タグクラウド

2009年03月03日

夫の口座から自由にお金引き出せます。


インターネット調査会社のマクロミルが、興味深い調査を
しているので、今回はその結果をお伝えしたいと思いますね。


テーマは、

 【 共働き夫婦は、家計をどう管理しているか? 】

                      です。

まずは、


 「 妻が、夫の給与も預かって管理している夫婦は 」

       どのくらいの割合になったと思います?


調査結果は、


6割を超えました。


一方で、


 「 家賃や食費などの共通の支出に分担し、

      余りは別々に管理している夫婦は 」

29%です。


このタイプは若い世代ほど多く、20代では34%に
なっていました。


夫婦間の収入がほぼ同額の世帯だと、個別管理派は38%にまで増えて、
奥さんが103万円以下の収入の場合だと20%にとどまりました。


では、次に、実際の負担割合はどうでしょうか。


 「 貯蓄と住居費を除いた日常的な生活費の負担割合は 」


ほぼ全額、夫の負担と答えた世帯は41%!


妻より夫の方が多く負担している世帯も37%でした。


でも、住居費に関しては、

ほぼ全額、夫の負担と答えた世帯は70%を超えました。


さらに、興味深いのは、


 「 配偶者の給与口座からキャッシュカードで

          現金を自由におろせるか? 」


と聞いたところ、男性にとっては衝撃的な回答が返ってきてますよ。


「 おろせる 」と答えた妻の割合は、








なんと、







72%!!!








それに対して、「おろせる」と答えた夫の割合は、










驚きの、








18%です(^_^;)。






男性は、完全にお財布を握られちゃってますね。




でも、これもしょうがないかもしれないですよね。


女性は、働きながら家事の負担割合いが男性よりも
多い場合がほとんどでしょうからね。


実際に調査でも、

 「 負担割合に不満がある 」

  と答えた人の理由の大半は、


 「家事負担が加味されていない」

というものでしたよ。


調査でも、


 「 家事は介護にかかる負担も加味して負担割合も決めている 」


と答えた人は15%でした。


一方、男性からは切実な声も上がっていて、


 「 生活費は男性が面倒をみるという

     昔ながらの考えは現状では難しい 」


との意見もあり、女性にも同等の金銭負担をという
声も強まっているようなんです。


やはり、不況の世の中、反映しているような答えですよね。


以上、

面白いデーターだったので、今回はご紹介してみました。



いや〜、それにしても、僕が衝撃的だったのは、


【 ご主人の給与口座に奥さんは自由にアクセスできるけど、

   ご主人は、奥さんの給与口座には触れられない! 】


って、事実ですよね。


このことを、僕の周りの女性に言ってみたところ、



「 そんなの、当たり前じゃない〜! 」



って、答えが帰ってきましたよ(~_~;)。


あ〜、やっぱりそうなのね。




僕を含めた世のご主人さま、女性は強いですけど、
それにくじけず、がんばって働きましょうね。





ということで、今回はここまでです。
posted by TEC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。