なモノ(オフィスビルと交番と船と看板)を紹介してきました。


ただ街を散策しているだけと思われるかも知れませんが、実は何気ない発見や地域の個性を知る事は、不動産のコンサルティングに不可欠なのです。



明日はどの街に出かけようかな。









posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

カッコいい船を見かけました

今週は松浦建二が担当しています。


今週は、銀座界隈でみかけた素敵なモノを紹介しています。


第1回目と2回目は、銀座にある素敵なオフィスビルと交番を紹介しました。


そして今日は、素敵な船を紹介します。


船


何という名前の船かわかる人はいますか?






この船の名は、ヒミコと言います。


2004年から運航されているので、知っている人も多いと思いますが、東京都観光汽船所有の船で、銀河鉄道999で有名な松本零士さんがデザインしています。


なかなかカッコいい船ですよね!


普段、浅草とお台場を行き来していますが、運航本数が少ないので、滅多に出会いません。


上の写真も、たまたまカメラを持っている時に、偶然見かけて慌てて撮りました。


まだヒミコに乗船したことがないので、近い将来是非乗船しようと思います。


乗船すると、船内放送で星野鉄郎やメーテルの声が聞けるらしいですよ!



明日の第4回目もお楽しみに!




posted by TEC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

銀座で見かけた素敵な交番

今週は松浦建二が担当しています。



昨日は、銀座8丁目にある静岡新聞・放送の素敵な建物を紹介しました。


第2回目の今日は、下記の写真の交番を紹介します。


銀座1



どこにある交番かわかる人はいますか?(記事タイトルがヒントです)






この交番は、東京都中央区銀座1丁目にある交番です。


昨日の建物は銀座の南端でしたが、こちらは銀座の北端に位置し、北隣は京橋になります。


交番は日本中のアチコチにありますが、この交番、何か形が変わっていませんか?特に屋根が。


昔、この交番の右横を京橋川が流れていて、交番の直ぐ横に「京橋」という橋が架かっていました。


今は、川も橋もないのですが、橋の親柱だけは残っていて、見る事も触れることもできます。写真の左端に小さく1本見え、道路の反対側に立派なのがあります。


そして、交番の屋根は、どうやらその親柱をイメージして作ったらしいのです。気になる方は是非現地で確認してみて下さい。


こんな可愛らしい交番なら、用事がなくても行ってみたくなりますね!


ちなみにこの交番の斜め向かいには警察博物館があります。子供はかなり楽しめるようです。


明日の第3回目もお楽しみに!




posted by TEC at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

銀座で見かけた素敵な建物

今週は松浦建二が担当します。



街を歩いているといろいろな出会いがあります。もちろん人の出会いもあるでしょうが、ここでは東京の銀座界隈で出会った物(建物など)について、いくつか紹介します。



第1回目の今日は次の写真の建物です。



銀座8


どこにある建物かわかる人はいますか?


この建物は、東京都中央区銀座8丁目にある静岡新聞・放送の東京支社です。

新橋から銀座へやってくる時のランドマーク的存在であり、新幹線などのJR車内からも見えるので、「どこかで見た事があるなぁ〜」くらいの人は多いかと思います。


この建物って、変わった形をしていませんか?最近建てるオフィスビルとはあきらかに違いませんか?


約40年くらい前に建てられたものですが、その当時考えられた未来をイメージしてデザインしたように思えます。そして、現実はイメージした未来とは違った方へ行ったので、目立つ存在になったのかもしれません。


ちなみに、この建物は東京都庁と同じく丹下健三さんの作品です。


今の建物はオフィスにしてもマンションにしても、効率重視の建物がほとんどです。


建物に限らず、人の頭も効率重視になってきています。


何でも効率重視のギスギスした社会の中で、ふと写真のような遊び心のある建物をみるとホッとしますね。


明日もお楽しみに!




posted by TEC at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

時代の潮流

一週間、増岡がお届けしてきました。

早いもので本日が最終日となりました。

最近増えつつある相談、今後増えそうな相談等
いろいろ案内してきましたが、最近感じるのが

大きな流れが変わって来てるのではないかということです。

米国発のサブプライムローンの問題に端を発した
金融危機では、米国の象徴のようなGMがああいうことになったり

旧態全とした組織、体制が崩れようとしたり

当たり前のことが当たり前でなくなったり

今までは自分の中の常識でも、一歩引いて考えれば
世間では常識でなかったりと

目に見えるもの見えないもの、あらゆるものが変化しているのではないかと。

その変化の中でこそ生まれるビジネスチャンスもあるのでは
とも思います。

取り留めのない話になりましたが、一週間有り難うございました。

来週は松浦がお届けします。
posted by TEC at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。